フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > お客様の声 > 【卒業生が語る】今、注目のフィリピン留学の実体

お客様の声

【卒業生が語る】今、注目のフィリピン留学の実体

トップの顔写真

野村 沙代 様 / 20代前半
8週間
C2 Ubec English Academy

【なぜこの学校を選んだのか】

理由は3つあります。

まず1つ目は、土曜日もフルコマで授業を受けられるコースが提供されているからです。

語学学校の後に、フィリピン国内でのインターンシップが控えていたため、2ヶ月という短期間で、仕事で使えるレベルまで英語力を向上させる必要がありました。通常、語学学校では、月曜日から金曜日までが授業、土日は休みなのですが、この学校は、土曜日も8コマのマンツーマン授業を受けられるコース(Super ESL8コース)があります。

つまり、このコースを受講した場合、他の学校と比べて、2ヶ月で64コマ分も多く授業を受ける(その分多く英語に触れる)ことが出来るのです。これは、自分にとって最適のコースだと思いました。

土曜日にわざわざ授業を受けなくても、フィリピンにいるのだから出かければ実践的に英語が使えると思っている方もいるかも知れません。しかし、例えば日本人同士で固まって出かけるとなると、やはり英語よりも日本語を使う機会の方が増えます。せっかく留学をしているのだから、強制的に英語をしゃべる環境に身を置きたい、特に短期間で英語力を向上させたいと思う方にはおすすめです。

もう1つの理由は、アットホームな雰囲気だからです。自分が人見知りの性格なので、大規模な学校よりも、小規模で先生や生徒との距離が近い方が、慣れやすくて良かったからです。ビル型キャンパス型という点も、アットホームな雰囲気に繋がっていると思います。これは個人の嗜好によりますが…。

最後はやっぱり授業料。極端に格安!というわけではありませんが、リーズナブルな値段です。自分はまだ学生ですが、自分で授業料を払う予定だったので、なるべく授業料の高くない場所を希望しており、上記2つの条件とあわせて、このC2 Ubec English Academyを選びました。

講師陣と学校にて

【授業】

バディティーチャー(担任)制度があるのが、この学校の特徴です。担任は、学校生活やその他の相談相手にもなってくれる大切な存在で、在学中はもちろん、卒業後も頼れるバディーです。

また、授業について、私はSuper ESL8コースを受講していたので、月曜日から土曜日まで毎日8コママンツーマンの授業を受けていました。授業内容は、幅広く、発音、ライティング、リーディング、スピーキング、場面に合わせた実践英語、リスニング、グラマー、イディオムがありますが、希望すれば、自分の要望に合った授業内容に変更することができます。

私の場合、スピーキングを特に強化したかったので、2ヶ月のうち前半は、上記のとおり幅広く授業を受けていましたが、後半は、スピーキングの授業を3コマに変更しました。

授業全体について言うならば、基本的には教科書に沿って進められていきますが、先生にお願いすれば、自分のやりたいセクションをピックアップして授業を進めてくれます。

例えば、グラマーなんかは、最初はもうわかっているので教科書の途中から始めたり…という人もいました。このように、先生方が自分の希望を柔軟に受け入れてくれるので、自分に合った授業内容、授業速度で進めていけます。

また、私の場合、コース内容がマンツーマンの授業だけでしたが、グループ授業も取りたかったので、毎朝のモーニングクラス(追加料金なしの1コマ)を受けていました。グループクラスは、基本的に生徒のレベルごとにグループ分けされるので、同じくらいのレベルの人たちと意見を交わしながら、先生だけでなく生徒から学ぶことが多かったです。国籍によって、特に発音に癖があり、最初は全然聞き取れなかったが、徐々になれていきました。これこそまさに実践的だと思っています。朝7時からの授業なので、時間的には早いけれど、その分希望者も少なく(笑)、1グループ3人程度のクラスで構成されています。意見を聞いたり発信したりするには最適です。

講師と教室にて

【施設】

キャンパス型の平屋の校舎と、3階建ての学生寮、それにジムやダイニング、カフェテリアがあります。校舎や寮は汚いかな…と身構えて行ったのですが、非常に清潔感があり、快適に過ごすことができました。

:寮の各部屋には、ベッド(ベッドシーツ、布団付)、長机、椅子、シャワールーム、ベランダが備わっています。部屋は鍵付きで、シャワーはホットシャワーです!エアコンも各部屋に完備されています。ただ、外の気温と、室内の温度にかなり差があるため、風邪をひきやすい環境となっています。お気をつけください。また、各フロアにウォーターサーバーが設置されています。

Wi-Fi:Wi-Fiは、学校内にあるカフェに設置されているので、基本的にはカフェ内やその周辺で利用できます。なので、授業外時間のカフェは常に混んでいる状態です。(特に日本人が多く集まる傾向が強く、先生に、「日本人はWi-Fiが好きだよね」と言われてしまったほどです(笑)。自室内では、Wi-Fiは使えません。部屋でもWi-Fiを使いたい方は、ポケットWi-Fiをお持ちいただくか、SIMフリーの携帯にフィリピン用のSIMを入れて、データで使用していただくかのいずれかになります。

洗濯:洗濯物は、依頼すると、洗濯乾燥してくれるサービスがありますが、私が在学している間に洗濯機が導入され、各自洗濯機で洗濯し、部屋のベランダに干すことも可能になりました。洗濯機を使えば一日で完了するのですが、洗濯サービスを利用すると、3日~5日は出した衣類が返ってこないので、自分の好きな方を選ぶとよいと思います。因みにどちらも追加料金なしです。(因みに私は謎のこだわりで、ずっと手洗いしていました。)

そのほかにも、学校の中心にはプールがあって、そこで遊ぶこともできます!

【周辺環境】

学校周辺は住宅街となっていますが、徒歩約15分圏内にカフェや薬局、コンビニ、モールがあるので、とても便利です。そのほかにも、タクシーで20分くらいの場所に、アヤラモール、30分くらいの場所にSMシティモールなど大規模商業施設があり、休日にショッピングする場所として良いと思います。因みに私は、AYALAモールでフィリピン用の携帯を購入しました!

また、治安に関しては、警備員が配置されており、学校内は非常に安全となっています。学校の周辺も比較的安全で、友達が携帯をなくしたときに、携帯がきちんと返ってきたほどです。ただ、やはり、夜にひとりで出歩くのは避けたほうが良いと思います(これは日本国内でも同じことですよね!)

友達と

外食

【留学時の良かった事】

まず、英語を学ぶという面では、非常によい環境でした。そもそも、SuperESL8というコースがあるし、それ以外のコースでも、申請すれば、土曜日の午前中に追加料金なしでグループ授業を3コマ受けることができます。

また、生徒のレベルは、初心者から、既にペラペラしゃべれる人まで、様々ですが、英語を本気で学びたい、英語力を向上させたいという人が集まっています。特に、私の場合は、ルームメイトが台湾人とベトナム人というように、国籍が異なったため、必然的に部屋内でも英語を使わなければなりませんでしたが、日本人だけの部屋の生徒たちも、独自に、「母国語禁止」というルールを作って、英語を話す機会を自ら増やしていました。お互いに高めあえる環境を自主的に作り出しており、それが周りにも影響しています。

また、冒頭に「アットホームな学校」と述べたとおり、生徒と先生の距離が近いです。休日にも先生を交えて出かけたり、平日の授業時間外にもおしゃべりしたりできました。また、ハウスキーパーや料理スタッフの方々とも仲良くなり、おしゃべりを楽しみました。

【留学時の辛かった思い出】

辛かった思い出は、お世辞ではなく、ないです。ただ、毎日同じ内容が繰り返される中で、自分がどこを目指しているか明確にしていないと、マンネリ化してしまいます。これは、自分の問題なので、この学校に限らず、留学全般で言えることだと思います。

【その他学校生活全般】

この学校は、授業だけでなく、行事もあります。先生と生徒混合でグループに分かれて、スペリングや伝言ゲーム、歌を歌ったりして楽しみます。

また、毎週卒業式があります。卒業生は短いスピーチをして、有終の美を飾ります。先生からサプライズがある場合もあります…!わたしも沢山のメッセージや色紙などをもらって、本当にあたたかい学校です。

卒業式のスピーチ

【その他の留学生活】

様々なことに挑戦した留学生活でした。

まず、大学での専攻の関係で、フィリピンの貧困地区に興味があったので、語学学校在学中に、先生にお願いして、一緒に連れて行ってもらいました。そこで先生を介してインタビュー調査を行い、とても有意義な時間を過ごすことができました。

インタビュー1

インタビュー2

また、セブのモアルボアルという島へ行き、人生初のダイビングにも挑戦しました。終始死ぬかと思いながら海の中に沈んでおりましたが、海の中の世界は本当に綺麗で、挑戦してよかったです。

海

また、個人的なことになりますが、私は語学学校後マニラに移動し、3ヶ月間インターンシップをしておりました。正直、語学学校在学中に、自分の英語力上達をそれほど感じることはありませんでしたが、やはり学校の外に出て実際に使ってみると、あれ…?前までこんなにスムーズにコミュニケーションできていたかな…?と思うくらい、上達したのが分かりました!そのときは本当に嬉しかったです。

【留学を終えて:身に付いたこと】

何といっても、「英語をしゃべろう」というスタンスはまず身に付きます。それに加えて、英語力、特にスピーキング力とリスニング力は向上しました!とにかく毎日朝から晩まで英語に触れているし、先生方が本当に親身になって指導してくださるので、それが結果として必然的についてきたと言えます。

【留学を検討している方々へ】

もし迷っているのでしたら、思い切って飛び込んでみてください!

自宅で英語学習、英会話教室に通う、オンライン英会話をやってみる、など日本でもいろいろと出来ることはあります。しかし結局は日本。日本語を使って生活しますよね。英語を使う時間は限られています。それに、これまで日本にいて英語力はどれほど向上したでしょうか。

フィリピンは日本から4時間でいけますし、もし合わない!となったら究極帰ってくることもできます(笑)

フィリピンは、気候も人もあたたかい国です!道を歩いているだけで街の人がこえをかけてくれます。そんな異文化も楽しめる本当に本当におすすめの国ですし、そのフィリピンに数ある学校の中でC2 Ubec English Academyは、実際に通った身として、胸をはって良い学校だと言えます。

リピーターが多いことからも、それが立証されています(笑)

実際に、私が通っている間に、「1ヶ月前に通っていたけど、また戻ってきちゃいました~」というような生徒が少なくとも3名はいました!

少しでも、興味があったり、留学行ってみたいなと思うかたは、その気持ちを捨てずに、一歩踏み出しましょう!

卒業式

野村 沙代さんが通った学校はこちら

C2 Ubec English Academy

セブ初!最大10コマのマンツーマンで英語漬けになりませんか?

【卒業生が語る】今、注目のフィリピン留学の実体
dscn1567-1

おすすめポイント

  1. 土曜日の授業をレギュラー化し、3週間未満の方は初日から授業の受講可能。
  2. 異例の1日に最大10コマのマンツーマンクラス受講が可能!英語漬けの環境を提供。
  3. 1日50単語!しっかりと語彙力アップを目指す、単語テストプログラムを採用。
  4. TOEIC900点以上保持、ベテラン講師陣による質の高い授業を提供。
  5. 試験対策(TOEIC/TOEFL/IELTS)からビジネス英語まで多彩なコース選択が可能。

ページ上部
へ戻る