フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > お知らせ&更新情報 > セブ学校訪問記⑤Master of Business English Academy(MBA)

お知らせ&更新情報

セブ学校訪問記⑤Master of Business English Academy(MBA)

2015/10/09 14:05:51

2015年9月上旬、セブの中心地ビジネスパークの近くにある日系学校のMBAを訪問させて頂きました。
当校の現校舎は5月に移転したばかりです。
コースの種類が新しくなったり多少ルール変更がありましたが、「オトナ留学」というコンセプトはそのまま、より学生の声、そして経営者のこだわりを反映した学校にパワーアップしました。
学校の1FはAJITOというレストランカフェになっており、ガラス張りの壁に大きく書いてあるので、これが目印となります。中もとてもおしゃれで、スタイリッシュです。2Fはクラスルームになっており、オープンスペースでマンツーマン授業は進められます。

MBA outlookMBA man to man
写真左が、学校外観です。右は2Fのマンツーマンスペースです。

MBAは日本にいる時からアンケートやスカイプインタビューを通じて、学生さんの留学の目的、目標を明確にして、一人ひとりに最も合うと思われるカリキュラムを作成しています。
また、コアティーチャー制度を導入しており、学生一人に対して担任の講師が付きその講師の授業を1日に2コマ受講します。この制度を利用することによって、学生の英語力の進歩状況を把握しやすくなり、講師にプロとしての責任感を持たせることにつながります。学生にとっても、学習相談を誰にすればよいのか明確になります。

内容としましては、一般英語コース、TOEICコースなどがありますが、やはり一番人気はビジネスコースです。このコースを受講される方は全体の7割程度になります。
ビジネス英語と聞くと難しくてついていけないかもしれない、と不安に感じられる方がいるかもしれません。しかし、MBAでは細かくレベル分けがされており、初心者の方でも基礎から勉強できるようなカリキュラムがつくられています。もちろん、上級レベルの英語力をお持ちで、高度な内容を勉強したい、という方にもご満足いただけるような授業になっております。
ビジネス英語のテキストは種類も多様で、マーケティング英語、ネゴシエーション英語、コミュニケーション英語など目的にあった内容のテキストを使用します。

text book2text book1
豊富なビジネス英語のテキストブック

そのほか、ビジネス英語コースのユニークな点としては、金曜日にある全員参加(任意)のプレゼンテーションです。毎週トピックを決めて(生徒さんご自身で決めていただくこともあれば、学校のほうで指定することもあります)1人、5分程度のパワーポイントを使用し、ドレスアップして行う、本格的な英語でのプレゼンテーションになります。
何回も練習して苦労して覚えた単語、フレーズは深く記憶に刻まれ、忘れることはないでしょう。

新校舎の宿舎は、以前よりさらに快適な住環境を提供しています。いくつかお部屋のタイプはありますが、一番人気はデラックスです。
設備としましては、デスク・椅子はもちろんのこと、ワイドダブルベッド、50チャンネル視聴可能なテレビ、光回線を利用した高速WiFi、トイレットペーパー、タオルなどをご用意しております。また、トイレ、シャワーにもこだわりがあります。フィリピンの水は通常は硬水ですが、MBAでは日本の水に近い軟水を使用しています。そのため、髪の毛もパサパサになりにくいです。

MBA room1
1人部屋はツインを1人で使用することもあります
MBA room3
NHKも視聴可能なテレビもあります。エアコンも新しい静かなタイプです。
MBA room2
水回りもきれいです。シャワーの水圧も強いです。

訪問を終えての感想

「オトナ留学」がコンセプトとなっているため、学生は他校より年齢層が高め(30代~40代が多い)で、全体的に落ち着いた雰囲気があります。多くの方がビジネスに関心があるため、MBAでの留学を通じて情報交換をしたり、ビジネスパートナーを見つけたり、異業種交流会のような場ともなっています。
学生さんは志が高く、留学で成し遂げたいことがはっきりしている方が多いそうです。その分、留学期間を無駄にしたくないという想いが強く、講師に対して期待値が高い傾向があります。MBAでは講師の採用基準も大変厳しく、採用後のトレーニングも十分な期間をとっているので、そうした期待を裏切ることはありません。もちろん、対個人ですので相性の問題が生じることもあります。その際は、できる限り学生さんのご要望に沿えるようにスタッフが調整をしてくれます。
ビジネス英語が勉強したい方、落ち着いた雰囲気の学校が良い方、快適な滞在施設を求める方は是非、MBAをご検討ください。

staff
今回の訪問に対応してくださった代表の渡辺さん(左)とマネージャーの三浦さん(右)

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る