フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 学校の選び方 > 大学生におすすめフィリピン留学の学習スケジュール

留学FAQ

大学生におすすめフィリピン留学の学習スケジュール

english-month-659

大切な留学生活を無駄にしないためには事前の学習計画を考えることが大切です。

 

フィリピンで英語の勉強をするといってもなにから勉強を始めればいいでしょうか?スピーキング?ライティング?単語?また留学期間中にずっと一般英語コースや試験対策コースにいたほうがいいのでしょうか?

1年の留学経験者は帰国後何点のTOEICスコアを企業からもとめられるでしょうか?これを事前に知っておかないと帰国後に1年間留学で遊んできた人だと認定されてしまいます。
ちなみに答えは800点オーバーです。

留学中や帰国後に失敗しないためには事前の知識と目標を立てていくことが大切になります。
下記は1年間大学を休学した場合の留学スケジュールや学習に関してです。

フィリピンの留学期間はどのくらい?

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e6%8e%88%e6%a5%ad%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%e2%91%a1

まずフィリピン留学の期間ですが、6~8か月間を考えていきましょう。TOEIC800点をフィリピンで取得するにはやはり時間がかかります。TOEIC + 上級者英語スピーキングを目指していける学習期間です。

帰国の就職活動で一番感じますが、TOEIC800点オーバー + 上級者スピーキングの状態の学生はほとんどいません。これだけのスキルをもっていれば周りにライバルはいない状態です。早々に内定をもらい、就職戦線から抜けることができます。

フィリピンでは何を学べばいいですか?

まずはTOEICやIELTSなどの試験対策コースにチャレンジしてみましょう。フィリピンの試験対策コースは高得点を取得するコツを徹底的に教えてくれます。

もちろん授業は英語で行われるので自然とスピーキングが鍛えられます。日本の学習塾でもTOEICは勉強できますが。スピーキングはおろそかになるので、フィリピンで試験対策を学ぶメリットは大きくあります。TOEIC700~800を取得できた時点で一般英語コースにコース移動します。
TOEICの勉強は英会話の基礎に繋がっており、700点以上あれば、スムーズにスピーキングを強化していくことができます。

基礎の文法や単語力がなければイメージしている英語を話す段階に行くまでとても時間がかかります。その基礎力をTOEICの勉強と一緒に行っていくので一石二鳥です。下記が理想的な学習スケジュールです

試験対策コース(TOEIC、IELTS):3~4ヶ月
スピーキング強化コース:残りの期間
ビジネス英語コース:余裕があれば最後の1ヶ月

大学生のフィリピン留学1日のスケジュール(平日)

時間 授業内容
7:00~ 朝食
8:00 マンツーマン(TOEIC基礎)
9:00 マンツーマン(TOEICリスニング)
10:00 グループ授業(スピーキング)
11:00 空き時間(昼寝OR自習ORキャンパス内でスポーツ)
12:00 昼食
13:00 マンツーマン(TOEICリーディング)
14:00 マンツーマン(TOEIC個人の弱点克服)
15:00 グループ授業
16:00 空き時間(昼寝OR自習ORキャンパス内でスポーツ)
17:00 無料参加クラス(スピーキング)
18:00 夕食
19:30 無料参加クラス(ダンスORヨガORスポーツ)
20:30 自習室にて自習
23:30 就寝

空き時間は自由なので意外と余裕のある1日のサンプルスケジュールではないでしょうか?また授業が行われない土日・祝日は自由です。

平日に勉強を頑張っている分、海や山、ショッピングなどでリフレッシュしましょう。フィリピンには意外と多くの観光スポットやおしゃれなカフェ、美味しい料理、安いマッサージショップがあります。物価も安いので少ないおこずかいでも十分に楽しむことができます。

大学生はフィリピンでボランティアに参加しましょう

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e5%86%85%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%9f%e3%81%a1

学校主催のボランティア活動には積極的に参加しましょう。孤児院の訪問や市内のごみ拾い、マラソンイベントの参加、などがあります。
ボランティアに参加すると参加証明書をもらうことができるのもいい点です。また就職活動の面接では良い体験記として話すこともできます。フィリピンをより深く知り、経済格差や貧困層の生活を見ることで、改めて考えさせられるものもあります。

フィリピンで学んだ英語を海外で発揮

フィリピン留学を8か月した場合、残りの3ヶ月は観光ビザで二ヶ国留学をしましょう。オーストラリアやカナダ、アメリカでビジネス英語を学ぶのもとても面白いです。英語力は上級者レベルになっているので、ヨーロッパなどから来た学生ともスムーズな会話ができ、日本人やアジア系の学生がいない上級者クラスで授業を受けることができます。これからは英語を学ぶのではなく、磨き上げをしていくことになります。

ビジネスで使用される丁寧な英語表現や世界の時事やニュースに関する討論会、などフィリピンではできないインターナショナルな環境で英語を話すことができます。

上記は一般的な大学生の留学・学習スケジュールとなりますが、一人ひとりスケジュールはもちろん異なります。英語力や目標、予算、など、留学ドットコムでは、学校の紹介はもちろん、学習スケジュールや就職に関してもしっかりとご案内できます。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る