フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン現地生活情報 > フィリピンの電気・電圧について

現地生活情報

フィリピンの電気・電圧について

世界各国で事情が違うように、フィリピンの電気・電圧は日本とは異なります。そのため、フィリピン留学をする際には、電気や電圧の違いをきちんと把握しておくことが大切です。一部を除いた日本の電化製品は、フィリピンへ持ち込んでも使えない場合があります。とくに電圧と周波数については、フィリピンへ持って行く前に確認しておきましょう。電化製品のACアダプターの部分や、取扱説明書にちゃんと記載されていますので、日本から持って行くことの多いノートパソコンやドライヤー、シェーバーといった家電、暇つぶしのゲーム機なども電圧の違いに気をつけるようにしましょう。

フィリピンの電圧は日本と違い220V(ボルト)で、周波数は60Hzとなっています。対して日本の電圧は100Vで50Hzまたは60Hzです。日本では東日本と西日本で周波数が違います。フィリピンはとても高電圧で、そのまま日本製品を使用すると発火して煙がでたり、コンセントが焼けてしまう事態になることがあります。最悪のケースだと電化製品が壊れ、使えなくなってしまうので注意が必要です。ノートパソコンのACアダプタなどは240Vまで耐えられるものも存在しますが、万が一のことがあるので、そのまま使わないようにするのが無難と言えます。

フィリピンはコンセントもいくつかの形状があります。日本と同じ形のAタイプから、丸い差し込み口が特徴のB・Cタイプ、八の時形のOタイプです。主流はAとB・Cタイプですが、地域によって違います。形状によっては、フィリピンに到着した後すぐにスマートフォンの充電ができないようなケースもありますので、留学前に形状を確認しておくことをおすすめします。インターネットで調べたり、直接スタッフの方に聞けば差し込み口の形状を教えてくれます。

fc2blog_201410301226579b4

日本から持ち込んだ電化製品を使う場合、必ず変圧器を購入して使いましょう。フィリピン留学先の差し込み口が日本と同じ形状のAタイプでも変圧器を使うようにします。日本から持って行く場合は、大型の家電量販店やインターネットの通信販売で購入することができます。製品ごとに違いますが値段は数千円台で、変圧器購入の際はボルトと周波数を確認しておきましょう。フィリピンに到着してから買う場合も、街中の電気屋で購入可能です。やや大きめのものが多いですが、1000ペソ前後で売られています。そして、フィリピンで購入する際には差し込み口の形状を必ず確認しましょう。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る