フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > お金 > ご解約・ご返金 > 万一語学学校が倒産した場合どうなりますか?

留学FAQ

万一語学学校が倒産した場合どうなりますか?

通常、欧米留学ですと各国の公共組織が学校の倒産被害に遭ってしまった学生を対象に、本来受講する予定だった学校又はそのコースと同等の金額と内容で補償してくれます。(お金の返金ではなく、あくまでも「転校」とお考え下さい。)

例えば、以下のような組織です。

上記に登録のある語学学校に通われている学生さんは万一語学学校が倒産したとしても、他校の同程度、同金額のコースへの転校振替と言う救済措置があるのでご安心頂けます。(弊社では、上記組織に登録された品質と経営の健全性が担保されている学校以外をご紹介、お勧めすることはお客様からの強い要望がない限りはございません。各国により多少のバラツキがございますが、80%以上の海外留学生が上記公共組織加盟語学学校を選んでいます。)

2007年に大手語学学校が倒産した際にも上記組織の活躍で学生さん自身に大きな実害が発生することはございませんでした。

その一方で、フィリピン留学はまだ市場としての年数が浅いことや発展途上国であることから、こうした欧米留学では当たり前の組織がございません。

従って「フィリピン留学の場合、万一語学学校が倒産した際には補償はない」と考えて頂き、予防するしかございません。

予防するとは?

語学学校の倒産被害に遭わない為の予防とは即ち以下のような点に気をつけることだと思います。

  • 万年空席の語学学校は避ける
    空席が目立つと言うことはそれだけ集客に成功していないということの表れであり、学校としての売上も他校に比べて苦しいと言うことです。ピーク時期はどの学校も通常満席になります。ピーク時期ですら学生が集まっていない学校は要注意です。
  • 異常に相場を逸脱した学校は避ける
    出来るだけ安く留学を実現したいと言うのは多くの留学生に共通したご要望だと思います。しかし、何事にも相場があり、それは留学・語学学校の経営においても全く同じことが言えます。学生を集めるため我々業界人から見ても「利益出ていないだろうな・・・」と言うような料金設定をしている語学学校はかなり無理している可能性が高いです。利益が出ないと当然学校だって運営を継続出来ませんし、自転車操業の語学学校はいつ潰れるかわかりません。

上記は最低でも気をつけたいポイントと言えると思います。

弊社でも全ての学校の決算書類を確認させてもらえるわけでも、銀行口座残高を見せてもらえるわけでもありません。

しかしながら、「経営的にヤバそうだな・・・・」と言う学校には怖くて送客出来ないと言うのが正直な所です。(経営者ともよく会うようにして細かい部分を出来るだけ把握するようにしております。)

倒産リスクの低い語学学校であることを前提として、その中で出来るだけ要望に合った語学学校や安めの語学学校を手配することが我々留学エージェントの役目でもあり、皆様の学費を守る唯一の施策と言えます。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る