フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学準備情報 > 学校閉校・倒産情報

留学準備情報

学校閉校・倒産情報

今回は閉校になった学校の紹介とそれまでの経緯をまとめました。

留学を考える方にとって学校選びはもっとも重要な事です。思わぬトラブルに巻き込まれないように注意していきましょう!

ちなみに、、、留学ドットコムでは長年の運営により営業不振や倒産に関しての情報や噂が各方面から集まってきます。

そのような情報があった学校はお客様への紹介ストップ、万が一申込み済のお客様がいる場合はお客様からの預り金(振込頂いたお金)は学校への送金をとめ、お客様に相談&返金作業を行っています。

学校の倒産で一番困るのはその学校に申し込んでしまった留学生です。

常に最新情報や学校の経営状況を確認し、安心できる留学をご案内しています。

また下記の記事もご参考ください。

万一語学学校が倒産した場合どうなりますか?

VIVA College倒産劇から学ぶ学校選びで大切なこと
※弊社のコラムサイトへ飛びます。




BIGTREE ENGLISH(ビッグツリー)

学校02(中庭から寮棟を臨む)
学校情報はこちらから

2019年3月10日閉校
韓国資本の中規模校でしたが、2月中旬頃に急に閉校の連絡がメールで届きました。もちろん噂はありましたが、、、

日本側では何とか閉校を食い止めようと努力をしていたようですが、惜しくも閉校となりました。

下記学校からの文書抜粋
あまりに急な通知であり、弊社としては到底受け入れ難く、思い留まらせるべく懸命に BIGTREE 側にありとあらゆる説得を試みてまいりましたがかなわず、やむを得ず一時閉校に向けて準備を進める方向へと舵を切らざるを得ないという決断に至りました。

割引キャンペーンなどイベントも多く、マメに連絡をくれる学校だったので残念ですね。

BONDS ENGLISH ACADEMY

IMG_0602
学校情報はこちらから
2018年末に閉校

2007年からある日本資本の小規模校です。フィリピンでは比較的長く学校経営をしていた学校だったので、驚いています。

ちなみにこの学校からの閉校連絡などは一切ありませんでした。代表メールアドレスもエラーとなります。

2017年8月中旬に学校より
「実は今年、9月中盤以降の動きがよくなく、少し集客に苦戦しております。」
との連絡は来ていましたが、立て直しができなかったのだと思います、、。

Asians Bridge

out0
学校情報はこちらから

2013年に設立された日本資本の小規模校です。

2019年2月頃にコース内容に関して
問い合わせたところ、アジアンズブリッジ代表の中村様より、現在学校の営業を終了している旨の連絡があり、閉校と判明。
学生数の減少など、不審部分な点がありましたが、やはり倒産となったようです。

EIEN POWER

学校情報はこちらから

2015年に閉校

日本資本の費用が高めの学校でした。

実はこの学校の閉校は留学業界全体に激震が走りました、、。
EIEN(エイエン)は留学エージェントでもあり、多くのお客様の留学をサポートしていました。

また自身の学校も複数運営していましたが学校・留学エージェントともに営業不振となり、倒産に至ったようです。

やはり留学エージェントが学校を経営する二足のわらじはリスクが高いようですね。

ちなみにエイエンでは下記複数の学校運営をしていましたが、すべて閉校しています。これだけの会社規模と学校数を持ちながらも倒産する可能性はあるのですね。
EIEN AE
EIEN CEBU(旧 UBEC)

ffiery International School

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
学校情報はこちらから

日本資本の激安校でした。
2016年に閉校

学校担当者から連絡不通、突然の閉校連絡でした。

この学校はフィリピンの激安校として有名で、大学生など若い年齢の方からの要望が多くありました。

「激安校はそれなりの理由がありますよ」と留学ドットコムでも案内していましたが、まさか恐れていた事態が本当に起こるとはとても驚きました。

実は、、、留学ドットコムでもffieryに申込みをしていたお客様が数名いました。ただ弊社としては不振な学校へはお客様の留学費用をギリギリまで送金しないようにしていたので、何とかお客様のお金が無駄になることなく、他校へ申込み変更ができました。

お客様のお金を学校に送金完了していたら、取り戻すことは不可能だったでしょう。本当によかったです。

MDL

apperance (1)
学校情報はこちらから

2017年に閉校

韓国資本、中規模校でした。

突然の閉校に関してのメールが届きました。留学ドットコムでは少なからず噂は届いていたので、お客様への案内を停止していましたが、噂は本当でした。

下記学校からの文書抜粋
我々が学校運営を始め10年以上経ち、一生の職業として頑張りましたが、最近の景気とお客様の募客が厳しくなり、現状で今年の冬まで学校の運営を続けた場合は、
お客様及びエージェント様に更なる迷惑をかけることになると思い、悩みのあげく、現時点で当校の運営中止を決めることになりました。

DMM留学

こちらは学校ではなく、日本最大大手のオンライン英会話サービスのDMMの留学業部門ですが、2019年12月23日を持ってサービスが終了となるようです。

やはり過剰な安さを見せている学校は注意が必要ですね。

フィリピンの学校では学校やエージェントからの大幅な値引きが後を絶ちません。

「安くてラッキー」ではなくまずは「なぜ、そんなに値引きができるのですか?」「安くできる理由はなんですか?」と質問、または考えてみてください。

倒産前の学校は資金難に陥っていることがほとんどです。慢性的な赤字状態であり、新規申込みされたお金はすぐに他の資金返済に充てしまします。

学校が経営難に陥ることはわかっていながらも格安のキャンペーンを打ち出して、何とか留学生からお金を集めようとしている場合もあるのです。

このように書いてしまうと、「フィリピン留学怖い」と思われてしまいますが、そのような現実もあります。

留学費用を安く済ませることはともて大切ですが、まずは留学ドットコムに「この学校の営業は大丈夫ですか?」「安い理由はなんですか?」とお問い合わせください。

確かな情報をお客様に包み隠さず、お話しいたします。

下記はその他、閉校した学校一覧です。
これからもどんどん増えてくると予想されます。

ABC for English
CEBU JIC
GET SCHOOL
IMEC
Seattle Language Center
Worlds English Language Training School (WELTS)
BEYOND THE BORDER(BTB)

ちなみに、音信不通の学校、公式サイト閉鎖、など今後怪しい学校も紹介します。

Bona Fide English Larning Center (Bona Fide)

プール (2)学校情報はこちらから

学校の公式twitterにはこのような書き込みがありました。
「this school is no longer operational」この学校は運営されていません。
学校からの連絡は一切ありませんが、閉校していかと思われます。

学校公式ツイッター

Cleverlearn English Language Institute (CELI)

Cleverlearn English Language Institute (CELI)
学校情報はこちらから

2006年からある韓国資本の学校です。
公式サイトは複数あるようですが、どこも見ることはできません。また学校担当者にも複数回コンタクトしていますが、いまだに返信がありません。
https://www.celi.jpn.com
https://www.cleverlearncebu.com

American English Learning Center第一、第二キャンパス

学校情報はこちらから

2007年からある韓国資本の学校です。
フィリピンには2つのキャンパスがあり、大規模な学校です。立派な公式サイトもありますが、担当者との連絡がつきません。

学校公式サイト

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る