フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学準備情報 > 実録!リゾートバイトでフィリピン留学費用60万円を3ヶ月で貯金

留学準備情報

実録!リゾートバイトでフィリピン留学費用60万円を3ヶ月で貯金

数ヶ月前、私は貯金をしようとアルバイトに明け暮れる貧乏フリーターでした。目標額は70万円。その使い道はフィリピン留学。

フィリピン留学を経て実現したいことは、もちろん英語の上達。世の中には「留学せずに高い英語力を身に付けられる」、または「一日たったの5分でビジネス英語をマスター」などと言った学習本が氾濫していますが、やはり語学学習においては、一定期間集中して学ぶ必要があることを身を持って実感している私は、どうしても留学をしなくてはと考えていました。

しかし留学にはお金がかかる・・・最近話題のフィリピン留学なら、マンツーマンレッスンを含む一日10時間以上のレッスン料、寮や食事にかかる生活費、洗濯の費用なども全て込みで欧米留学の半額程度。お金の無い私には魅力的。それでもフリーターの私にとって大金であることは間違いありません。

早く留学を実現させたいという焦燥感とは裏腹に、1年半かかって貯まったお金はわずか20万円ほど。日々の生活費と交際費を捻出するため、貯金はたびたび切り崩され、昼と夜のバイト掛け持ちにより体はヘトヘト、帰宅して勉強する気力はありませんでした。そのくせ、友人やバイト仲間から誘われればランチや飲みに出掛け、なけなしのバイト代はさらに費やされていきました。

就職し両親を安心させたい、でも自分が希望するポジションには英語力が不可欠、英語力を身に付けるにも、独学では限界を感じている・・・短期間でお金を貯める方法を模索していた私の目に、あるweb広告が飛び込んできました。

3ヶ月で50万円貯めるリゾバ!

リゾバとはリゾートバイトの略、リゾート地で行うアルバイトのことです。

雇用形態は派遣契約のところがほとんどで、あらかじめ期間を決めて働き、期間満了の際は契約期間延長もしくは終了となります。

時給に関してはかなり幅がありますが、1000円以上の勤務地も多く、残業を積極的に頑張れば月の手取り20万円を超えることも珍しくありません。時給700~800円程度の田舎に住む私にとっては、それだけでも魅力的でした。

さらに多くの勤務地は宿泊施設であるため、従業員の滞在受け入れも万全。寮完備で食事も支給されます。勤務地によって細かな条件は異なりますが、寮費や水道光熱費、食事などが一部支給となりますので、生活費をぐっと抑えられるのです。

できるだけ短期間で目標額を貯めるために私が選んだ勤務地の条件は以下の通りです。

1.時給が高い

これは当然と言えば当然ですね。時給が高いほど効率的にお金を稼ぐことができます。

2.残業が多い

残業をすれば時間分の給料が増えることはもちろん、残業手当が25%加算されるため、より効率よく手取り額を増やすことができます。あらかじめ週休1日しか無いという勤務地を選びました。

3.生活費がかからない

アルバイトを掛け持ちしていてもお金が貯まらなかった大きな理由は生活費。一人暮らしだったためアパートの家賃のほか、水道光熱費や食費もかかり、それらを削るには限界がありました。

リゾバでは時給1300円と高時給でも寮費が月2万円、食費一食当たり300円だったり、時給1000円で寮費や光熱費、食費が無料だったりと、待遇が異なります。収支を計算し、より手元に残るお金が多いと思える勤務地を選びました。

4.無駄遣いをしにくい環境

リゾバには誘惑がいっぱいです。新しい出会いとともに増えがちな交際費・知らない土地での食べ歩きや体験にもお金がかかります。できるだけ誘惑の少なそうな土地を選びました。

北海道の礼文島へ

白い恋人のロゴになった利尻富士
s__4259845

私はこの夏、日本最北端の離島、北海道の礼文島で3ヶ月リゾバを頑張りました。ここを選んだ理由としては以下の点です。

夏だけの期間営業であるということ

時期が来れば休館となってしまう旅館であるため、区切りよく勤務できそうだという思いがありました。

珍しい高山植物が見られる

%e7%a4%bc%e6%96%87%e5%b3%b6%e5%9b%ba%e6%9c%89%e7%a8%ae%e3%81%ae%e9%ab%98%e5%b1%b1%e6%a4%8d%e7%89%a9

この島でしか見られない貴重な固有種を身近に見られることは、私にとっては大きな魅力でした。毎年多くの人が高いお金を払ってこの土地にやってきて、わずか2~3日で観光を終えてしまうところ、私は長期滞在できるため、移り変わる風景や季節の花々を楽しむことができます。

田舎なので誘惑が少ない

観光地に見られるおしゃれなカフェや雑貨屋さんが大好きな私は、リゾバ中についつい散財してしまう恐れがありました。誘惑を振り切り、目標のために貯金をするには強い意志が必要となります。礼文島なら、カフェも数えるほどしかなく、いわゆる地元の特産品を扱うお土産屋さんくらいしか無いため、お金を使いすぎる心配もないと考えました。

ただし、せっかく知らない土地に来たのだから、地元の文化に触れたり、その土地ならではの食べ物を食べることは、やはり楽しみです。話題を豊富にする良い経験ともなり得るため、リフレッシュも兼ねて、地元の名所や食堂へと何度か出掛けました。
 
ホッケの蒲焼丼
%e3%83%9b%e3%83%83%e3%82%b1%e3%81%ae%e8%92%b2%e7%84%bc%e4%b8%bc

夜空-職場の帰り道天の川を眺められる場所がある
%e5%a4%9c%e7%a9%ba%e3%80%80%e8%81%b7%e5%a0%b4%e3%81%ae%e5%b8%b0%e3%82%8a%e9%81%93%e5%a4%a9%e3%81%ae%e5%b7%9d%e3%82%92%e7%9c%ba%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%8b%e3%82%99

寮費・水道光熱費・さらに食費が休日を含め3食無料

生活にかかる費用がすべて無料だったため、その気になれば3ヶ月の間、1円も使わずに生活ができます。働いた分がそのまま自分の手元に残るというわけです。

寮でサンドイッチとコーヒーのブランチ
%e5%af%ae%e3%81%a6%e3%82%99%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81%e3%81%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

現地までの交通費は3万円支給されました。3万円が上限なのですが、実際はこれより多くかかってしまったので、残りは自己負担です。住んでいる地域によっては3万円以内に収まりますが、そうでない場合は少し損をする形になります。

最初にかかった費用を立て替え、勤務期間を満了した場合にのみ最後の給料に加算され支給される仕組みです。途中で退職してしまった場合、交通費は支給されないようです。

礼文島では、予想通り素敵な花々を見ることができました。私が生活している寮から40分程度のところに展望台があり、この時期ならではの高山植物を見るため、月に二度ほど訪れました。
 
%e7%a4%bc%e6%96%87%e5%b3%b6%e5%9b%ba%e6%9c%89%e7%a8%ae%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%84%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%80%82%e3%81%93%e3%81%ae%e8%8a%b1%e3%82%92
礼文島固有種 レブンアツモリソウ。この花を見に毎年多くの観光客が訪れる。
 

私が担当していた職種はフロント。お客様の出迎えやチェックイン、レストランでの誘導、地域のことや旅についての案内、コーヒーサービス、ルームサービス、チェックアウトなど幅広く行います。全員が短期間の契約のため、通常のホテル業務と比べて覚えることはそれほど多くなかったと思います。男女で役割分担をしており、それぞれが行う業務内容があらかじめ絞られていたようです。ただ、すぐに戦力として働かねばならないので、それなりに適性は求められます。
 
フロントから見える景色
%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e6%99%af%e8%89%b2

フロントの人数は私を含め6名。この他にレストラン担当、ハウスキーパー、調理担当が合わせて40名ほど、事務員が数名おり、それぞれのシフトで勤務していました。仕事をする中で違う部署の人と親しくなることもありますが、やはり同部署のメンバーで食事や飲みに行こうとなることが多く、頻繁に誘いを受けていました。私は留学のために少しでも多くのお金を残しておきたいと考えていたので、この誘いのほとんどを断っていました。

派遣社員としてリゾバに来る若い人の多くは短期間でお金を貯めたいと思っているようですが、具体的な目標を持っている人はその一部に限られていると感じました。

例えば、お金を貯めてバイクを買いたい、ワーホリに行きたい。でも、いつまでに必ずというわけではない。お金が貯まったその時に実現できれば良い。という感じです。だから誘われれば気軽に飲みに行き、お金をかけてあちこち観光にも行きます。離島なので物価は高めです。レンタカー、外食なども割高で、簡単に予算オーバーしてしまいます。

沖縄でリゾバをしていたという同僚の男性が、そのときの話をしてくれました。沖縄は赴任期間が長めなのに対し、時給は比較的低め。ただし仕事内容は楽なものが多いそうです。仕事が楽なため、みんなエネルギーが有り余っており、彼は毎晩飲みの誘いを受けていました。断る勇気がなかった彼は誘われるままに出かけ、勤務期間満了する頃には信じられないことに預金残高が減っていたそうです。

楽しむことが主な目的であれば問題ないのですが、お金を稼ぎに行ったのに、住居費や食費がかからないという油断から、稼いだお金を全て使い切ってしまっては本末転倒ですね。私はその話を聞いてから、自分はそうならないようにと決意を新たにしました。お金を貯めたいという強い思いから、誘いはほとんど断りました。今思えば断りすぎたような気もします(笑)。

ランチや飲みに数回出掛けましたが、それ以外では寮の部屋でのランチパーティやお茶会を行うことで、お金をあまりかけずに楽しい時間を過ごせるよう工夫しました。

寮の部屋でチーズフォンデュランチ
%e5%af%ae%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b%e3%81%a6%e3%82%99%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

また、外食に出かける際は大勢で、一気に約束を果たしてしまうということもやっていました。私は特に付き合いが悪い方だったと思いますが、それでも他のスタッフとの関係は良好でした。というのも派遣スタッフの中には海外の大学にいた人や短期留学経験がある人、旅行好きな人が多かったためです。旅行好き、かつ留学を目指す私にとっては興味深い話も多く、また共通の話題に事欠かなかったように思います。
 
夏の終わり-打ち上げちゃんちゃんパーティ
%e5%a4%8f%e3%81%ae%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%80%80%e6%89%93%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%91%e3%82%99%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3
 
誕生日-サプライズのケーキ
%e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5%e3%80%80%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99%e3%81%ae%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad
 
地元のお祭り-ウニの殻むき体験やタコのつかみ取り大会に無料で参加できる
%e5%9c%b0%e5%85%83%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%a5%ad%e3%82%8a%e3%80%80%e3%82%a6%e3%83%8b%e3%81%ae%e6%ae%bb%e3%82%80%e3%81%8d%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%82%84%e3%82%bf%e3%82%b3%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%81%bf
 
タコつかみどり!
%e5%9c%b0%e5%85%83%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%a5%ad%e3%82%8a%e3%80%80%e3%82%a6%e3%83%8b%e3%81%ae%e6%ae%bb%e3%82%80%e3%81%8d%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%82%84%e3%82%bf%e3%82%b3%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%81%bf

 
3ヶ月の勤務を終え、今私はフィリピン留学を果たしました。留学してから気付いたことは、リゾバの勤務スタイルは、色々な面で私に留学の準備を整えさせてくれたということです。

リゾバの勤務で特徴的なのは、「通し」と「中抜け」と呼ばれるシフトがあることです。通しは、普通のアルバイトなどと同様、出勤してからそのまま定時まで勤務するというもの。中抜けは、午前中に数時間勤務した後、長めの休憩時間を取り、午後に再度出勤するというスタイルです。この中抜け勤務、二度も歩いて通勤したり着替える手間があるため面倒なのは間違いないのですが、私はここで発生した空き時間を有効活用するため、英語の学習に充てていました。
留学期間をより有効に使うには、初めからある程度の英語力があった方がいいそうです。学ぶための基礎的な知識が必要だからです。

その事実を知ってはいたものの、私は自分に甘いため、勉強のために早起きするということがどうにもできませんでした。しかし、リゾバでは仕事のために早起きせざるを得ない状況でした。朝の勤務は7:30~9:30。その前後で朝食を頂けるのですが、私は朝ごはんを食べずに2時間立ち仕事をするということは考えられなかったため、7時過ぎに会社へ到着し、出勤前に朝食をとっていました。

朝は6時に起き仕事の用意、10分ほどかけて徒歩で出勤、着替、朝食、2時間勤務 (9時半終了)、10分かけて帰宅。このスケジュールは私の体と頭をすっかり目覚めさせるには十分で、朝の勤務を終えて帰宅する頃には空腹すぎず満腹すぎないという、勉強をするには最適のコンディションが整っていました。私の場合、毎日しっかり勉強していたわけではなく、友達と部屋でお茶したり、軽いトレッキングに出かけたりする日もありました。
 
レブンウスユキソウの群生地 (寮から徒歩一時間) で一人キャンプ
%e3%83%ac%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%a6%e3%82%ad%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%81%ae%e7%be%a4%e7%94%9f%e5%9c%b0-%e5%af%ae%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%92%e6%ad%a9%e4%b8%80%e6%99%82%e9%96%93

また、勉強をする日でも、お昼寝をしたり、昼食を頂きに職場に行ったりもします。しかし毎朝早起きをしてきちんと朝食をとり、体を動かすことで、無理なく健康的な生活を維持することができました。(ちなみにフィリピン留学では、運動の時間が設けられている学校があります。私が滞在していた学校にも設けられていました。)

また、リゾバで寮生活を送っていたことによって、留学中も国籍の違う生徒との共同生活に早く馴染むことができたように感じます。

寮暮らしをしながらストイックに勉強するということは、それだけで心身ともにそれなりの負担がかかると思います。しかしリゾバを通して仕事という甘えが許されない環境に身を置いていた私は、その中で生活リズムを整え、うまく体調管理を行うこと、また他人との共同生活におけるストレス耐性のようなものも身につけられたような気がします。

3ヶ月間働いて、約60万円貯金することができました。たっぷりと取られた空き時間にコツコツと勉強したことで、英語力も少しは向上しました。留学を目指し具体的に行動を起こした時からわずか3ヶ月、金銭面だけでなく学力面、精神面など、あらゆる形で準備ができたと感じています。
 
お別れの日。見送りに来てくれたリゾバ仲間
%e3%81%8a%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%82%e8%a6%8b%e9%80%81%e3%82%8a%e3%81%ab%e6%9d%a5%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e4%bb%b2%e9%96%93

ちなみに私が登録しているリゾバ派遣は、はたらくどっとこむとアルファリゾートです。

アルファは時給高めだけど3ヶ月以上しか扱ってないので超短期の方にはNG。ただし、交通費も領収書出せば5万円まで出るらしいです。

ちなみにこの礼文島のリゾバははたらくどっとこむで紹介してもらいました。結構時期がギリだったので早く対応してくれて助かりました。対応の良さ、速さははたらくどっとこむですね。他社ではこうはいかなかったでと思います。(他社経由で来た人は時給が50円程度高い人もいましたが・・)

条件や対応が各社異なりますので、ご自身にあった派遣会社を目的や状況に応じてうまく利用することをお勧めします。


体験談2-日光リゾバ/19日間で172,312円-

  1. 勤務地:日光湯元
  2. 勤務期間:19日間
  3. 勤務期間内の休日:半休×3回 終日休みは無し
  4. 総勤務時間:160.75 時間 (内残業 46.25 時間)
  5. 業務内容:簡単な料理の盛り付け・料理の上膳・下膳
  6. 時給:1000円
  7. 勤務時間の管理方法:タイムカード打刻 (15分未満切り捨て)
  8. 食事:3食無料 (休日含む)
  9. 交通費:2万円
  10. 休憩時間:切り捨て無し (休憩時間も勤務時間と見なす)

%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%81%8b%e3%82%99%e8%ba%ab%e8%bf%91%e3%81%ab%e3%81%84%e3%82%8b%e6%97%a5%e5%85%89%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%af%e3%81%ae%e5%85%89%e6%99%af
サルが身近にいる日光ならではの光景

日光湯元のリゾートバイト体験談

10月上旬~中旬が紅葉の見頃となる日光湯元周辺。シーズン直前に勤務開始したため、渋滞に巻き込まれることなくスムーズに現地までたどり着くことができました。現地ではまだ紅葉はほとんど見られず、しかし緑豊かで美しい湖畔の風景を眺められます。現地へと向かうバスでも、景色を楽しむ観光客の感嘆のため息が聞こえてきます。

日光駅周辺には観光客向けの店が並び、どこか懐かしさを感じさせる趣があります。コンビニも数件ありますが、雰囲気を壊さないよう色味はブラウンに統一されているようでした。紅葉で有名ないろは坂を過ぎ、続く森林の穏やかな木漏れ日を楽しんでいると、やがて現地到着です。

湖畔前バス停で降り、目の前にある小さな家族経営の旅館でのリゾバです。責任者である若女将が外出中で不在だったため、大女将に簡単に挨拶をしました。これから生活する部屋へと案内されます。

%e5%8b%a4%e5%8b%99%e5%9c%b0%e3%81%ae%e7%9b%ae%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ab%e5%ba%83%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%8b%e6%b9%af%e3%83%8e%e6%b9%96%e3%80%82%e7%b4%85%e8%91%89%e5%89%8d%e3%81%a6%e3%82%99%e3%82%82
勤務地の目の前に広がる湯ノ湖。紅葉前でもとても美しい。
 
 
部屋は元々客室だったもので、お手洗いと洗面所がついています。シャワーはありません。寝室が2部屋に区切ってあり個室ではあるものの、水回りはもう一人とシェア、お風呂はお客さんが使う大浴場を自由に使える、という形です。ここは源泉かけ流しの豊富な湯量が自慢で、湯元でも随一ということで、24 時間湧き出る天然温泉に入り放題です。硫黄の匂いがする乳白色のお湯です。

部屋でベッドと枕のシーツを受け取り、荷ほどきをしていると、お昼ご飯ができたとの連絡が入りました (客室だった頃の名残で、内線電話が部屋にあり、これで連絡が取れるようになっています。一度寝坊した際もこちらの内線電話でたたき起こされました) 。

私が到着したのは午後2時頃だったのですが、長旅でお昼がまだだということを知った先方がお昼を用意してくれました。食事についてですが、まかない担当の方がいます。毎日3食が厨房に置かれていて、それを各自部屋に持ち帰り食べるというスタイルでした。朝食時勤務する場合は、大広間でほかのスタッフと頂きました。あくまで個人的な感想ですが、多くの場合、まかないが口に合いませんでした。

数日一緒に働いた若い派遣社員さんは、「口に合わないから時々こっそり捨てている」と言っていました。しかし無料で頂けるものに対して文句を言うことはできません。お客用に用意して余ったお味噌汁やお吸い物、卵は自由に頂けたので、持参した調味料と合わせてしのいだり、徒歩20分ほどのコンビニで買いだめしていました。

食事が済んでゆっくりしていた午後3時半過ぎに再度連絡が入り、帰ってきた若女将とほんの数分話をした後、制服を渡され、4時から勤務開始となりました。今回は短期ということもあり、集中して稼ぐため、到着したその日からの勤務を希望していました。先方も、その日は特別忙しかったため感謝されました。

着替えた後は厨房に入り、料理の盛り付けと配膳を流れの中で教わり、その後お客様を迎える準備を整えました。事前に聞いていた通り、修学旅行生の大きな団体が主で、難しい接客などはありませんでした。ある程度の体力さえあればアルバイト経験が無くともできるような仕事内容です。他のスタッフは年配の方が多く、融通がきかない点だらけで若い方にはやりにくい部分もありますが、彼らとペースを合わせてのんびりやれるところがよかったです。

出勤は、朝からと午後からの一日 2 回。人員不足のため、大きな団体が入ると勤務時間はそれに比例し長くなります。人員不足を、一人ひとりの勤務時間を延ばすことでカバーしている状況です。

事前に派遣会社の担当者から「波がある」旨を念押しされていただけあって、忙しい日と暇な日の差がとても激しい施設でした。2 日連続で客数ゼロの日があり、その翌日は修学旅行の学生が入るため客数170名など、本当に極端でした。客数が多い日はそれに比例して勤務時間は長くなりました。客数がゼロの日も、前日の片付けや翌日の準備、また普段できない清掃などのため出勤していました。

一日の勤務時間が8時間を超えた場合もしくは、日曜を起算とし、一週間の勤務時間が40時間を超えた場合は残業扱いとなります。他の多くの職場と同じく25%の割増賃金となるため、残業分に関しては 1250 円です。私が赴任していた期間は、閑散期の少し前、紅葉のきれいな時期であり、テレビの旅番組などでも取り上げられていました。さらに修学旅行シーズンだったため、毎日かなり忙しかったです。

一日8時間を切ることはあまり無く、もっとも長い日で14時間勤務となったこともあります (午前6-12の6時間+午後15-23時の8時間) 。1000円×8時間に加え、1250円×6時間なので、15,500円稼いだことになります。

この時期、スタッフが病気や期間満了により退職したため、全員が長時間勤務を強いられる形となっていました。11時間以上の日は数回ありました。

休憩時間に関して少し触れます。上記の勤務時間内で、宿泊客の朝食の片付けのあと、毎日30分ほど朝食時間を兼ねて休憩を取るのですが、その分は差し引かれませんでした。勤務中として扱われ、時給が発生します。

休憩時間の扱いに関しては、赴任先によって異なり、自動的に15分~1時間引かれるか、取得した分を自己申告することがほとんどです。ここでは実際の休憩時間に関わらず差し引かれないということでしたが、これらは求人票には明記されない部分で、担当者に尋ねても不明な場合があります。

もちろん赴任後には担当者から伝えられますが、あらかじめ知っておきたい場合は担当者から赴任先に問い合わせをお願いしてもいいと思います。回答には数時間から最長で数日かかる場合もありますので、不明点はなるべくまとめて一回で確認した方が双方の時間のロスを防げます。

当勤務地は、仕事内容は難しくないものの、長時間の拘束という肉体的疲労、館内に住み込みということによる精神的疲労 (館内放送が聞こえる、冷蔵庫や電子レンジが厨房内にしかないなど)がありました。

19日という短期だったのでなんとか耐えられました。2週間の勤務には、当然観光という目的も含まれていたため、稼ぎたい気持ちはもちろんありましたが、それ以上に休日が待ち遠しくもありました。日光は日本有数の観光地で、名所がたくさんあります。ここへリゾバに来た目的の何割かは日光の美しい景色を見ることです。

しかし、繁忙期と人手不足、私以外のスタッフが素早く動けない高齢の方ばかりということが重なり、たとえ客数がそれほど多くなくても休みはもらえませんでした。勤務期間が終わろうかというある日、思い切って社長に休日をお願いすると、翌日と翌々日にそれぞれ半休ずつもらえることになりました (旅館やホテルでは職種にもよりますが、経営形態上丸一日の休みを取ることが難しい場合があります。

宿泊客は午後から翌朝まで滞在するため、それに合わせた人員の確保が必要となるからです。丸一日の休みがほしい場合、連休をとる必要があるところもあります。また、当日予約の可能性がある宿では、当日の朝まで出勤の有無が決定せず、予定が立てにくいなどのデメリットがあります。どうしても外せない予定がある場合は、できるだけ早めに希望休を申請する必要があります) 。

その2日間はお天気にも恵まれ、有意義に過ごし、残り数日間を乗り切るためのエネルギーを取り戻すことができました。

%e6%97%a5%e5%85%89%e9%a7%85%e3%81%9d%e3%81%af%e3%82%99%e3%82%92%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e3%80%82%e6%99%b4%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%97%a5%e3%81%af%e3%81%a8%e3%81%a6%e3%82%82
日光駅そばを流れる大谷川。晴れた日はとてもきれいに見える。
 
 
%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%89%e5%a4%a7%e7%80%91%e5%b8%83%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%80%81%e8%8f%af%e5%8e%b3%e3%81%ae%e6%bb%9d%e3%80%82%e5%a4%a7%e8%bf%ab%e5%8a%9b
日本三大瀑布のひとつ、華厳の滝。大迫力!
 
 

そして最終日、その日は午前中までの勤務という契約でしたが、どうしても夕食の際の人手がほしいと言われました。正直もう十分働いたという気持ちでしたが、観光もできたし、どうせこの日は雨で出かけるにはイマイチな日だし、飛行機も翌日の夜の便でしたので、働くことを了承しました。

出発日の朝、簡単に挨拶を済ませ、日光駅行きのバスに乗り、東照宮に寄り道して空港へと向かいました。

以上が日光でのリゾバ体験です。

滞在中の19日間で私が稼いだ金額は172,312円。ここから税金などが差し引かれ、手取り額が決まります。派遣会社によって社会保険その他に関する規定が違ってくるため、気になる場合は就業前に確認しましょう。

また、多くの就業先で勤務期間の延長、直接雇用を打診されると思います。時給はほぼ間違いなく上がりますが、派遣ならではのメリットが失われる可能性もありますので、よく考えてから返事をした方がいいです。

当勤務地では、長期で働いてほしいのはもちろん、関東を訪れる機会があったら、交通費 (東京からだと約7000円かかります) を支給するから週末などの 2~3日だけでも観光ついでに来てほしいと言われました。友人同士も歓迎とのことでしたので、一応連絡先をもらっておきました。今後、日本一周などをする時、途中でふらっとお金を稼げる場所があるのは心強いとも思いました。

今回は、海外留学に出かける直前の数週間を利用したリゾバでした。成田までの往復は元々決まっていたので、そこからあまり遠くなく、短期 OK、かつ交通費を多めに支給してもらえるという条件で探しました。

2週間から勤務可能で、交通費一律2万円支給というところが決め手でした。3ヶ月以上働けるなら、ほとんどすべての勤務地に申し込むことができます。ビーチリゾート、スキー場、温泉地・・・希望にマッチする条件がきっと見つかります。留学直前の最後のひと稼ぎにもリゾバは最適と言えるかもしれません。
 
%e6%99%ae%e6%ae%b5%e3%81%ae%e6%95%a3%e6%ad%a9%e9%81%93%e3%80%82%e8%89%b2%e4%bb%98%e3%81%8d%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89
普段の散歩道。色付き始めの紅葉。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る