フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > アイルランド > ビザ(アイルランド) > 2016年度アイルランドのワーキングホリデービザ申請方法について

2016年度アイルランドのワーキングホリデービザ申請方法について

アイルランド

アイルランドは、英語圏のワーホリビザがある国の中では、一番日本人が少なく、ビザ取得も楽なので、穴場といえるかもしれません。

2016年度ビザ応募資格 (日本国籍の方が対象です)

1.現在日本に居住していること(申請時を含む)

2.一定期間(最長 1 年)アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること。

3.申請書受理時点で、年齢が 18 歳以上 30歳以下であること。

4.扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと。

5.有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金を保持していること。

6.アイルランド滞在中、宿泊費等を含めて生活に必要な資金を有すること。
 ※50万円以上の本人名義の残高証明が必要です!

7.以前「ワーキング・ホリデープログラム」でアイルランドへ渡航した経験がないこと。

8.健康かつ、犯罪歴が無いこと。

9.医療保険に加入すること。

申請時期について・2016年度

アイルランド大使館では、年に数回ワーキング・ホリデー・オーソリゼーション
(許可証)を発給します。申請書は申請受付期間外には、受領いたしません。

第一期申請受付期間
<2016年8月31日以前のご出発を希望される方対象>
2016年1月1日(金)~1月31日(日)(当日消印有効)

第二期申請受付期間
<2016年8月31日~2017年2月28日までのご出発を希望される方対象>
2016年6月1日(水)~6月30日(木)(当日消印有効)

以前との変更点

2015年第2回申請時より、必要な書類は原則として変わりませんが、申請手順が変更となりました。
初めに申請書のみをEメールで大使館に送付し、履歴書、残高証明、卒業証明などは、審査に受かった後に航空券や保険証などと一緒に提出となります。

こちらのアイルランド大使館のウェブサイト https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/ より、申請書をダウンロードして手続きを行って下さい。

その他、必要書類などをすべて用意して頂きまして、アイルランド大使館に郵送します。 申請費用は無料です。

尚、申請に必要な書類も上記のウェブサイトよりご確認いただけます。

弊社では、アイルランドのサポートも行っております。

学校や滞在先の手配が可能ですので、お気軽にご相談下さいませ!

アイルランドの語学学校紹介は、こちら

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る