フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学のススメ

フィリピン留学のススメ

はじめまして。留学ドットコム(留学@フィリピン)の渡邉です。

私はオーストラリア滞在歴5年で、元々オーストラリアのオフィスで留学サポートを行っておりました。

オーストラリアには、韓国人も非常に多いのですが、オーストラリアに到着したばかりの韓国人と、同じくオーストラリアに到着したばかりの日本人の間には、大きな英語力の差があります。

その理由は、韓国は、オーストラリアやカナダ等の欧米圏に留学・ワーキングホリデーをする前に、フィリピンを経由してガッツリと英語力の下地を作ってくるからなのです。

ストイックに英語を勉強し、英語力向上に最大限の重きを置いた格安で日本から最も近い英語圏と言われるフィリピン留学の魅力に迫りたいと思います。

欧米留学にはないマンツーマンレッスン

欧米留学にはないマンツーマンレッスン

フィリピン留学の最大の特徴はマンツーマンレッスンです。日本の物価の3分の1以下といわれるフィリピンでは、安価な人件費で優秀な大学卒業教師を採用することができます。

教師と1対1のレッスンの為、英語を話す機会も聞く機会も非常に多く用意されています。

また、自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで学びます。

英語がまだ不慣れな学生は英会話の独特なリズムや表現方法を学び、英語を体系的に勉強したい学生には、文法の基礎固めから応用表現まで幅広く学びます。

最短で英語力を向上させたい方には最適の学習スタイルと言えるでしょう。

学習時間が欧米留学の約2倍!

学習時間が欧米留学の約2倍!

欧米の語学学校の平均授業時間は1日4~5時間に対し、フィリピン留学は1日6時間~10時間のカリキュラムになります。

1日の学習時間が1.5~2倍のボリュームの為、短時間英語力が格段に向上する理由が理解して頂けると思います。

しかも、1日の授業時間の半分がマンツーマンレッスンですので、毎日3~5時間の家庭教師を付けて勉強しているのと同じです。当然、成果も高くなります。

格安の物価と充実した学習環境

格安の物価と充実した学習環境

海外留学の最大のネックが予算です。フィリピンは日本の3分の1以下の物価水準の為、英語学習における非常に大きなメリットと言えます。

また、学校の各種設備も整っており、欧米圏の語学学校とそん色のない環境がそろっています。

基本的に全ての学校が学生寮での生活になっており、学生寮も学校敷地内にあるのが一般的で、通学の際の交通費もかからず、すぐに学校にアクセスができます。

また、寮では1日3食の食事も滞在費用に含まれている為、自炊の必要がありません。

さらに、フィリピン留学では、部屋の掃除や洗濯物も寮側で行ってくれるのが一般的ですので、常に勉強に集中できる環境が用意されています。

本当の意味での24時間英語環境

本当の意味での24時間英語環境

フィリピン留学は、朝~晩までみっちり勉強することになります。学生寮も学校と隣接(敷地内に設置)している為徒歩数十秒圏内の所がほとんどです。

また、学校のキャンパス内はもちろん、学生寮も母国語禁止にしている学校が殆どの為、英語のみの環境で生活することができます。

学生寮も2人部屋にすると、外国人学生と相部屋となり、部屋の中でも英語で会話をする環境を作ることができます。

常に英語を使う生活スタイルの為、英語に対する苦手意識がある方でも比較的早く慣れていくことでしょう。

2か国留学のススメ

2か国留学のススメ

例えば隣国である韓国では、オーストラリアやカナダなどの欧米圏に語学留学やワーキングホリデーに行く前に、まずフィリピンで語学留学をしてから欧米留学するのが今やスタンダードになってきています。

その為、欧米留学にきている韓国人は最初から英語によるコミュニケーションができている為、日本人留学生との英語力も大差がついています。

最初に英語を学ぶ国として、費用が安く、マンツーマンレッスンでみっちり英語を学べるフィリピンを経由することで英語の基礎を身に着け、次に英語ネイティブであるオーストラリアやカナダでより洗練された英語を身に着けることは、英語学習の面からも非常に理に適っており、金銭的にも安価に抑えることが可能になります。


ページ上部
へ戻る