フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン語学学校 > A&J e-EduDC

フィリピン語学学校情報

A&J e-EduDC

ワーキングホリデー準備コースで二ヶ国留学をバックアップ

A&J e-EduDC
building-1

A&J e-EduDCの特徴

  1. ネイティブ講師が学生と同じ宿舎に滞在している英語環境。
  2. 学ぶ内容を自由にアレンジできる一般英語コース。
  3. 二ヶ国留学に向けたワーキングホリデー準備コースを開講。
  4. 2016年6月にキャンパスを移転し、コンパクトで滞在のしやすいキャンパス。
  5. 3ヶ月でスピーキングを克服する「スピーキングマスターコース」。

A&J e-EduDCの最新関連情報

A&J e-EduDCの最近関連情報は現在登録されていません。

A&J e-EduDC学校正規資料ダウンロード

学校パンフレット

正規料金表

補足資料

  1. ワーキングホリデー準備コース

A&J e-EduDCの特徴

s_img_1883

副院長のネイティブ講師による授業

同校にはカリフォルニア出身のネイティブ講師が在籍しており、マンツーマン授業はもちろん、夜のフリークラスを受けることができます。

教科書では学ぶことのできないカジュアルな表現方法や発音を学ぶことができます。ネイティブ講師殿マンツーマン授業が
はネイティブESLコースにて開催しております。ワーキングホリデー前のスピーキング強化としても人気があり、通常コースからのコース変更も可能です。
s_img_1220-1

接客英語を学ぶワーキングホリデー準備コース

同コースではワーキングホリデーで最も必要となる、会話に特化した英語を学習していきます。ワーキングホリデーの留学生にとって最も一般的な仕事は飲食店のホールやお土産屋での接客、などです。そこでA&Jは「カフェ・レストラン、スーパーマーケット、ホテル、土産店」にフォーカスした、接客英語を教授しています。

一般的な注文の取り方、電話対応、会計、などのパターン英語です。また専門用語などを事前に勉強していくことでスムーズに二ヶ国先でアルバイトを開始することができます。
週末8日間、バギオのカフェでジョブトレーニングも行われます。授業で学んだ英語を実践で練習できるよい機会となります。

また英文の履歴書作成や面接に関してもレクチャーをしています。
s_entrance

2016年に移転した新しいキャンパス

2016年6月に全面改装された新校舎に移転しより快適なフィリピン留学が可能となりました。バギオ市内からは車で10分程度で行くことができ、生活にも便利な場所にあります。

キャンパスビルは4階建てとなり、授業教室、宿泊、食堂、ジム、などすべての施設が揃います。中庭ではBBQやバスケットボールを楽しむこともできます。
s_1on1-class-3

習熟度の確認と日本人マネージャーによる学習サポート

A&Jは担当講師が学生の学習計画を作成し、日々の習熟度と成長記録を管理しています。また学生の学習が進んでいない場合などは経験豊富な日本人スタッフより、生活や勉強方法、学習環境、など多角面からのアドバイスをしています。

フィリピン留学経験があり、在籍も長いA&Jの日本人スタッフだからこそできるサポートです。

学校施設・周辺環境について

1_20090515025333

ビガン

学校から車で5時間程度で行くことができる世界遺産の街です。スペイン統治下だった時代の建物が残り、レンガ作りのとてもきれいな街並みです。

その他バギオには「天国への階段」と言われるバナウェや、鍾乳洞のあるサガダ、など自然と歴史を感じることのできる観光地が多くあります。ヨーロッパからのバックパッカー旅行者も多く訪れるアジアの秘境です。

A&J e-EduDCのお客様の声

A&J e-EduDCの関連FAQ

    A&J e-EduDCの関連FAQは現在登録されていません。

AccessMap

A&J e-EduDC

#6 Purok3, upper west Camp7, Kennon, Baguio City, Philippines

ワーキングホリデー準備コースで二ヶ国留学をバックアップ

学校周辺施設へのアクセス

  • マニラ空港から学校まで
  • 大型ショッピングモールから学校まで

A&J e-EduDCへのお申し込み

A&J e-EduDCへのお申し込みは下記ボタンをクリック

語学学校に関するお問い合わせ・ご相談はお電話でも承っております。

「留学@フィリピンのWEBサイトを見た」とお伝えいただくとスムースです。


ページ上部
へ戻る