フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 準備 > 荷物 > フィリピン留学女性(男性)のための荷物リスト

留学FAQ

フィリピン留学女性(男性)のための荷物リスト

outreach_1

フィリピン各都市には大型ショッピングモールがありシャンプーやリンス、タオルや下着、などたいていのものは購入することができます。

dsc08536

ショッピングモールにはGAPもあります!

dsc08531

世界的に有名なファストファッションTOPSHOPもあります!

dsc08533

本物の資生堂のコスメショップもあります!

dsc08548-1

日本の食品も高いですが買えます!

ただ女性にはこだわりのものや日本品質でなければダメなものがたくさんありますよね。ここでは女性目線からフィリピン留学で必要だったものやフィリピンで購入できたけど粗悪なものだったものを紹介させていただきます!

もちろん男性にも当てはまるものがたくさんありますので参考にしてください。

※ここの荷物リストには留学で当たり前のものは記載していません。基本的な持ち物は下記のサイトをご参考ください。

留学準備リスト

▼虫よけスプレー
フィリピンでも購入できますが、においがきついものや肌あれが心配なものなどがあります。やはり肌に塗るものなどは日本製が一番です。フィリピンは南国の国になるので、どの学校にも虫が出ます。特に蚊には伝染病も含め注意が必要です。

※学生寮内は火気厳禁になりますので、蚊取り線香などは使用できない場合があります。下記のようなスプレー型がおすすめです。
持ち運び持ち運びに便利なものであれば、お部屋内や野外、旅行先でも使用することができます。

おすだけノーマットロング スプレータイプ 300日分

▼ダニ取りシート
ダニの被害もお客様から報告されています。布団などは定期的に天日干しをしているのですが、雨季の雨が多い時期はどうしても虫の被害が出てしまいます。

トプラン ダニ捕りシートDX

▼日焼け止め
フィリピンでもコパトーンなどの海外製が購入可能です。フィリピンで購入して使用しましたが、、白浮きして、においもともてきつかったです。やはり日本製が一番です。フィリピンでは外に歩いているだけでもすぐに日焼けしてしまうので、少し多めに準備することをオススメします。

▼サングラス

トライシクル

フィリピンの日差しはとても強いです。また紫外線やほこりから眼を保護するにも移動中はサングラスの着用がおすすめです。

フィリピンでよく使用される移動車は窓がないものが多く、ほこりや日光が直撃します。安いサングラスでも大丈夫です。またフィリピンでも購入することができます。

▼使い捨てマスク
移動中の排気ガスを避けるため使い捨てマスクも役に立ちます。

▼化粧水・乳液など基礎化粧品
ほとんどの女性はこだわりものがあり、日本から持って行かれると思いますが、意外と化粧品などには消費期限があります。また冷蔵庫などの涼しい場所で保存しないといけないものは注意が必要です。学生寮のプライベートルームには冷蔵庫がある学校は少なく事前に基礎化粧品関係の保存方法はチェックしておきましょう。

またフィリピン留学中に小旅行に出かけることがあるかもしれません。トラベルサイズまたは小さい容器などを準備しておくと意外と便利です。

フィリピンでの移し替えのできる小さい容器は購入が可能ですが、粗悪なものが多く液漏れが酷かったです。

▼化粧品
フィリピンだからそんなに化粧しないだろうと思いますが、意外とみんなばっちり化粧をしています。特に韓国人学生などはしっかりとしていますので、日本人の方も準備していきましょう。またフィリピン人の先生もおしゃれが大好きなので日本人のもっている化粧品やグロスなどにとても興味を持ってくれます。

▼お肌用・オリーブバージンオイル
私も使用していたのですが、このオイルには蟻がたかります。とても驚いたのですが、天然もののオイルなどはジップロックに保存するなど注意が必要です。

▼歯ブラシ
フィリピンで購入できますが、海外製はヘッド部分が大きく日本の女性には合わないと感じました。私はフィリピンで子供用をわざわざ探して購入していたほどです。
また毎日使うものですし、頻繁に交換したい人もいますよね。やはり使い慣れたものを滞在期間分準備することをおススメします。

▼シャンプー・リンス

IMG_0048

ラックスやパンテーンなどの海外ブランドでしたらフィリピンで購入することができます。液体物ですし、重さもかさばるので、長期留学の方はフィリピンで買い足していくことをおススメします。ただ、、、同じラックスやパンテーンでもやはり海外もの、ものによっては日本では感じなかった頭皮の痒みなどが生じる場合もあります。肌が弱い方は注意が必要です。

▼除菌シートや除菌ジェル
外出時や手を洗えないときなどはともて便利です。

▼生理用ナプキン
フィリピンにも意外と多くの種類が売っていましたが、やはり日本のものが一番です。

▼ジップロック、チャックテープが付いた袋
小物の整理にとても便利です。食べかけのお菓子などにはすぐに蟻がよって来てしまうので、ジップロックに入れた保存が一番です。
わたしはトイレットペーパーをジップロックに入れて常に鞄の中に入れていました。学校や外出先でトイレにペーパーがないことが時たまあります。そんな時にとても便利です。

▼シャーペンの芯
これは男女共通ですが、フィリピンの芯はとても折れやすいです。かさばらないので芯だけは日本から持っていくことがいいと思います。

▼小さいショルダーバック

Horse Riding Activity Photo[10]

お財布、携帯電話、ペットボトルが入るくらいの小さ目のショルダーバックがあると外出時に便利です。ただ、、これはフィリピンで十分に購入できます。

▼折り畳みの傘
フィリピンは急なスコールなどがあり、意外と傘が役に立ちます!折り畳みの傘はフィリピンでも買えるのですが、、、高い割にとても壊れやすく、重いです。トランクに空きがあれば日本の折り畳み傘をもっていきましょう。

▼ラップタオル(着替え用タオル)

BLUEWATER MARIBAGO [Photo_01]

海に遊びに行こうと計画している方にはおすすめです。フィリピンのビーチには更衣室がない場合があります。またはとても簡素な更衣室か、、、、

そんな時、子供のころにプールなどで使用していた体に巻くことのできるバスタオルがおすすめです。
さまざまな場面で役に立ちます。

※バスタオルタオル類はフィリピンで購入すると比較的高いです。日本からは捨てても良さそうなタオルを準備しましょう。シャワー上がりのバスマットとしても使えます。帰国時はかさばるので捨ててもいいと思います。
ラップタオル(身体に巻けるタオル)

▼ビーチサンダル
こちらもフィリピンで購入可能なものですが、プールや海また学校キャンパス内でも頻繁に使用します。

▼タンブラー
こちらもフィリピンで購入可能なものですが、準備しておくと到着初日からウォーターサーバーのお水を使用することができます。

フィリピンはとても暑く、脱水症状になることもあります。授業や外出時にも鞄の中に入れることのできるタンブラーを準備しましょう。

▼耳栓

ハクボン3階4人 03

複数人数部屋に滞在される場合ルームメートのいびきに悩まされる方もいます。念のために耳栓を準備しておくといいかもしれません。

▼ユニクロライトダウンジャケット
特に6月~10月(雨季)にバギオ地域への留学に行かれる方にオススメです。バギオは標高が高い山の上にあります。昼と夜の気温差があり、夜はとても冷えます。

風邪を引かないためにも防寒着としてライトダウンがとても役に立ちました。また空港から学校の移動車の冷房や飛行機内、など折りたたんで鞄に入れてお行くと便利です。

セブ地域に行かれる方も寒さ対策用にストールやパーカーを手荷物に準備しておくと安心です。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る