フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > オーストラリア > 学校(オーストラリア) > UITメルボルン校のコースに関して教えてください。

UITメルボルン校のコースに関して教えてください。

メルボルンにある専門学校付属のUniversal Institute of Technology(UIT)校でよく質問頂くコースに関してご案内させて頂きます。

EALコースについて関して

EALコースは、英語を勉強したいけれども日中は仕事をしており通常の一般英語コースに参加できない学生向けのコースです。授業は夜間と週末のタイムテーブルがあり、項目に沿った教材プリントを元に、単語の意味の確認、その単語を使用した文章を2人1組のペアワークで作成していきます。コースのイメージとしては英語塾になります。オーストラリアでの留学スタイルは人それぞれあり、日中のお仕事をメインでしながら学校にも通いたいという方も多くいるため、留学スタイルに合わせたものとなります。ゴールドコーストやシドニーにEALコースを持つ学校がいくつかありますが、どこも英語塾といった区分けになるのが一般的です。

UIT校の一般英語コースですと毎日、同じクラスメイトでユニットごとに進んでいくので英語の伸びは断然早くなります。英語力アップのためにはまず一般英語コースへの受講がお勧めとなります。

TESOLコースについて

CertificateIV in TESOL
8週間のコース編成です。入学条件はIELTS5.5以上またはUITレベルチェックテストでアッパーインターミディエイト以上、スピーキングテスト合格、満たない場合は必要英語コース受講後コース開始となります。TESOLは英語を教えるコースですので、特にWriting,Grammarのスキルが重要となります。第二言語の教授のため多文化理解の重要性なども学びます。授業外の時間にはUITの英語教師のクラスを観察する時間もあり、経験豊富な教師のスキルを盗むと同時に生徒さん自身が実際に模擬授業をする時のアイデア作りの参考となります。模擬授業では実際に興味を引く授業を自分で組み立てる準備期間があり、クラスメイトと話し合いながらフィードバックをしあいオリジナルの授業をつくります。

CertificateIV in TESOLは8週間で取得できることから、ワーキングホリデーの方にも人気のコースです。ネイティブの生徒さんからの人気もあり、互いに刺激しあい、レベルの高い授業を受けることができます。またUITのTESOL教師は経験豊富で、生徒が楽んで学ぶことをモットーにしているため英語の教えることの楽しさや素晴らしさを教師の指導からも感じ、学ぶことができます。現在の国籍としては、韓国、コロンビア、日本、NZやオーストラリアからのお申し込みがあり豊かな国籍バランスとなっております。メルボルンでも開講している少ない学校の一つで、2ヶ月ごとに入学日があります。

Graduate Diploma of TESOL
52週間のコース編成です。入学条件はIELTS5.5以上またはUITレベルチェックテスト、スピーキングテスト合格、満たない場合は必要英語コース受講後コース開始とCertificateIV in TESOLと同様とはなっておりますが、スピーキング、ライティングはアドバンスレベルを求められます。CertificateIV in TESOLの内容を更に密に学ぶ内容です。アカデミックな内容も増えるので、EAPコースに参加し英語レベルに磨きをかけます。このコースでは、授業観察の他に実際にUITの教師を専攻する際のJOBインタビューに参加することもあり、教えるだけでなく、教師の管理体制等に関しても学ぶ機会があります。UITのGraduate Diploma of TESOLを卒業すると入学テストなしでQUT(クイーンズランド大学)にて1年の勉強後、修士号を取得も可能です。(日本、その他大学の卒業証明要)ネイティブの学生や、オーストラリアに長く住み英語も堪能な方が学んでおり英語教師として
キャリアを考えている方にお勧めです。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る