フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 英語力アップ・英語勉強 > フィリピン英語って訛ってますか?はい、訛ってます。

留学FAQ

フィリピン英語って訛ってますか?はい、訛ってます。

これも良く頂くご質問です。

ズバリ!フィリピン人の英語は訛っています!論点のすり替えと言われたくないので、まずハッキリと断言しておきますね。

フィリピン人の英語は訛っています!(2回目)

どうしても気になるならYouTubeで「フィリピン人講師 英語」とかで検索すると良いです。複数の学校のフィリピン人講師の英語を聞くことが出来ますし、フィリピン留学のイメージもわいてきます。

douga

聞いてみられましたか?いかがでしたでしょうか?

思ったいたほど訛っていなかった?

めちゃクソ訛っている?

英語レベルがまだそれを判別出来る程ないからわからない?

ご意見は様々でしょう。

実際にフィリピン留学をされた方の大多数の意見は「気にならないレベルだった」でした。

動画を見ても、まだどうしても不安でしたら、フィリピン留学前にオンライン英会話を試してみて、フィリピン人英語講師の訛り具合を確認しても良いでしょう。オンライン英会話の講師はほとんどフィリピン人です。(人件費が安いので。)大体どこも無料体験レッスンが付いているので是非試してみることをお勧めします。出発前にフィリピン人の英語力やティーチング力、訛りを知るには良い機会だと言えるでしょう。

訛りはどこで学ぶかよりも、母語の影響を強く受ける

「フィリピン留学するとフィリピン人の英語アクセントがうつるんじゃないでしょうか?」

こう言う質問も多かったですね。この質問に対しては完全にNO!とは言い切れません。最初に誰から学ぶかで多少影響は受けますからね。

しかし訛りにおいてそれよりはるかに大きな影響を受けるのは母語です。

つまり、我々にとっては日本語ですね。

だからフィリピンで学ぼうが、イギリスで学ぼうが、カナダで学ぼうが、最初は必然的に日本語訛りの英語になります。(日本語訛りの英語はジャパリッシュ!なんて揶揄されます。)

仮にフィリピン訛りがうつるならば、母語の影響を強く受けた日本語訛りの英語よりもはるかにキレイな英語になりますので、うつった方が良いくらいでしょう。

そして発音をジャパリッシュから、よりネイティヴ発音に近づけたければ、「発音矯正」のコースに通わないとなかなか難しいと言えます。

イギリスに留学しようと、アメリカに留学しようと、半年〜1年程度留学や海外生活しただけでジャパリッシュから簡単に抜け出せると思っているとしたら甘いと言わざるを得ません。(一度でも海外留学の経験がある方なら100%同意頂けると思います。)

この発音矯正コースはフィリピン留学ではなかなかやっている学校はありませんが、欧米留学ではチラホラやっている学校もあります。発音矯正コースは鏡を持って口の形や舌の位置をチェックしながら、学校によっては泣く学生がいる程厳しく教えられることもありますが、その分効果てきめんです。

是非フィリピン留学後にもう1段階上の英語力をブラッシュしたいと思っている方には2ヶ国目の欧米圏ででそのようなコースを受講されるのもお勧めです。(フィリピンでは、選択授業の一環でTargetさんがやっています。)

訛りに対する考え方

さて、フィリピン英語は訛っていることを断っておいた上で、もう少し訛りに関する考察を掘り下げてみましょう。

例えば我々日本人は日本語ネイティヴですが、1億2000万人全員が訛りのない綺麗な日本語(いわゆる標準語)を話しますか?

そんなことないですよね?

東北の方は東北訛りが、九州の人は九州訛りが、関西は関西弁話しますし、四国や中国地方の方々だってその地方地方の訛りだったり、独自のアクセントやイントネーションがありますよね?

同じ関東だって首都圏と北関東だと違いはあるでしょう?

でも我々日本語ネイティヴであることは間違いないじゃないですか?

日本語だって、地方によって訛りって当然にあるわけで、ましてや英語はより広範囲で国だって違うわけですから訛りがあることはある意味当然です。

キレイな英語を学びたいと言うことでイギリスを目指す方も多いですが、そのイギリスだってあの狭い国土の中に南部、中北部、ウェールズ、北アイルランド、スコットランドと言う5つの方言や訛りが存在するのです。

イギリスにおける「標準語」は、容認発音(Received Pronunciation=RP)と呼ばれますが、実はこのRPを話すのはイギリス人口の2%と言われています。(Wikipedia参照

容認発音に関しては弊社の姉妹サイト留学@イギリスのページにも記載しております。ご一読頂けますと幸いです。

何もイギリスに限ったことではなく、発音が綺麗と言われるカナダだって地域次第で訛りやアクセントの違いは出て来ます。

単純にアメリカ英語とイギリス英語だって結構発音やアクセント、語彙だって異なることは皆さんご存知の通りです。

そもそも、全世界の英語を話す人口の70%は非ネイティヴと言われている現代で

「私はキレイな洗練されたイギリス英語のRPしかわかりません!」

とか

「アメリカ英語以外は英語じゃないので聞き取れません」
「フィリピン人の英語はわからない」
「インド人の英語はわからない」
「中国人の英語は聞き取れない」

なんて言っているようでは、このグローバル社会では「全く通用しない人間」と評価されるだけです。

入った会社の上司や取引先が決して綺麗で聞きやすい英語を話してくれるとは限らないですし、あなたが赴任したり生活する地域がキレイな英語だけで固められている環境と言う保証もありません。

上司が中国人だったらどうするんですか?
取引先がインドの会社だったらどうするんですか?

という話で。

色々な人種がいれば色々な英語があります。

そう言う環境に順応して行く為にも、「フィリピン人の英語は訛っている=ダメ」と言う考え方ではなくて、「訛っている英語さえも理解出来るくらいの英語力を身に付けるぞ!」と思考転換されてはどうでしょうか?

そもそも、英語力が高い人は「○○人の英語は・・・」なんてことは言いません。

逆に、十分な英語力が無い方に限って、自分の英語力の無さを棚にあげて「○○人の英語はわからない」としたり顔で言ったりします。(自分の英語力だってナンボのものなの・・・とこちらが恥ずかしい気持ちになります。)

こう言う発言は自己防衛本能の一種ですから、本人も悪気があって言っているのではないのかもしれません。

また、確かに国籍によっては聞き取りづらい英語と言うのは存在しますが、我々日本人だって聞き手に負担を与える英語(ジャパリッシュ)を話しているかもしれないと顧みれば、「○○人の英語はわからない」なんて傲慢な発言は口から出て来ないと思うんですよね。

英語は世界中の人々とコミュニケーションを取る為の言語であり、ツールですが、そもそもの考え方が相手のことを知ろうとする姿勢がなければ、言葉の勉強だけしたところで虚しいものではないでしょうか。

もはや、「訛りのない英語」と言う概念自体が時代遅れ感がありますし、実際にそのような環境のほうが圧倒的に限定されています。

外部環境を変えるのは自分の力ではどうすることも出来ませんが、内部環境を変えるのは自分の心の持ちようひとつです。

  • 相手の英語が訛っていても、それも含めて理解しようとする姿勢
  • どんな英語であっても理解出来るレベルの英語力を身に付けると言う熱意
  • そして自分自身も出来るだけ聞き手に負担を与えないよう発音矯正による自己研鑽に励む努力

多くの英語力アップされた学生さんを見ていると、上記のような心がけを持っているように思います。そして訛りや国籍なんて気にせずガンガン話している。

フィリピンの英語は当然訛っていますが、それも含めてこれからのグローバル社会で役立つ英語力や考え方を身につけられるポテンシャルを持っていると思います。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る