フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学準備情報 > 【みんなどうしてる?】フィリピン留学前の予防接種は必要?

留学準備情報

【みんなどうしてる?】フィリピン留学前の予防接種は必要?

国外へ行く際に気になるのが現地の病気です。海外へ渡航する国によっては予防接種が不可欠な場合があります。しかし、フィリピン留学前の予防接種は義務付けられてはおらず、予防接種するかしないかは個人の判断にゆだねられています。現地の留学先から予防接種を求められることもありませんので、いっさい予防接種を受けずに留学される方も多く居ます。健康に自信があるならばそのまま渡航しても問題ありませんが、心配なら万が一のことを考えて、日本で予防接種を受けておくことをおすすめします。

フィリピン渡航前に推奨されている予防接種は、狂犬病、A型・B型肝炎、破傷風、日本脳炎の5種類となっています。これらはすべてワクチンがあり、予防接種をしておけば感染を防ぐことができます。とくにフィリピンは狂犬病が多く、犬に噛まれた際は感染のリスクがあります。現地の病院で診察してもらうことが無難ですが、犬に触らない、不用意に近づかないようにすれば感染のリスクを減らすことができます。また、蚊を媒介にしてデング熱を発症することもありますが予防接種はありません。感染のリスクを下げるなら、虫除けスプレーなどを使うようにしましょう。

フィリピンは衛生面で日本とは事情が異なるため、病気を予防するなら生の水は口にしないのがおすすめです。その都市や住むことになる地域によって異なりますが、殺菌されていない水や、飲料用として売られている水でもウイルスが混入していることがあり、予防接種で防げるA型肝炎やB型肝炎は、これらの飲料水を通して感染することがあります。水を口にするときには加熱殺菌をすれば感染リスクを減らせます。生物を口にするときも、不衛生なお店では飲食しないよう気をつけましょう。

意識しておけば感染リスクを減らせる病気が多くありますが、日本の医療機関で受けられますので、念を入れて予防接種を受けておくこともひとつの選択肢です。予防接種にかかる料金は種類によって変わりますが、病院により受けられない予防接種もあるため、事前に問い合わせておきましょう。地域の基幹病院や、市の中心部にある大規模な病院であれば、ほぼすべての予防接種が受けられます。色々な種類がありますが、最低限狂犬病の予防接種だけでも受けておけばフィリピン留学時のストレスを大きく減らすことができます。動物の多い農村地域へ留学するなら、狂犬病の予防接種は受けておくことをおすすめします。(万一現地で噛まれたら、追加ワクチンをすぐに打たなければなりません。予防接種だけでは発症しますのでご注意下さい。)

尚、2014年からフィリピン型の麻疹も流行しておりますので、こちらも余裕があれば予防接種をご検討下さい。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る