フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学準備情報 > 【必須】海外旅行保険の加入について

留学準備情報

【必須】海外旅行保険の加入について

海外旅行保険への加入は基本的には任意となっております。しかしながら、学校によっては海外保険に加入していない学生の入学を認めないところも多々ありますし、弊社としましても、海外旅行保険への加入は皆様の安心と安全の為にも強くお勧め致します。

海外保険に加入されない学生の殆どが「怪我や病気をしなかった時が勿体ない」と言います。確かに特に医療機関を使わなければ勿体ないと感じるかもしれませんが、それはあくまでも結果論です。これまで海外旅行保険に加入されていない学生の方で、小さな怪我や病気で一時帰国し、そのまま留学を断念される方を多くいらっしゃいました。海外旅行保険に入っていない方の治療費は非常に高いので、怪我や病気をしてしまうと、一時帰国せざるを得ません。

また、海外保険に加入されていない学生の特徴として、怪我を恐れ行動範囲が狭くなっております。友達と遊びに行ったりするときも、「怪我をしたらどうしよう。。。」「物を盗まれたら。。。」など、常に不安な気持ちを抱えながら生活しています。果たして、このような気持ちでの留学生活は、仮に怪我や病気をしなかった場合であっても、充実していると言えるのでしょうか?

英語力の向上はもちろんですが、留学先の文化に触れ、それを受け入れ楽しむことも海外留学の醍醐味ですし、積極的に外に出て街を歩く事も貴重な経験と言えるでしょう。(ただし日中、複数人での行動を心がけて下さい。暗くなってからの一人歩きはフィリピンでは自殺行為です。)

これまでの事例で申し上げますと、

  • 現地で体調を崩した際キャッシュレスで診察・治療を受けられた。
  • 強盗に遭ってしまし、バッグやスマートフォンを盗まれたが補償された。
  • 災害でデジカメが壊れてしまったが補償された。

※現金の盗難やトランプ詐欺による被害等は補償されませんのでご注意下さい。(多額の現金を持ち歩かない、知らない人についていかないと言う予防を心がけるより他ありません。)

渡航先ではどんなに気をつけていても何が起こるかわかりませんし、海外医療費は非常に高額ですので、万一現地で入院や手術をした場合には、海外旅行保険費用の数十倍の費用がかかる可能性も十分考えられます。

必ずキャッシュレスサービスの付いている海外旅行保険にご加入の上、渡航されることをお勧め致します。(弊社のお客様の中には3,000万円の保険金が下りた方もいらっしゃいます。)

海外旅行保険のキャッシュレスサービスとは、病気や疾病の際の治療・処方・入院・手術等の費用支払に手出しが必要なく、保険証の提示だけで手当を受けられるサービスです。

保険手続きは留学エージェントに依頼した方が良い理由

海外旅行保険に関しては、キャッシュレスサービスであれば、原則どこの保険であっても構いません。

懇意の保険会社や希望する保険会社があればそちらをご利用頂いても構いませんが、万一のことを考えると、全ての留学事情が分かっているエージェントに連絡先を一つにまとめておくと安心です。

実際に以下のような事例がありました。

フィリピン4ヶ月+シドニー1年の留学予定

保険もフィリピン4ヶ月、オーストラリア1年でご契約

お客様がフィリピン3ヶ月目にて大きく体調を崩す

早めにフィリピンから日本へ一時帰国をして体調を整えてからオーストラリアに行きたいとご連絡がある

一時帰国中でも保険は使えるので安心してくださいと弊社からご回答

お客様が日本に一時帰国

思ったよりも容態が深刻だっため、自宅から病院に緊急搬送される

最初は一時帰国は1ヶ月未満だったが、予想よりも治療に時間が掛かりそうなため、保険の解約やオーストラリアへの渡航も考慮している状況

連絡先を一つにまとめれるメリット

・留学情報と保険の契約情報を弊社で一括管理しているため、今回お客様は弊社だけに連絡すればOKだった

→もし留学と保険が別々の場合には「学校の延期やキャンセルは○○です。」と回答しつつ、「保険は代理店△△に連絡してください」という対応にならざるを得ない。


・当該事例のお客様も連絡が一回で済んだ

→特に今回はお客様が大きく体調を崩している状態でしたが、プランの変更や保険の変更なども弊社に連絡するだけで全て対応ができ
ました。体調が悪いときやまさに入院している時に複数の担当者に電話をしたり、メールをするのは非常に大変です。


・お客様が具体的なアドバイスが受けれた

→学校の事情、ビザの事情、保険の事情が全部弊社で分かっていたため、具体的かつ的確なアドバイスがお客様にできました。また、今回のケースに関してはお客様は日本で保険を解約する形になりましたが、フィリピン滞在が原因でかかった病気については解約後も海外旅行保険で180日まで全額補償されると伝えて、お客様も安心して下さいました。


・保険会社への事故報告もできた

→通常は被保険者から保険会社に事故報告をしなければいけないのですが、今回は弊社にて事故報告も保険会社に行えました。(結果としてお客様の手間や労力を削減できたため、お客様も治療に専念できています。)


最終的にはお客様のご判断となりますが、より充実した海外生活を送るためにも保険への加入をお勧め致します。

弊社には海外保険専門のカウンセラーがいますので、海外保険に関してご不明な点があれば、いつでもご相談ください。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る