フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン語学学校選びノウハウ > フィリピンの学校選びのポイント

語学学校を選ぶその前に。

フィリピンの学校選びのポイント

フィリピン留学において、学校選びは非常に重要です!
なぜなら学校は、英語の勉強をするためだけの場所ではなく、生活すべてを費やす場所だからです。

オーストラリアやカナダの場合、学校寮で生活する人は稀で、基本学校は、純粋に英語の勉強をするためだけの場所です。
しかし、フィリピン留学は、かならず自分が通う学校寮に入る必要があります。

食事、宿泊先などのすべてが、選んだ学校で決まります。

「授業は良かったけど食事が・・・・」や「学校の周りに何もなくて不便だった・・・」など、授業のクオリティ以外の面も踏まえて学校選びを行っていくことが、フィリピン留学の場合、大事になってきます。

学校数も多いですし、学校選びで迷われている方は多いのではないでしょうか?
そのような方の悩みが少しでも改善できるように、学校選びのポイントを4つにまとめましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います!

学校選びのポイント1 ~授業料の違いに関して~

まず、フィリピン留学の特徴として最初にお伝えしたいのが、他国に比べ授業料が極端に安いことが挙げられます。

オーストラリア、カナダなどであれば、一か月の授業料が10万円~15万円程度なのですが、これにプラスして、食費代、宿泊代などがもちろん掛ってきます。(一か月10~15万円程度)

フィリピン留学の場合、10~15万円で一か月分の授業料、宿泊代、食費代(3食)がすべて含まれています。

フィリピン留学はどの学校を選んだとしても、他国の留学に比べれば激安だと言えます。

ただそうは言いましても、学校によって多少料金が変わってきます。

出来るだけ安い学校がいい! そう思うのは皆さん同じだと思います。しかし、なぜ安いのか? ここを知るのが重要です。

授業料の違いが生まれる理由は、大きく分けると2点挙げられます。

まず、1つ目は学校の所在地です。

日本で想像してもらっても分かるかと思いますが、都会と田舎では土地の値段が違います。当然、物件を借りる時の料金も、都会は高くなってきます。

フィリピンで言えば、セブは都会の方になってきますので、他地域に比べると若干料金が高く設定されています。

2つ目の理由ですが、学校設備や教師の数、質による違いです。

学校のクオリティを上げるためには、教師の人数を増やしたり、建物を綺麗に保つための管理費などが必要になってきます。当然、これらの経費は学校が支払っていきます。

学校のクオリティを上げようとすればするほど、お金がドンドン掛ってきてしまうわけです。

お金が出て行くばっかりでは、当たり前ですが学校が潰れてしまいますので、この分を生徒さんにも負担してもらうしかありません。

安い学校は、できるだけ人件費、管理費などを削減することによってお客さんに安く提供できるようになっています。

ですので、「安くて、学校の施設も綺麗で、先生がたくさんいる学校を紹介してください!」というのは、厳しい条件になってきます。

授業料の違いには理由があることを理解すれば、今後の学校選びも少しはスムーズになるかと思います。

学校選びのポイント2 ~学校寮、食堂に関して~

冒頭でも少しお話させて頂きましたが、フィリピン留学の場合は、必ず通われる学校の学生寮に入らなければいけません。

他国ではあれば、ホームステイやシェアハウスなどで生活される方が多いですが、フィリピンでの住まいは学生寮のみとなります。

ですので、フィリピン留学の学校決めの場合、学校の施設や学校食堂の評判なども選ぶポイントになってきます。

学校に通う期間は、食事が口に合わなくても、学校施設に不満があっても必ずそこに住まなければなりません。

オーストラリア留学であれば、「ホームステイ先の人とちょっと合わない。。」や「シェア先が思った以上にきたない。。。」となった場合でも
引っ越しすれば解決する話ですが、フィリピン留学の場合、学校まで辞めなくていけません。

授業の評判だけで学校選びをする他国に対し、フィリピンは授業も含めた一日の生活環境で学校選びを行っていかなければならないのが、他国との違いであり、ポイントだと思います。

授業料が同じくらいの学校で悩んでいる方は、学校施設の評判などで決めていかれると良いでしょう。

 

学校選びのポイント3 ~部屋の人数に関して~

行きたい学校が絞れてきたら、最後は何人部屋で生活していくのか決めなくては行けません。
もちろん、1人部屋が一番料金が高く、人数が増えるにつれて安くなって行きます。

お勧めしているのは、1人部屋もしくは2部屋になります。

これには、理由があります。

フィリピンへ留学に来られている生徒さんで最も多い国籍は韓国です。フィリピン留学の7割~8割は、韓国国籍の方になっています。

授業はマンツーマンレッスンなので、国籍バランスは関係ありませんが、部屋の中の国籍バランスは少々気になるところです。

7割から8割は、韓国の生徒さんですから、同じ部屋には当然韓国の生徒さんとなる可能性が高いです。

1人部屋の場合、誰にも気を使うことなく自分のペースで生活できますので、一番快適かと思います。

2人部屋の場合は、韓国の生徒さんとの一緒の部屋になると思いますから、部屋の中でもお互い英語を使ってコミュニケーションをとって行くことになります。

授業以外でも英語環境を作れるという点が、2人部屋のメリットだと思います。

それではあれば、2人部屋以上は全部英語環境では??と思った方もいるのではないでしょうか??
ここは少し注意点があります。

3人部屋の場合、日本の生徒さん1名、韓国の生徒さん2名となります。
4人部屋は言うまでもありませんが、日本の生徒さん1名、韓国の生徒さん3名ですよね。

人数が増えれば増えるほど、部屋の中では英語ではなく、韓国語が飛び交うようになります。。。
やはり母国語が通じるのであれば、授業以外は英語ではなく母国語でお話するのは仕方のない部分だと思います。

3人以上の部屋を選ばれる際には、上記で説明したリスクは予め覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

学校選びのポイント4 ~学校のお申込み時期に関して~

これは学校選びのポイントではないですが、学校を選ぶ前に知っておいてほしいことになります。

フィリピン留学の場合、学校寮が満室の場合は入学を断れます。人気校になると3~4か月前まで予約でいっぱいという時期もございます。

せっかく色々調べて学校を決めても入学できなければ意味がありません。

出発予定日まで余裕がある方は大丈夫ですが、3か月以内の出発をお考えの方は、まず学校寮の空室確認を行った方がいいかと思います。

私たちにご連絡して頂ければ空き状況の確認をすぐに致しますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る