フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > お知らせ&更新情報 > NZ DynaSpeak 藤田様来社のご報告

お知らせ&更新情報

NZ DynaSpeak 藤田様来社のご報告

2015/06/26 11:58:10

ニュージーランドDynaSpeak校藤田様が弊社オフィスに2015年5月にいらっしゃいました。
伺いましたお話を紹介させて頂きます。

学校の最大のアピールポイントは会話集中型カリキュラムとなっております。

会話集中型カリキュラムについて

  • 会話集中型カリキュラムはフルタイムフレーズ1とフルタイムフレーズ2、パートタイムフレーズ1にわかれています。
  •     

  • フルタイムフレーズ1は初心者から参加可能ですが、レベルによってカリキュラムの内容や流れが異なります。
  • 授業は主にメインストリームと選択クラスにわかれています。メインストリートではカランメソッドを取り入れ、9名以下の少人数クラスで徹底的に話す力を養います。そして、その後の選択クラスの中でさらに強めたい文法や発音などのレッスンを受けていくことになります。このメインストリートと選択クラスの内容はリンクしているので、確実な成長を促すプログラムとして人気です。

  • フルタイムフレーズ2はフルタイムフレーズ1を12週間受講後もしくはアッパーミディエイトレベルにいる生徒が受けることが出来ます
  • パートタイムフレーズ1は自分で基礎の勉強ができているなら、誰でも受けることが可能ですがレベルが高いため注意が必要です。主に既に現地で働いているワーキングホリデーの方が受講される傾向にあります。
  • 人気の会話集中型カリキュラム以外にも次のようなプログラムがあります。

  • フリーダムプラン
    一般英語を学びながら、3週間に一度、履歴書の作成などのカウンセリングサービスも行ってくれる内容です。
    もちろん、カウンセリング時以外でも、講師と生徒の距離が近いため、レジュメ添削なども気軽にメールなどで対応してくれています。

    学校の基本情報

  • クイーンストリート校のキャンパスはケンブリッジ試験会場にもなっています。当校でのケンブリッジ試験は紙ペース、パソコンベースの両方での受験が可能ですが、最近は結果がはやいパソコンベースが人気です。
  • DynaSpeakは留学生を受け入れているのはクイーンストリート校のみですが、実際には他にもキャンパスは4つ有する公立の語学学校であり、信頼性が高いことも特徴です。またクイーンストリート校の8階は留学生専用フロアで他にも受付やスタッフルーム、ドメスティック生徒用の教室や会議室などビルの4フロアを広く校舎として利用しています。
  • 毎週金曜日は全校生徒出席で卒業式開催し、マオリ語の歌を聴いて、卒業生はスピーチを発表します。(任意発表)
  • English Only Policyは採用してませんが、生徒はみな自主的に校内では英語を話しています。
  • 入学初日から2週間以内には学習目標の確認を含め、カウンセリングが実施されるなど細かい生徒へのケアも特徴です。
  • 日本人スタッフ以外にも、ヘイリーさん(10年日本滞在歴あり)という日本語ぺらぺらのネイティブスタッフもいるため安心です。
  • ニュージーランド留学について

    • マイペースに学べるニュージーランドでは誘惑も少なく、集中して英語が学べる。
    • 世界的にみても教育水準が高い風土。
    • 14週間以上コースを受講する学生ビザでは、30歳以上でもワークパーミットが下りる。
    • (ワーキングホリデーホリデーのチャンスを逃した方でも海外で就労の機会を持つことができます!)※ただし国が認めるカテゴリー1に属する学校のみ※

    • 日本食レストランでも高い英語力が求められるため、お仕事探しは簡単ではないですが、その分英語力が伸びます。
      (韓国人が日本語勉強のために日本食レストランで働きたがる傾向があるため)
    • 延長される人も多い
    • 冬も冷え込まないから、過ごしやすいですが、日本人には冬場、コートは必要。
      (物価は安い方ではあるけれど、円安の時期は日本から持ってくるのがオススメです。)
    • 自国の企業が優先される国土
    • 世界一のカフェを決めるというイベントでオークランドのカフェが一番になった程カフェ文化が盛ん

     

    こちらの学校は、向上心があって、とにかく話せるようになりたい人におすすめします!

    学校の紹介は以上となりますが、この学校やニュージーランド留学についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、お気軽にお尋ねくださいませ。
    弊社ニュージーランド専門サイトもあわせてご覧ください!!

    資料請求はこちらから


    ページ上部
    へ戻る