フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 初日にあるレベルチェックテストの内容とクラスの振り分け方を教えてください。

留学FAQ

初日にあるレベルチェックテストの内容とクラスの振り分け方を教えてください。

2%e3%83%b5%e6%9c%88%e3%81%a7%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e9%81%94

以下おすすめ校の詳細ご案内させて頂きます。
他記載のない学校に関しましては弊社までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

セブ

Engish Fella

レベルテストの形式は学校独自のテストですが筆記(グラマー、リスニング、リーディング)はTOEICテストに近いものになっております。またスピーキングテストは講師と1:1で行われます。4技能の平均点によりクラスが分けられます。
1~9までございまして、同じレベルの生徒とグループクラスに入ることになります。

CIJ Academy

レベルテストはリスニング、グラマー、ボキャブラリー、ライティング、リーディング、そしてスピーキングのテストになります。
CIJアカデミーではレベル1~8に分けられます。クラスは、レベルに合わせて授業が組まれます。

SMEAG

SMEAG校ESLコースの初日レベルチェックテストは、
IELTS形式でW/S/R/Lの4項目を受験いただきます。
なおスピーキングテストはテストというよりも、自己紹介やなぜ英語を勉強したいのかといった質疑応答を通して英語力を測ります。

レベル分けは、
テスト結果をもとにLevel1~Level5にわかれます。
さらに各Levelを、L(Low)/ M(Middle)/ H(High)に細分化し、
計15段階基準でクラス分けを行います。

しかし実際にはLevel4以上の生徒様はほとんどいらっしゃい
ませんので、Level2~Level3のL/M/Hのどれかに振り分けられる
ケースがほとんどです。

CIA

レベルチェックテストでございますが、1時間20分ほどのテストとなります。グラマー、リーディング、ライティング、スピーキングでレベルを判別いたします。スピーキングは講師が直接テストします。
ESLの中にある授業のうち、アクティビティはクラスは別れていませんが、それ以外は6段階に別れたレベルに沿った授業をしています。CIAではビギナー1,2とインターミディエート1,2、アドバンス1,2と分かれております。
 
PHILINTER

レベルチェックテストはスピーキング、グラマー、ライティング、リスニング、リーディング&ボキャブラリーの5項目からなります。全体で2時間半ほどのテストになります。

テストの結果は各5項目と、それらの総合のレベルがプレ・ビギナーからマスターズまでの13段階(100~701)で表されます。
それぞれのレベルにあったクラスをこちらで選び、授業スケジュールを組みます。

TARGET

レベルチェックテストの詳細に関しまして月に一度行われますレベルチェックは、
以下の5パートに分かれて行われます。

1. リスニング
2. 読解問題
3. 文法、語彙
4. ライティング
5. スピーキング

試験は二日間に渡り実施され、初日のスピーキングテストは授業時間中に行い、
二日目のペーパーテストは授業時間後、1時間30分となります。

全般的な英語力を計る試験問題となっているため、進歩状況も計りやすいと好評です。

クラスの振り分け方について

卒業時の最終レベルを除くクラスの振り分けに関しましては、
レベルチェックテスト及び、入学テストのスコアベースで振り分けを行っております。ちなみに卒業時の最終レベルは、講師からのフィードバック15%を加味した、評価システムとなります。

3D UNIVERSAL ACADEMY

学校のESLコースのレベルチェックテストは3パートに分かれております。

リスニング、リーディング...TOEIC模試
ライティングテスト...オリジナルの筆記テスト
スピーキング...講師とマンツーマンでのオリジナルスピーキングテストとなります。

上記レベルチェックテストを踏まえ、生徒様のレベルを下記6段階に振り分けられます。その中で同じレベルの生徒様と一緒のクラスに振り分けを行います。
グループクラスは、ご留学2週間目より生徒様のレベルに合うクラスであれば、
ご自由に生徒様ご自身で変更可能です。

なお、TOEICグループ授業のみTOEICのレベルチェックテストの結果を反映しクラス分けします。他の授業はスピーキングレベルチェックテストの結果を反映いたします。

UV ESL

”読み・書き・聞く・話す”各分野ごとにレベルテストでスコアを出し、各カテゴリーごとにレベル分けをし、担当講師がその各レベルごとの教材を使用して講義を行います。
ちなみにUV校は多くの大手上場企業様の英語研修先として、常に複数名のエリート社員たちがいらっしゃいます。勿論、これらの上場企業管理部スタッフが同校を視察されて派遣を決定・継続されています。

BRILLIANT CEBU

初日のレベルチェックテスト⇒リッスニング、文法&ボキャブラリー、リーディング、ライティング、スピーキング(フィリピン人講師)で50点満点、所要時間1時間です。1問1点で計算します。正解したスコアでレベルを出します。例:32問正解→32点→Beginner High

また、滞在4週毎に行うレベルチェックテストの内容も上記と同じものになります。

クラスの振り分けについては、上記レベルチェックテストの結果に沿って、学校で定めた各レベルのいずれかに振り分けが行われます。

クラーク

HELPクラーク校

スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの能力を確認します。
スピーキングは面接形式、その他は筆記試験となり、各プログラム末に1度行われ、約2時間となります。

グループクラスは、レベルに合わせて振り分けております。
中、上級のマンツーマンクラスや、TOEICに関しては、担当できる教師が限られますので、ある程度限られた教師の中から担当が配置されることになります。

MMBS

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング4つの技能のテストを行います。スピーキングはインタビュー形式で、リスニングはテストと、インタビュー形式となります。

マニラ

C21

テストの内容に関してですが、150分間かけてスピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、文法のテストをします。そこで出た結果を細かく分析して8段階のレベルに分けられます。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る