フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン現地生活情報 > フィリピン留学人口はアジアが多い

現地生活情報

フィリピン留学人口はアジアが多い

gac-graduation-photo1

フィリピン留学人口は、英語圏の中でもトップクラスです。フィリピンは英語が公用語になっており、毎年シーズンが来ると世界中から多数の学生が留学に来ています。世界の中で3番目に英語を話す人口が多く、滞在費用の安さやマンツーマンによる指導が特徴なことから、その勢いは衰えることを知りません。日本からフィリピンへ留学する人も毎年数多く、夏休みなどの長期休暇を利用した留学が人気です。

フィリピンへ留学に行く人は、日本をはじめ、韓国や中国などアジア圏からが多くなっています。同じ英語圏である欧米諸国と比べてアジア圏の比率が高く、とくに韓国からは毎年万単位の留学生がフィリピンへ英語を学びに渡航しています。韓国ではグローバル化の波を受けて英語教育に力を入れており、海外企業も進出が相次いでいます。また、費用などの面からフィリピンへの留学を選ぶ人が多く、手軽さも相まって留学人口の比率では群を抜いています。

mangrove-planting-photo22

日本からも毎年数千人が渡航しており、フィリピン留学の関心の高さが伺えます。日本人にとってフィリピンは観光地としても人気があり、毎年多くの人がマニラやセブといった都市でバカンスを楽しんでいます。パスポートの申請は必要なものの、観光用のビザは入国時に発行して貰えるため、身近な国として認識されています。これはフィリピン留学においても同じです。フィリピンへ留学する際にも、短期留学なら観光ビザが利用でき、また長期にわたる留学でもビザの発行が簡単なことから、わずらわしさを感じることなく渡航できます。

また、欧米諸国の学校では10名前後のグループレッスンが一般的ですが、フィリピンの学校はマンツーマン方式が中心となっており、1対1の家庭教師感覚で英語を指導してもらうことができます。マンツーマンで自分のペースに合わせて教えてもらえ、多人数制と違って疑問点も気軽に質問できるため、他の留学先と比べ英語が身につきやすくなっています。

フィリピン政府も留学生の受け入れには積極的で、アジア圏に向けた学校など留学関連の情報提供はもちろんのこと、交換留学も時折実施しています。フィリピンの学校では英語教育に力を入れており、教師を育成する環境ができあがっています。フィリピンの留学人口はこのような政策によって増え、留学生が学んだ英語を母国や海外で活かし、フィリピンの英語力の高さを世界中に発信しているのです。費用面や環境を考えれば、フィリピン留学は最も最良の選択肢であると言えます。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る