フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 準備 > 荷物 > フィリピン留学女性の服装はどのようなものですか?

留学FAQ

フィリピン留学女性の服装はどのようなものですか?

school12

フィリピン留学中、どんな服装をすればいいかイメージがしにくいと思います。特に女性は洋服の種類も多く、コーディネートが決まらないと多くの服をフィリピンに持ち込む必要が出てくるので、荷物が多くなってしまいます。

フィリピンは基本的に通年日本の夏の気温が続きます。

季節は雨期と乾季しかありません。しかし夏物の洋服だけを準備すればいい!というわけにはいかないのです。雨季の時期は夜冷えることもあるので、長袖のパジャマが必要です。教室内は冷房が効いているので、パーカーが必要になります。

シチュエーションにあわせた服装を細かくご紹介します!

日本出発時

リラックスができる服装にしましょう。ワンピースなどがおすすめです。
日本からフィリピンのフライト時間は約4時間、乗換がある場合は長時間、狭い座席にすわっいる必要があります。締め付けの少ない楽な服装が良いです。また飛行機の機内の中は寒いことがあります。LCCなどの格安航空会社の場合、ブランケットなども有料になるので、パーカーやストールなど寒さ対策のものを持ち込むと便利です。

夏の場合は薄手の格好なのでいいのですが、日本が冬の場合が大変です。見送りの家族が空港まで付添ってくれる場合は空港に着いた時点でコートや上着は預けましょう。1人で渡航される場合、ユニクロのライトダウンジャケットなどがおすすめです。空港についたら小さくたたんでトランクの中、または寒さ対策にも使用することができます。

留学生活中・授業中など

group-class-02

フィリピン留学の生活ではTシャツとハーフパンツやスカート、ズボン、などカジュアルな服装のかたが多くいます。マキシワンピースなども便利です。

授業中の教室は冷房が効いているので、寒いことがあります。授業に出席する際はパーカーなどの羽織れるものを持参しましょう。また冷え性の方は靴下をはいてもいいかもしれません。

学校から外出してショッピングモールに行く

露出をなるべく抑えた服装に心がけましょう。学校のキャンパス内は安全ですので、平和ボケしてしまう方がいますが、学校外にでれば治安の不安定なフィリピンです。できる限り長ズボンやロングスカートを着用しましょう。

またショッピングモール内も冷房が効いており、寒いです。外との温度差で体調を崩す学生も多くいるので、羽織れるものを持参しましょう。

足元はスニーカーなど歩きやすいものにしましょう。道路が舗装されていない場所や水たまり、人込みを避けての移動などがあります。

就寝時

乾季の場合は暑いので、夏もののパジャマで大丈夫です。ただ雨季(6月~10月)は夜間の寒暖差が大きくなり、夜は寒いことがあります。秋冬用のパジャマがあると安心です。

海に行くとき

bluewater-maribago-photo_03

フィリピンには海のレジャーやアクティビティーが多くあります。休日には積極的に出かけましょう。
水着は学校から着用していきましょう。フィリピンには更衣室などの設置がない場合があります。あらかじめ水着は着ておいた方が安心です。またビキニの場合リゾートエリアでしたら、観光客や外国人も多いので大丈夫ですが、地元の海水浴場に行くとビキニはとても目立ちます。フィリピン人はビキニは着ません。そのため海水用のTシャツやショートパンツを準備することをおススメします。

また日焼け防止のパーカー、防止、サングラス、日焼け止めクリームは必須です。

スポーツイベントやナイトクラスでヨガ・ダンスがあるとき

building-a-ground-photo1

スポーツ用のTシャツや動きやすい服装が一枚あると便利です。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る