フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > お客様の声 > みんな真剣に勉強しているので、くじけそうになっても頑張れます。

お客様の声

みんな真剣に勉強しているので、くじけそうになっても頑張れます。

MMBS

匿名希望(女性) 様 / 20代前半
24週間
Man to Man Boarding School(MMBS)

学校のサポート体制はいかがでしたか?

学校のサポートや受け入れ体制は大変素晴らしかったです。

日本人スタッフの方もいらっしゃるので、すごく安心でした。困ったときや相談があるときなど、とても相談しやすかったです。気さくで優しい方ばかりです。

留学前は日本人スタッフの重要性についてそれほど深く考えていませんでしたが、実際に留学してみて、日本人スタッフの方がいてくれて本当に良かったなと思いました。

また、フィリピンに行った日、空港まで迎えにきてくださったのもとても良かったです。日本国内だと知らない土地でもそれほど不安に感じることはないかもしれませんが、海外だと違ってきます。

空港から学校までどう行こうかと考えるよりは、初日でその国のことについてあまり知らないので、迎えに来ていただいたほうが良いと思います。

長旅で疲れているのと初日ということもあり、迎えにきてくださって大変安心致しました。

また、フィリピンはとても暑く喉が渇くので、ウェルカムドリンクとして飲み物をプレゼントしていただけたのも嬉しかったです。

ピックアップ時に同期の日本人の方とも会えるので、初日から不安はございませんでした。また、学校の中もセキュリティーガードがいたり、番犬がいたりと外に比べたら、かなり安全でした。

食事はいかがでしたか?

健康を考えて、栄養バランスが良いように作られているんだなというのがよく分かりました。

炭水化物、野菜、肉、魚、などがバランスよく出てきます。

食習慣、生活習慣が自然と健康的になります。バイキング形式というのがとても嬉しかったです。自分が食べたいものを好きなだけ食べられます。遠慮せず、自分のペースで食べられるので、たくさんおかわりしていました。

韓国料理もございましたが、辛い物が苦手な人も食べられるように、日本人の味に近づけた料理もございますので、食事では全然困りませんでした。むしろ楽しみでした。

毎朝、日本人用にヨーグルトがあったのがとても嬉しかったです。黒砂糖ときな粉を自分の好みに合わせてトッピングできます。

ふりかけを用意してくださっているときもございました。また、日本人スタッフの方が作ってくださったネギ味噌がすごくおいしかったです。ごはんにつけたり、お味噌汁に入れるとおいしいそうです。私はご飯につけて食べましたが、すごくおいしくて、ご飯がすすみました。風邪予防にもなるそうで、そういった心遣いも嬉しかったです。

カレーやシチューが出る日もあり、日本の食事の味に一番近いので楽しみでもありました。

あと、マンゴーやバナナなどのフルーツが出る日もあり、本場のフルーツはとてもおいしかったです。バナナのスイーツはすごくおいしかったです。パンやオレンジジュースが出る日も楽しみでした。

学校のお部屋・施設の衛生面はいかがでしたか?

フィリピンでは比較的きれいなほうなのではないでしょうか。フィリピンでの生活は日本と比較しないほうが良いです。日本の基準は世界の基準ではないのだと感じました。

日本にいるときは綺麗じゃないと感じることもありましたが、今から思えば、日本はかなり高水準で綺麗な国であったように思えます。あまり期待はしないほうが良いのではないかと思います。

綺麗さに関しては、期待することなく、覚悟して行ったつもりでしたが、虫が多かったのがとても衝撃的でした。私自身、虫が大嫌いですので、日本にいるときは、正直蚊の一匹でも耐えきれないくらいでした。虫の話すら嫌でした。

綺麗好きなほうですので、余計衝撃を受けたのかもしれません。部屋にも普通に虫やヤモリはいますし、どこに行ってもいます。

最初は辛かったですが、もともと綺麗さにこだわって留学したのではなく、授業の質が良ければいいと覚悟は決めていたので、気にしないようにしました。

しかし、1週間もすると、慣れました。慣れって恐ろしいなと思いました。周りの人も慣れていましたし、こんな私でも大丈夫なくらいですから、たいていの人は大丈夫だと思います。私にとってはそれがある意味、良い経験になりましたし、人として成長できたのではないかと思います。

学校の教師の質、カリキュラムはいかがでしたか?

教師の質、カリキュラムはとても質の高いものでした。50分の授業はあっという間に終わってしまいます。私は集中力がないほうだと思いますが、えっもう50分経ったの?って感じでした。マンツーマン8時間コースでしたが、とても充実したものになり、1日があっという間でした。

日本での時間の流れより、フィリピンでの時間の流れのほうが速いように感じました。きっと1日1日が充実しているからでしょう。

先生の教え方は非常に上手いと思います。マンツーマンということもあり、私に合わせた授業をしてくださいますし、おそらく会話のレベルも私に合わせてくださっているので、どんどんと話せます。それがまた嬉しくなってモチベーションとなるという感じです。

また、先生がとてもフレンドリーです。日本だといくら仲が良いといっても上下関係がございますが、フィリピンだと先生と友達のように話せます。それがまた新鮮で楽しかったです。

そして、分かっているところはさらっと流して、分からないところをとことん聞けるという環境がとてもよかったです。英語があまり話せないながらも一生懸命伝えれば、通じるものなんだなあと感じました。英語力も上がりますし、より記憶に残ります。

グループの授業はとっていませんでしたので、分かりませんが、グループの授業だったら分からないことがあっても聞きづらかったと思うので、マンツーマンで良かったなと私は思いました。

また、微妙なニュアンスの違いや文法の細かいが重要なところなど日本にいる頃は知らなかったことも学ぶことができてすごく良かったです。

お休みの日の過ごし方を教えてください。

休みの日の過ごし方は本当に人それぞれと思います。平日は勉強して土日は海に行ったり、観光したりして観光を満喫する人もいらっしゃいますし、息抜きにカフェとかに行って勉強する方もいらっしゃいます。学校からほとんど出ない方もいらっしゃいますし、勉強をなさる方もいらっしゃいます。

みんなそれぞれ目的に応じて自分のしたいことをしているという感じですね。

勉強だけを目的にしても、友達づくりを目的にしても、観光や海外経験と勉強を両立させることなど何を目的にしても、充実して過ごせるなら良いと思います。どう過ごすにしても邪魔をする人は少なくとも私の周りには一人もいませんでしたね。

私はショッピングモールに出かけたくらいで、ほとんど外出しませんでした。土日はまとまった時間がとれるので、宿題を早めに終わらせたり、自分の勉強をする時間に使っていました。

もともと勉強が目的で、観光をするなら、また別の機会に来よう、と決めていたので、私にとってはとても充実した時間になりました。そんな中で、一緒に勉強できる仲間もできたりして、良い刺激を受けながら、勉強に取り組むことができました。おそらく一人だったら、途中でくじけそうになっていたかもしれません。

1日の自習時間を教えてください。

本当に1日が勉強で終わるという感じです。平日は8時から5時まで授業があります。8つの授業をとっており、7人の先生に教えていただいていますので、8時間分の宿題が出ます。1つの宿題を30分で終わらせたとしても、4時間はかかります。

ご飯を食べる時間やお風呂の時間などを含めると、それだけで1日が終わってしまいます。

実際は宿題が1つ30分で終わることはなく、時間のかかる宿題だと1つ2時間かかったりもしました。適度なところで手を抜いたり、土日に済ませたり、簡単に終わる宿題もあったりもしたので、うまく時間調整はできたと思います。すぐ終わるだろうと思っていても意外と時間がかかったりします。

平日はみんな夜は宿題をしているという感じでした。気持ちがくじけそうになっても、みんな頑張ってるので、頑張れるという感じでした。学校の雰囲気って本当に大切だなと思いました。

留学する前は自分の気持ちがちゃんとしていれば大丈夫だと思っていたところもございましたが、留学説明会に行き、生徒の雰囲気も大切だということが分かり、実際に留学してみて、本当に雰囲気って大切だなあと思いました。

周りが頑張っているから頑張れるというのもあると思います。また、今まで集中力が全くなくなく、勉強しないタイプでしたが、集中して勉強するという良い習慣がつきました。人間やればできるんだな、変われるんだなあと思うことができた良い経験となりました。

通われている学校の良かった所はどのような点ですか?

良かった点はたくさんありますが、次の2点を挙げたいと思います。

1つ目は勉強をする習慣がついた点です。もともとあまり集中力がないほうですが、スタッフにアドバイスをいただいたりして、この留学中は勉強しようと決めていました。お忙しい中、ご相談に乗っていただき、本当に感謝しています。

みんな真剣に勉強しているので、くじけそうになっても頑張れます。学んだことが授業で生かせるので、だんだんと楽しくなってきました。インプットして、アウトプットするという感じです。また、勉強していく中で、自然とともに向上しあえる友達もできました。ライバルであり、大切な仲間です。

自分に甘えそうになっても頑張っている人が近くにいるので、自分に甘えられないという環境でした。自分に甘い私にとっては環境がとても大切だったようです。とても恵まれた環境でした。

2つ目は生活習慣が改善された点です。朝は早起きですし、夜は夜更かしできません。

夜更かしすると次の日にひびくためです。早寝早起きの習慣が身に付きました。また、日本と比べてインターネットがあまり使えないため、携帯から解放されました。日本と比べて、ジュースやお菓子を食べることもなくなり、朝昼晩の食事をしっかり食べるようになりました。

通われている学校の悪かった所はどのような点ですか?

悪かった点としては、これ1校としてのというよりフィリピン全土に言えることですが、水についてです。一番困ったのは洗面所で顔を洗うと水が流れきれずに洗面器から溢れ出てきて服がびしょびしょになることでした

あふれ出てきた水はお風呂の排水口にいって何とかなりますが、顔を洗う度に服がびしょびしょになるのは困りました。

あと、水道などから出る水は飲んではいけないので、飲料水を買う必要がありましたが、学校で無料で支給していたので大丈夫でした。

でも、学校外では断水や電気が止まったりもざらにあるそうなので外に比べればはるかに過ごしやすい環境なんだなとおもいます。

また、その日の予定など、大切なことをさらっと言われてしまうので、すこし気をつけておかないと凄い困ります。なので、同期に入校した方と仲良くしておく必要がありました。もちろん皆さん良い人ばかりですし、日本人ばかりですからコミュニケーションを取ることに緊張感は持つ必要はありませんでした。

あとは、通信環境です。といっても、公共Wi-Fiがある所に行けば大丈夫なので特にこれといって問題はありませんでした。通信環境さえ整っていれば1年でも生活はできる位の環境だったので突出して悪い点は特に無かったかなとおもいます。

匿名希望(女性)さんが通った学校はこちら

Man to Man Boarding School(MMBS)

フィリピンの自然を感じる広いキャンパスでしっかりと勉強できる環境

みんな真剣に勉強しているので、くじけそうになっても頑張れます。
%e5%a5%b3%e5%ad%90%e5%af%ae%e5%a4%96%e8%a6%b3-01

おすすめポイント

  1. 英語初心者が4週間で基礎文法を徹底的に学ぶ文法コース。
  2. 2008年からいるベテラン日本人スタッフが勉強も生活も万全サポート。
  3. 授業は自分が勉強したい科目を自由にアレンジして自分好みのスケジュールを作成。
  4. 毎月のテストとカウンセリングで長期留学生の中だるみを防ぐ。
  5. 学校内にクリニックがあり、無料で初期の診察が可能で健康管理は安心。

ページ上部
へ戻る