フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > TOEICの試験対策に強い語学学校

TOEICの試験対策に強い語学学校

TOEICコースは、日本人留学生が最も多く受講されているコースです。
帰国後、英語を武器に就職活動をお考えの方が、TOEICのハイスコア取得を目指して頑張っておられます。

弊社の生徒様からの声や実際の成果をもとに、TOEICコースに強い学校をご紹介させて頂きます。


SMEAG

SMEAG

SMEAGフィリピン教育センターのTOEICコースは、TOEIC専門の教育現場で長く教鞭を執っていた韓国人講師を招き、TOEICの点数獲得のための最先端の教授法を教科書・授業に反映しています。

またETS(世界最大の非営利テスト開発機関)のTOEIC公式試験センターとして認定を受けている会場で毎週模擬試験を実施します。優れた講師陣と最適な学習環境の中、TOEICの目標スコアを目指して勉強に集中することができます。

TOEICコースの特徴

ETS認定のセブ島唯一のTOEIC公認試験会場

SMEAGキャピタルキャンパスは、フィリピンの教育機関の中で唯一ETSから認証を受けた公式試験会場です。

2012年7月から現在のTOEIC公式試験は、SMEAGフィリピン教育センターとETS監修の下にSMEAGキャピタルキャンパスで行われています。

体系的な講師の管理

SMEAGキャピタルキャンパスには、TOEIC講師として10年以上の経験を持つマネージャーが講師陣に対して定期的にトレーニングを行い、授業の質を高めています。

講師自身も、定期的に模擬試験や公式試験を受けることでTOEIC試験や出題傾向を把握して授業を提供することができます。

また、最新の出題傾向を基に作成された教材により、学生は高得点を獲得する実践力を身につけます。

点数保証プログラム(12週間受講生対象)

TOEIC点数保証コースを修了した時点で、公式TOEICのスコアが目標スコアを下回った場合に、目標点数に達するまでの授業料と公式試験料を無料で提供するプログラムです。

ただし、12週間の授業出席率が100%、警告0回である学生に限られます。

TOEIC Speaking & Writingの授業

一般のTOEICコースを受講している学生も、ご要望に応じTOEIC Speaking & Writingの勉強をすることができます。

また、TOEIC Speaking & Writingの公式試験会場として認定を受けている場所でIBT / CBT模擬試験を受けることが可能で、いち早く目標スコアを獲得できる機会を提供しています。

SMEAG の学校詳細はこちら!



MMBS

MMBS

TOEICコースでは入学時のレベルテストにより下記の2つのレベルに分けられます。各レベルにより授業内容が異なります。

605点以上 アドバンスTOEIC
400点以上600点以下 インターミディエットTOEIC

最初の1週間は毎日異なるTOEICの模擬テストを行います。翌週は再度同じテストを行って自分の弱点を見つけ、徹底的に見直します。

一つのテストをじっくりと取り組むことにより、点数を取れる問題を増やしていくのが狙いです。TOEICコースの最長参加期間は12週間です。

また、TOEICコースを受講する前に必ずTOEICレベルチェックテストとカウンセリングをMMBSで行います。

そのテストの結果で一定基準の点数を取れない場合はTOEICコースへの参加は出来ません。

インターミディエットTOEIC コース内容

TOEICの点数が600点以下の場合、英文法をきちんと習得していないとみなしています。

TOEICの場合、文法を理解していなければいくら応用問題を数多く解いても、確実な点数UPには繋がり難く、逆に通常コースでしっかりと文法を理解した方であれば、TOEICを初めて受験しても700点を取ることが可能です。

しかし、どうしてもTOEICを勉強したい方に対応したコースです。

テストによく出る問題や単語、英文法を一つずつ確実に勉強していく1日8時間のコース。アドバンスTOEICに上がることを目指して勉強します。

アドバンスTOEIC コース内容

2時間のテストに慣れ、数多くの問題を解くことによりTOEIC点数を上げていくコースです。

600点以上の点数を取る方の場合、すでに文法は習得しておりますので、いかに効率よくテストを解くか、いかに幅広い知識と単語を習得するかが点数UPのカギとなります。

フィリピンの公式TOEICテストの本番と同じ時間に毎日テストを行うことで、本番に強くなるようにスケジュールが組まれております。

MMBS の学校詳細はこちら!



HELP

HELP

入学時に行うレベルチェックテストの結果を基に、クラス分けがされます。使用する教材もレベルによって分けられています。

例えば、リーディングは得意だけど、リスニングやスピーキングが苦手とった学生にも対応できるので、各スキル毎に自分に適したレベルで学習できます。

リスニングパート・リーディングパートの入学時のテスト結果が、スコア5~145→Stage1、スコア115~310→Stage2、スコア320~495→Stage3となります。

グループクラスとモーニングクラスもレベルが5段階に分かれています。

TOEICも語学試験の一種のため、引っかけ問題やTOEICならではの特徴があり、きちんと傾向と対策を学んでおかないと高得点はとれません。

マンツーマン授業で個人個人の弱点を補い、毎週日曜日に行われる模擬テストで実力を確認しています。

講師同士で定期的なミーティングも行い、生徒の着実なスコアアップをサポートします。

自主学習(INPUT)で単語やパターンを覚え、スペシャルクラスやモーニングクラス、グループクラスIN&OUTPUTを行い、マンツーマン授業で覚えたことを使うことによってOUTPUTをしていきます。

コース内容

経験豊富な講師陣

HELPは設立から17年の歴史があるため、人事や教育育成のノウハウを持っています。

またフィリピンは世界一英語でのコールセンターが多い国であり、学校にも併設されています。

なので、繁忙期でも安定した高いレベルの教師の雇用が可能です。

また教師への充実した福利厚生でサポートも厚く、そのため優秀な教師が長期勤務しやすい環境にあります。

英語教師であれば、きれいな発音や高い英語力をもっているのは当然。それを土台にして、「授業の構成」、「生徒のモチベーションの上げ方」、「わかりやすい説明」、「各専門知識」など付加価値を加える努力を日々行っています。

HELP の学校詳細はこちら!


資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る