フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 学校の選び方 > フィリピン留学で安い学校を教えてください。

留学FAQ

フィリピン留学で安い学校を教えてください。

orphanage-visit-1

フィリピン留学は安い!というのが一番の魅力ですが、もちろん学校により費用が異なります。高級系の学校や激安校など、、、

下記には安くてお得な学校の紹介です!費用例は4週間を基準としています。学生寮の部屋タイプにもご注意ください!

通常の学校の場合4週間の平均費用は180,000~200,000円です。

【留学ドットコムは他社よりも安く手続きできます!】
お見積額は正確性に配慮していますが、他社よりも1円でも高い場合には、お気軽にスタッフにご相談下さい。
(下記の費用は2017年10月現在のものとなります。)

学校名:MONOLモノル(韓国資本)

◆希望部屋タイプ:6人部屋
◆希望コース:General ESLコース
1:1授業3コマ + グループ授業4コマ + オプション授業3時間30分

入学金:         100ドル
授業料(食費、寮費含む):1,080ドル
空港ピックアップ料:   50ドル
————————————–
合計: ($1×112円) 約137,760円※レートは変動します。

学校名:JICバギオ(韓国資本)

◆希望部屋タイプ:4人部屋
◆希望コース:Intensive Basic ESLコース
1:1授業6コマ + グループ授業(ネイティブ)2コマ + 義務自習・単語テスト3コマ + 無料追加グループ授業2コマ)

入学金:         15,000円
授業料(食費、寮費含む):125,000円
空港ピックアップ料:   現地支払
————————————–
合計:       140,000円

===============================

学校名:SMEAG(韓国資本+日本資本)

◆クラシックキャンパス
◆希望部屋タイプ:5人部屋
◆希望コース:一般英語コース①
1:1授業4コマ + 1:4授業2コマ + スペシャルクラス4コマ + 早朝スパルタクラス(80分) + 夜間スパルタクラス(90分)
入学金:          15,000円
授業料(食費、寮費含む): 146,000円
空港ピックアップ料:   無料
————————————–
合計:       161,000円

===============================

学校名:3D(日本資本)

◆希望部屋タイプ:6人部屋
◆希望コース:ESL
1:1授業 4コマ + グループ授業 3コマ + オプション授業 2コマ

入学金:          15,000円
授業料(食費、寮費含む):114,000円
空港ピックアップ料:   無料
————————————–
合計:       129,000円

===============================

学校名:TARGET(日本資本)

◆希望部屋タイプ:6人部屋
◆希望コース:TARGET5
1:1授業5コマ + グループ授業2コマ + ナイトクラス2コマ

入学金:         130ドル
授業料(食費、寮費含む):1,120ドル
空港ピックアップ料:   無料
————————————–
合計: ($1×112円) 約140,000円※レートは変動します。

費用の安いフィリピンの学校はまだまだいっぱいあります!ただ、、フィリピン留学の落とし穴!!にも注意しないといけません。落とし穴はなぜ上記の学校は他校に比べて費用が安いのかです。

平均的な費用より安いのは何か理由があり、どこかの経費を削っているからです。その部分をしっかりと理解して学校に申し込まないと、せっかくのフィリピン留学が残念な結果となってしまいます。

費用が安い理由の例:空港からキャンパスが遠い、大人数部屋滞在になっている、フィリピン政府無許可の学校、講師のトレーニングが整ってなく、授業の質に影響、日本人のサポートがない、食事がおいしくない、などなど

インターネットで探せば安い学校はいっぱい出てきますが、安い理由を必ずエージェントに聞いてください!学校に聞いても明確な答えはかえって来ませんので、多くの学校を把握しているエージェントだからこそわかる情報をお伝えします!

詳細はお問い合わせください!
(上記の費用は予告なく変更される場合があります。)

※弊社サイトではフィリピン政府無許可の学校等は紹介していません※

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る