フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > お客様の声 > UVESLでのセブ島留学を決めたきっかけ

お客様の声

UVESLでのセブ島留学を決めたきっかけ

UVESL1

ハルさん 様 / 20代
12週間
University of Visaya ESL (UV ESL)

まずセブ島で留学をしようと思ったのは、やはりマンツーマンが売りだと聞いたからです。実際、それを決め手にして来ている人が多いと思います。それと、セブ島って一般の人から見たら観光地として有名じゃないですか。そこに行ってみたいという気持ちもありました。

UVESLを選んだ理由は、日本人のオーナーだと聞いていたからです。あと、日本人が3~4割はいて、その安心感から選びました。他にもオーストラリアの有名な学校もおすすめされましたが、金額が3倍もして…。安いというのもセブ留学の特徴だと思います。セブ島内の学校では他に2つ紹介されました。けどそこの2つはすごいスパルタと聞いて、さすがに折れるかなと思っちゃって。UVESLもゆるいというわけではないけど、勉強もしっかりできて適度に遊べる学校だと思います。こっちに来て思ったのが、日本人が多くてみんなが協力し合っていると感じました。協力し合いながらも、外国人と話したいからちょっと突き放したりして、ちょうどいい距離感だと思います。

UVESL1

授業・自習

僕はESLコースを取っています。1日にマンツーマンが4コマ・グループクラスが4コマです。9・10コマ目にスペシャルクラスを追加できるんですが、僕はもともと授業が入っていたので取っていません。もともと勉強はあまり好きじゃないので、8コマが僕にはちょうどいいかなと思います。スピーキングを一番伸ばしたいと思っているんですが、今はまだ初級レベルなので付いていくのがやっとで。けど、マンツーマンの先生も僕のレベルに合わせて授業をしてくれるんです。わからないところは別の言い方で言い換えてくれたり、わかるまで何度も教えてくれるので、全然苦じゃないですし、自分ももっとやらなきゃなって思えます。ただ、使っているテキストが全部英語なのは大変ですね。わからないから解説読んでいるのに、解説も英語でわからないなんてこともよくあります。けど、そうじゃなきゃこっちに来て勉強している意味がないですし、英語を英語で理解するという面ではいい勉強になります。

グループクラスでは、ストーリーを聞いて感想を言ったり、絵を見て感じたことを話したりしています。クッキー泥棒の話なんか面白かったです。空港でクッキーを買った女性がいすに座って1人で食べていたら、突然見知らぬおじさんが勝手に自分のクッキーを食べ始めたんです。それで、怒るじゃないですか。けど怒った後に自分のカバンを見たらもう1つクッキーが入っていたんです。つまりさっき食べていたのはおじさんのクッキーだったんです。こういった話を聞いて自分だったらどうするかなどを英語でディスカッションします。

休み時間にはいつもたばこを吸っています。喫煙所では外国人も吸いに来るんで一緒に会話をしています。寮や学校のラウンジもあるんですが、僕はあまり使わず、喫煙所ばかり使っています(笑)

授業後の自習ではいつも分からなかった単語をまとめて、勉強をしています。単語を知らないと聞けないし、話せないしで…。しかも毎日、大量の新しい英単語が出てくるんです。なのでやらないとどんどん溜まってっちゃって。ただボキャブラリーはだいぶ増えたと思います。

先生について

基本的にはどの先生もとても熱心に教えてくれます。僕が聞き取れないと、それを感じ取ってゆっくりしゃべってくれます。マンツーマンの先生なんか、ゆっくり過ぎるくらいで、なんかちょっと申し訳ないなと思っちゃうほどです。ただ、中には合わない先生もいました。例えば、drinkという単語がわからないとするじゃないですか。それを辞書で調べようにも綴りがわからないから調べられないんです。だから綴りを書いてくれと頼むと、溜息をつかれたりして。そういう場合は先生を変えることができるので、自分に合わないなと感じたら変えるようにしています。いやいや教えられて、それでストレス溜められてもお互いのためにならないんで、先生を変えられるのはすごいいいシステムだと思います。

仲いい先生とはフェイスブックでつながったり、今度時間が合えば、一緒にお好み焼きを食べに行こうと思っています。先生はお好み焼きとたこやきが大好きみたいなんです。

UVESL2

バッチメイト

僕が来たときのバッチメイトは8人くらいでした。台湾人が半分くらい占めていて、あとは日本人とベトナム人でした。最初に来た時も台湾人が多いなという印象でした。台湾人は比較的長く滞在しているので、仲良くなる人が多いですね。バッチメイトとはよくご飯も食べに行きます。近くのお店とか、ジョリビーによく行きます。僕のおすすめは、スパゲッティとライス、ハンバーグステーキです。日本のファストフードよりも全然安いですし、味もおいしいです。ちょっと独特の味ですが。

台湾人の友達とはボクシングにも行きました。こっちだと体動かすところが限られているんで、いい運動になります。値段は5回分のチケットで900ペソほどでした。グローブを借りる場合はプラス200ペソです。日本でやったことがないので相場がわからないんですが、ちょっと高いかなという感覚でした。友達とシェアもできるので、シェアするのが良いと思います。

UVESL3

旅行・週末の過ごし方

休日はよくバッチメイトとアヤラモールやSMモールに行ってご飯を食べています。モール自体がかなり大きくて、店もたくさんあるのでいつもどの店に行くか悩んじゃいます。どこに何があるのかもいまだによくわからないです。それくらい大きくて店の数も多いんです。あと、パークモールにもよく行きます。いろいろなブランドのクォリティーが高い偽物が安く買えるので。(笑)店員にこれフェイク?て聞いたことがあるんですけど、フェイクって正直に答えていました。今週末はSMシーサイドに行ってみようと思います。まだ行ったことないので。

旅行はバッチメイトや次の週に来た人たちとナルスアンに行きました。マクタンから船で1時間くらいのところで、泳いだり、ごはん食べたりしました。ビーチはめっちゃきれいでした。日本でも沖縄に行ったことあるんですが、沖縄より全然きれいです。ごはんもエビや魚などシーフードを使ったフィリピン料理がおいしかったですね。旅行は僕が計画したんですが、いざボート乗るときなど英語がうまく話せず、結局一緒に行った台湾人のおじさんが全部やってくれました。台湾人が多かったので、英語をしゃべる機会も多く、遊びながら英語の勉強にもなりました。

寮について

最初は日本に比べてシャワーの水圧とかが弱かったんで困ったりしていたんですが、思った以上にきれいだったので、他は特に困ったりはしていないです。ただペンキを塗り替えているので、たまにシンナー臭いですが、それくらいですね。あと、トイレに紙が流せるということに驚きました。フィリピンは流せないと聞いていたので、清潔だしめちゃくちゃ便利だなと思います。クーラーもちゃんと効きますし、壊れたらすぐ直してくれるので安心できます。掃除や洗濯も週2回してくれ、洗濯物も一度もなくなったりしていないので、とても助かっています。

UVESL4

寮には門限があるんですが、金曜日や土曜日の門限は2時くらいまでは許してほしいなと思うときはあります。遊びたいときには遊ぶタイプなので。ずっと自習室で勉強してもストレスもたまりますし。けど、安全確保には必要だと思うので、仕方ないかなとも思います。

留学の成果

もともと初級レベルだったので2週間目くらいは成長を感じていました。結構しゃべれるようになっているなあなんて。でも、慣れてきちゃうと自分に甘えが出てきて成長がとまってるなと感じることもあります。新しい単語もすぐ忘れてしまうし。けどあと2か月あるので、めげずに頑張ろうと思います。

留学生へのアドバイス

やっぱり来る前に単語とかはしっかり勉強してきた方がいいです。僕も単語くらいはやってきたつもりだったんですが、実際に話すと使えなかったり、聞き取れなかったりで。こっちに来てから少し苦労すると思います。他の国で留学したことはないですが、セブ島留学は日本で勉強するよりも英語に囲まれているなという感じがして、留学にはおすすめだと思います。僕もここで日本語を忘れるくらい勉強したいですね。

ハルさんさんが通った学校はこちら

University of Visaya ESL (UV ESL)

日本資本でありながら、オンキャンパス型のめずらしい学校。

UVESLでのセブ島留学を決めたきっかけ
uv-esl

おすすめポイント

  1. フィリピンの大学施設を利用した、オンキャンパス型の学校。
  2. University of Visayasの修了証を受ける事が可能(受講期間4週間以上)。
  3. 有名企業や大学の受け入れも行う、人気のカリキュラム。
  4. 日本資本なので、安心して滞在できる環境を提供。
  5. 敷地内に売店、ATM、ジムなどの設備も完備しいる便利な施設。

ページ上部
へ戻る