フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > 【2018年12月更新・最新版】アメリカ安い学校ランキング

【2018年12月更新・最新版】アメリカ安い学校ランキング

toltup
留学の本場アメリカに憧れる方は多いのではないでしょうか?
海外ドラマの舞台となった場所や映画や舞台、などのエンターテイメント、人種のサラダボウルと言われる多国籍な環境など考えるだけでアメリカ留学が華やかになっていきます。

アメリカ留学は高いのが当たり前ではありません。しっかりと節約ポイントを押さえていけば、意外と格安留学ができるのです。

まずは留学費の大きな割合を占める、学費の節約です。アメリカ全土には安くて質の良い学校はたくさんあります。事前にしっかりと安い学校や割引キャンペーンをリサーチしておきましょう。

留学ドットコムではアメリカ全土の学校をご紹介可能です。留学費用の節約をしっかりと伝授しています!

スポンサードリンク


実際の金額を見てみよう!

下記は12週間通学した場合の一般英語コースの費用です。

12月現在、1ドル114.28円のため115円にて算出、為替は変動します。


第1位:American Academy of English


American Academy

サンフランシスコ市内にキャンパスがあります。同校では一般英語コース以外にTESOLや進学英語にも力を入れており、全米50以上の大学やカレッジとの提携があります。進学相談などのサポートも充実しており、学生は安心して学業に励むことが可能です。

日本人比率は10%以下となり、国際色豊かな環境で学ぶことができます。

おすすめのポイント

一般英語コースはアメリカンイディオム&スラングを含めたスピーキング中心の授業内容となります。午後には無料クラスも開講され、発音矯正や映画、時事問題ディスカッション、などがあります。

授業料

授業料 1,575ドル
入学金 100ドル
I-20郵送費用 90ドル
合計 1,765ドル(約202,975円)

学校の詳細はこちらから


第2位:AOI College of Languages


AOI

アーバインはロサンゼルス空港から車で約40分の場所にあり、治安が安全で教育水準が高い地域です。

キャンパスはカリフォルニア大学内にあるため、大学施設を使用することも可能です。同校に在籍する学生は150名程となり世界30ヶ国から集まっています。

おすすめのポイント

一般英語コースは月曜から金曜、9時から授業が開始されます。学生の英語レベルに合わせた授業内容となり、英語レベルは初級から上級の6段階に分かれています。

授業料

授業料 1,982ドル
入学金 150ドル
学生サービス料 30ドル
I-20郵送費用 100ドル
合計 2,262ドル(約260,130円)

学校の詳細はこちらから


第3位:NYLC Manhattan Midtown


NYLC3

ミッドタウンキャンパスはニューヨークタイムズスクエアからすぐ近くにあり、毎日ニューヨークの大都市を感じながら通学をすることができます。

毎年75ヶ国以上の国から留学生が集まり、キャンパス内は賑やかで活気のある雰囲気です。1985年の創立以来リーズナブルで高品質な学校を目指しておいり、多くの学生に英語の楽しさを教えています。

おすすめのポイント

一般英語コースの英語レベルは8段階に分かれており、入学初日のレベルテストでクラスが判断されます。集中コースは週20時間の授業時間が確保されており、毎週月曜日から入学可能です。

授業料

授業料 2,208ドル
入学金 100ドル
教材費 80ドル
I-20郵送費用 95ドル
合計 2,483ドル(約285,545円)

学校の詳細はこちらから

※費用は予告なく変更される場合はあります。

詳細はお問い合わせください。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る