フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > 費用の安い学校ランキング

費用の安い学校ランキング

フィリピン留学で安く滞在できる学校ランキングのご紹介です。
フィリピン留学の学校費用相場は月17~18万円ほどとなりますが、下記の学校であれば最安のプランですべて17万円台以内となっています。

※料金は各学校の最安値コース・部屋人数の料金+入学金を掲載しています。
※ドル建て料金の学校は1ドル112円で計算しております。実際の請求額はお申込み時のレートにより異なります。
※航空券、海外旅行保険、現地支払い費用が別途かかります。

第1位:C2 128,800円

第1位:TARGET 128,800円

第3位:3D 129,000円

第4位:HELPクラーク校 135,000円

第5位:Monol 137,760円

第6位:JICバギオ 140,000円

第7位:QQ English(ITパーク校)147,800円

第8位:A&J  151,200円

第9位:PINES 153,000円

第10位:IDEA CEBU 153,440円

第11位:Face to Face 156,000円

第12位:SMEAG(クラシックキャンパス) 161,000円

第13位:EG Academy 161,280円

第14位:CIA 168,000円

第15位:MMBS 172,500円

第1位:C2(シーツー)

 

14372057_1070940689686811_6175566926387371023_o

土曜日までレギュラー授業を開講し、毎日50問の単語テストがある勉強にまじめな学校です。

特に単語力はスピーキングを強化していくには避けて通ることができない力となり、単語テストを行うことで、学生の学習をサポートしています。

開講コースはスピーキングに特化しており、1日最大10時間のマンツーマン授業も可能です。本気で英語を勉強したい方、話したい方を全力でサポートしている学校です。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・マンツーマンのコマ数が多く英語漬け留学が可能
・日本人へのサポートが手厚く、初めての留学でも安心滞在
・真面目に勉強したい学生を応援する、学習カリキュラム

▼費用の詳細情報
コース:
一般英語 ESL5 (1:1授業5コマ + グループ授業3コマ + 早朝・夜間オプション授業2コマ + 土曜日グループ授業3コマ)
お部屋タイプ:6人部屋

授業料・滞在費用:113,800円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:なし

第1位:TARGET(ターゲット)

 

Englsih_Zone (1)

セブの日本人経営の学校です。スピーキング強化の一般英語に特化しており、講師の質にも定評があります。

TARGETではマンツーマンの科目を学生が自由にアレンジすることができます。スピーキング強化はもちろん、トラベル英語、ワーキングホリデー準備、ビジネス英語、など学びたい内容にフォーカスした学習が可能です。

日本人のスタッフが複数在籍し、勉強の相談はもちろん生活や健康の相談も可能です。初めての留学にはおすすめの学校です。

学生寮は1~6部屋まである内部寮、コンドミニアム、外部ホテル寮、など年齢や生活レベルに合わせて選択が可能です。他校の学生寮と比べ、比較的施設が綺麗で定評があります。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・初めての留学でも安心して滞在ができるサポート体制
・短期留学向け、授業日数保障制度あり
・外部ホテル滞在プランもあり、快適な学校生活が可能

▼費用の詳細情報
コース:TARGET LITE 4 (1:1授業4コマ + ナイトクラス2コマ)
お部屋タイプ:6人部屋

授業料・滞在費用:1,000ドル(約112,000円)
入学金:150ドル
空港ピックアップ費用:なし

第3位:3D(スリーディー)

 

rita (1)

セブの中心地にキャンパスがあり、ショッピングや観光に最適な学校です。セブ留学生活をアクティブに過ごしたい方にお勧めとなります。

スピーキング英語以外にも企業インターンやエクササイズコースなどバラエティー豊かなコースを開講しています。企業インターンでは海外で働く経験をつくことができ、帰国後の就職活動にも繋がります。費用も安くできる限り予算を抑えて留学したい方にもおすすめです。

3Dの滞在学生寮は3タイプあります。内部寮、新学生寮、外部ホテル、など予算や滞在スタイルに合わせて選択できるのも魅力的です。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・セブの繁華街に近く、徒歩圏内でショッピングが可能
・ネイティブ講師が滞在しているためネイティブマンツーマン授業の可能
・企業インターン、TOEIC、TOEFL、ビジネス、など幅広い分野を学習

▼費用の詳細情報
コース:ESLコース/5 Man to manコース(1:1授業 4コマ + グループ授業 3コマ + オプション授業 2コマ)
お部屋タイプ:6人部屋

授業料・滞在費用:114,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:なし

第4位:HELP(ヘルプ) クラークキャンパス

DSC04521

 

クラーク地域の恵まれた自然と安全な場所で滞在ができる韓国資本の学校です。韓国色が強く韓国人に囲まれて滞在したい方にはおすすめです。

またHELPにはクラーク以外にもバギオ地域にキャンパスが2つあり、キャンパス間の転校が可能です。留学期間中に学びたい内容が変わることや滞在したい都市が変わることはよくあります。そんな時に柔軟なキャンパス選択ができる学校です。

学校には貸出の自転車があり休日にサイクリングができます。クラーク地域の道路はしっかりと舗装もされているので自転車で気持ち良く走ることができます。学校主催のアクティビティーも定期的に行われ、勉強のリフレッシュにもなります。

HELPには指紋認証システムにて門限を厳しく管理しています。また金曜日、土曜日には学生寮での点呼もあり、学生の管理を徹底しています。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・観光と勉強を両立できる生活環境
・韓国人の友達もたくさん作ることができる
・1日最大8時間のマンツーマン授業が可能

▼費用の詳細情報
コース:ESL4コース (1:1授業4コマ + グループ授業1コマ + オプション授業1コマ)
お部屋タイプ:6人部屋

授業料・滞在費用:110,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:10,000円

第5位:Monol(モノル)

 

SONY DSC

バギオにあるスパルタ系の英語学校です。平日外出禁止、義務自習がある学校ルールとなり、集中して勉強するのにおすすめです。

学習カリキュラムは復習に重点を置き、授業で使用する通常のテキストと復習用テキストがあります。4週間の留学で復習テキストを5冊終わらせていき、授業で学んだことを忘れずにすぐに復習テキストでフォローしていくのが特徴です。

開講コースは一般英語、スピーキング強化、ビジネス、IELTS、TOEICがあります。試験対策にも定評があり、教材は学校のオリジナルです。試験対策コースでは4週間毎に模擬テストを行っています。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・基礎英語を固めることができ、英語初心者に最適
・平日外出禁止、母国語禁止のまじめで勉強に適した学校ルール
・目標スコア達成者続出の試験対策コース

▼費用の詳細情報
コース:
Regular Speaking ESL(1:1授業3コマ + グループ授業4コマ + オプション授業3時間30分)
Intensive Speaking ESL(1:1授業4 コマ + オプション授業3時間30分)
お部屋タイプ:6人部屋

授業料・滞在費用:1,080ドル(約120,960円)
入学金:100ドル
空港ピックアップ費用:50ドル

第6位:JIC(ジェイ アイ シー) バギオ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

超英語初級者でも安心して学ぶことができる、スパルタ英語学校です。JICバギオはキャンパスを2つ持ち初級者用と中級レベル&IELTSと別れています。

英語をゼロからしっかりと学びたいと考える学生には平日外出禁止、最大学習時間13時間のカリキュラムが準備されています。JICの優秀な講師陣と考えられたカリキュラムの中で学ぶことができるので英語を飛躍的に伸ばすことができます。

また基礎文法に不安がある学生には日本語の初級文法クラスを開講しています。中学・高校で学んだ文法を再度日本語で復習することができ好評です。

その他JICバギオではワーキングホリデー準備コースやTOEIC、ネイティブコース、なども開講しています。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・バギオの山の中でスパルタ式に勉強可能
・英語超初級者でも安心して学ぶことのできるカリキュラム
・学校に日本人スタッフが在籍する、安心のサポート体制

▼費用の詳細情報
コース:Intensive Basic ESLコース
(1:1授業6コマ + グループ授業(ネイティブ)2コマ + 義務自習・単語テスト3コマ + 無料追加グループ授業2コマ))
Power Speaking ESL Aコース
(1:1授業4コマ + グループ授業4コマ + 無料追加グループ授業2コマ)
お部屋タイプ:4人部屋

授業料・滞在費用:125,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:2,000ペソ(約5,000円)※現地到着後の支払い

第7位:QQ(キューキュー) ITパーク校

 

Lesson4

オンライン学習とセブ留学を行う日本資本の学校です。留学前からQQの講師とオンライン授業をしていくことができるので英語の勉強を継続して行うことができます。

授業のカリキュラムには反射的に英語を話す特訓ができるカランメソッドを導入しており、日本人のもっとも苦手とするスピーキングにフォーカスしています。講師は速い速度で学生に質問を繰り返し、学生もそれに負けないスピードで回答をしなければなりません。

同じ質問を繰り返していくことで回答ミスを減らし、反射的に英語を話すことができるようにしています。

学生寮は一戸建てをシェアするシェアハウス型の寮です。1つのハウスに数十人の学生が住み、簡易キッチンで料理をすることもできます。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・セブITパークの安全な地域で学習可能
・留学前、留学後オンライン授業で継続的な英語勉強が可能
・カランメソッドで英語脳を作る

▼費用の詳細情報
コース:ライトプラン(マンツーマン授業6コマ + 夜間特別クラス2コマ)
お部屋タイプ:4人部屋

授業料・滞在費用:129,800円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:3,000円

第8位:A&J(エーアンドジェー)

 

Building-2

アメリカ人の副学校長が在籍しているバギオの韓国系の学校です。
日本人スタッフのサポートが大変手厚く、生活面や勉強面あらゆる点で快く相談に乗ってくれます。
また日本人スタッフが受けもつ特別無料クラスも開講しています。

A&Jでは基礎からしっかり学べる一般英語コースを始め、様々なコースを提供しています。
特に2か国目でワーキングホリデーを検討している学生のための「ワーキングホリデー準備コース」は座学だけでなく実際にバギオのカフェでの実習が含まれた人気コースです。

A&Jは講師の質の高さにも定評があります。講師たちは一流大学を卒業した質の高い講師が多数在籍しており、学生の評価で査定を行うことで質の高さを維持しています。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・ワーキングホリデー準備コースでワーホリ対策が可能
・日本人スタッフによる手厚いサポートが定評
・リーズナブルながらも質の高い授業を受けられる

▼費用の詳細情報
コース:Power ESLコース(1:1授業4コマ + グループ授業2コマ + 無料ナイトクラス2コマ)
お部屋タイプ:3~4人部屋

授業料・滞在費用:1,200ドル(約134,400円)
入学金:100ドル
空港ピックアップ費用:50ドル(団体)

第9位:PINES(パインス)クイサンキャンパス

 

08 (1)

韓国資本の学校ながら日本人へのサポートがよく人気の学校です。1日のマンツーマン授業は最大7時間受けることもでき、集中的に学びたい方にお勧めの学校です。

特にPINESの学生寮には定評があります。
バギオ市内にキャンパスが2つあり、英語レベル初級・中級専用キャンパスのクイサンキャンパスの学生寮はもともとのホテルをそのまま学生のお部屋として使用しています。

英語レベル上級者キャンパスのチャピスキャンパスは出来たばかりのキャンパスビルを使用しているため、全体的に綺麗で快適な環境です。また個人のお部屋内でWIFIも使用可能になっています。

格安の費用で優秀な講師、充実した施設で滞在できる学校です。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・バギオ老舗の学校でしっかりと勉強できる環境
・日本人へのサポートが整い、初めてのフィリピン留学でも安心
・採用基準の厳しい、優秀な講師陣

▼費用の詳細情報
コース:Power ESLコース(1:1授業4コマ + グループ授業4コマ + オプションクラス3コマ)
お部屋タイプ:4人部屋

授業料・滞在費用:133,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:5,000円

第10位:IDEA CEBU(イデアセブ)

 

IDEA CEBU

昨年度キャンパスを移転したばかりの日本人経営の学校です。一般英語コースから各種試験対策コース、ビジネスコースと様々なコースを開講しています。いずれも日本人のスピーキング向上に力を入れているため、英語の全体的なスキルの中でも特にスピーキングをしっかり学びたい学生にお勧めです。

グループ授業はPracticeとActの2種類に分かれていて、Practiceでは主に実践的なサバイバルイングリッシュやプレゼンテーションのスキル、TOEICを学ぶことができます。
またActではヨガやズンバなど体を動かして楽しみなら英語を学べる環境が用意されています。夜には義務自習の時間が設けられているため、その日習ったことをしっかりと復習し、翌日の授業に備えることが可能です。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・スピーキングを重視したカリキュラム
・単語テストや義務自習制度のあるセミスパルタ校
・ヨガやダンスのスキルクラス開講で楽しみながら学習できる

▼費用の詳細情報
コース:Power Speaking 5コース
(1:1授業5コマ + グループ授業(小)1コマ + グループ授業(大)2コマ + 単語テスト(30分) + ナイトクラス2コマ + 義務自習2コマ)
お部屋タイプ:4人部屋

授業料・滞在費用:1,230ドル(約137,760円)
入学金:120ドル
空港ピックアップ費用:20ドル

第11位:Face to Face(フェイス トゥー ファイス)

 

P1020865 (1)

小規模な学校となりアットホームな環境で滞在が可能です。学校の学生定員は約20名となり、それ以上の申込みがあった場合は受け付けを締め切っています。

学校は学生定員に合わせたキャンパス規模とサポート行っているので、常に同じ質で学生を迎えることができています。2014年にできた新しい学校ですが、学生からの口コミがよく、リピーターも多く滞在しています。

学校キャンパス内には住みこみの講師が多くおり、授業後の時間にも講師と英語でのコミュニケーションができる点も魅力です。アットホームな学校だからこそ講師は学生全員の顔を覚えており、気軽に会話をすることができます。

学校はフィリピンのタガイタイという地域にありマニラ空港より車で1時間程度の場所になります。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・少人数制を維持し、行き届いたサポートと学習カリキュラム
・1戸建てハウスを共有する、シェアハウス型の学生寮
・一度行くと離れられないタガイタイの魅力

▼費用の詳細情報
コース:Lightコース(1:1授業5コマ + 無料グループ授業1コマ)
お部屋タイプ:3人部屋

授業料・滞在費用:135,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:6,000円(12週間以上のお申込みの場合は無料)

第12位:SMEAG(エスエムイーエージー) クラシックキャンパス

 

IMG_1174

SMEAGはセブ市内にキャンパスを3つ持ちますが、5人部屋があるキャンパスはクラシックキャンパスのみとなります。5人部屋に滞在することで、留学費用を格安に抑えることができ、SMEAGの優秀な講師陣から学ぶことがでいます。

特にクラシックキャンパスではIELTS(アイエルツ)試験対策英語を徹底的に学ぶことができ、フィリピン留学中に高得点取得を目指す学生におすすめです。12週間以上IELTSのコースを申し込んだ場合、点数保証を受けることができます。保証条件はありますが、12週間後の目標スコアを保証するものです。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・5人部屋に滞在して、格安留学を実現
・セブ最高水準の優秀な講師陣
・試験対策英語特化におすすめ

▼費用の詳細情報
コース:ESL1
(1:1授業4コマ + 1:4授業2コマ + スペシャルクラス4コマ + 早朝スパルタクラス(80分) + 夜間スパルタクラス(90分))
お部屋タイプ:5人部屋

授業料・滞在費用:146,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ費用:無料

第13位:EG Academy(イージー アカデミー)

 

DSC05025 (2)

設備が整いキャンパス、学生寮共に新しく綺麗な環境が魅力の学校です。キャンパス内にはプールやバスケットコート、野外カフェスペース、などがあり緑に囲まれた環境でリフレッシュできます。また学校が経営するゴルフ練習場もあります。リーズナブルな価格なので、フィリピン留学中にゴルフにチャレンジしてみませんか?

EG校にはネイティブの講師が在籍し、ネイティブ講師からマンツーマンやグループ授業を受けることができます。学生の目的や英語力に合わせて自由なコース選択ができるのも同校の強みになっています。

学校から徒歩圏内にはコンビニやファストフードショップ、カフェ、マッサージ店、などがあり平日でも気軽に外出することができます。勉強以外にもフィリピンの生活を楽しむことができる周辺環境です。

到着時にはお水、トイレットペーパー、カップ麺、軽食、ミニシャンプー、ミニボディソープが入ったウェルカムセットを新入生に準備しています。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・勉強しながらリゾート風のキャンパスに滞在可能
・フィリピンでゴルフの練習も可能な充実した設備
・試験対策も安心、高得点を目指すTOEICコース

▼費用の詳細情報
コース:ESL GENERAL コース(1:1授業(フィリピン人)3コマ +グループ授業(フィリピン人)2コマ + グループ授業(ネイティブ)1コマ + オプション授業1コマ)
お部屋タイプ:4人部屋

授業料・滞在費用:1,240ドル(約138,880円)
入学金:150ドル
空港ピックアップ費用:50ドル(マニラ空港)

第14位:CIA(シーアイエー)

 

DSC_0032

ショッピングモールが徒歩圏内にある便利なロケーションが魅力のセブの学校です。
韓国人経営の学校ですが中国や台湾などその他のアジア出身の学生も多く、英語を使ってコミュニケーションをとる機会も多くあります。

コースは一般英語の他にも各種試験対策コースを開講しています。
TOEICとIELTSは点数保証コースも開講しているため、具体的に目標とするスコアがある学生にお勧めです。
グループ授業ではポップソングやドラマなど楽しみながら勉強できるクラスや、ビジネス英語など様々な選択肢があります。
一般英語コースに追加できるオプションクラスはワーキングホリデー準備クラスとベネディクト大学で開講される英語の授業を受講できるクラスの2種類があります。
フィリピン留学後にワーキングホリデーに行く学生から上級レベルの英語の授業を受けたい学生まで様々なニーズに応えてくれる学校です。

またCIAでは自然災害に遭った地域への寄付活動や救援物資のパッキングなど定期的にボランティアも実施しています。
現地の人々と触れ合う機会を通して、教室で学ぶだけでなく実際に生きた英語を学び、また実践していくことが可能です。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・勉強に集中できるセミスパルタ制度の学校
・週末にボランティアを実施
・多彩なオプション授業を開講

▼費用の詳細情報
コース:レギュラーESLコース(1:1授業4コマ + グループ授業(小)2コマ + グループ授業(中)1コマ + グループ授業(大)1コマ + 自習2コマ)
お部屋タイプ:3人部屋

授業料・滞在費用:1,400ドル(約156,800円)
入学金:100ドル
空港ピックアップ費用:原則無料

第15位:MMBS(エムエムビーエス)

 

女子寮周辺 04 (2)

2000年に開講した老舗の英語学校です。日本人のサポートに定評があり、複数に日本人スタッフにより留学中の生活や勉強の相談が可能です。

英語力初級向けの学校でもあり、文法特化コースを開講しています。スピーキングを学ぶ前に中学・高校で学んだ基本的な文法を復習することで効率的な学習をすることができます。

受講コースは現地でも変更することができ、文法が必要と感じたときにコース変更も可能です。オプションクラスにはカランメソッドやTOEIC、ライティング特訓クラスなどがあります。

学校の詳細はこちらから

▼おすすめのポイント
・留学初心者でも安心、充実した日本人サポート。
・キャンパスが広く、緑に囲まれた開放的な環境で勉強可能。
・学生と講師との距離が近く、授業外でも講師とコミュニケーション可能。

▼費用の詳細情報
コース:Aコース(1:1授業5コマ + グループ授業1コマ)
Bコース(1:1授業4コマ + 1:4グループ授業2コマ + 1:8グループ授業2コマ)
お部屋タイプ:4人部屋

授業料・滞在費用:148,500円
入学金:18,000円
空港ピックアップ費用:6,000円

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る