フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 現地生活 > ECCとはなんですか?

留学FAQ

ECCとはなんですか?

フィリピン留学で時折耳にするECCとは、正式名称を「Emigration Clearance Certificate」と言います。

ECCは2タイプあり、次のような違いがあります。

【 ECC-A 】
観光ビザなどの短期滞在用ビザ取得者が連続して6ヶ月以上のフィリピン滞在の後、海外へ出国する際に必要なもの
※6ヶ月は連続しての滞在を指すため、トータルの滞在が6ヶ月であっても1度フィリピン国外へ旅行などで出国された方は手続き不要になります。

【 ECC-B 】
労働ビザなど中長期滞在可能なビザを習得している方が一時的にフィリピン国外に出る場合に必要なもの

どちらのECCもフィリピン国内での犯罪履歴などがなく、出国しても問題ないことを証明するための書類で、ECC取得該当者の方は出国時にECCを取得していないと、パスポートや航空券を手配していても、飛行機に乗ることができません。

しかも、このECC取得は最低でも72時間(3日)前に済ませる必要があるため、未取得の状態で空港へ行ってしまうと、航空券が無駄になるだけでなく、さらなる滞在費用が必要となってしまいます。

日本から英語習得のためにフィリピン留学をしている生徒様の多くはECC-Aの取得になります。最初から語学学校へ6ヶ月以上の申込をしている場合は、学校スタッフからECC取得の指示があるかも知れませんが、24週間などお申込されていた場合でその後すぐに帰国せず、フィリピン国内を自分でご旅行されて出国される場合などは学校も把握できないため、指示をしてくれることはありません。そのため、不安な場合などは学校のスタッフに必ず相談するようにしてください。

■ ECC取得の流れ ■
以下の必要書類を持ってマニラもしくはセブにあるイミグレーションオフィスへ向かいます。その際、男女ともに露出の多いカジュアルな格好であると受付拒否されますので、ご注意ください。まず申請書を受け取り、必要事項を記載し窓口へと進みます。問題なければ、申請費用の支払い・指紋採取などに進みます。係員の指示があるので、それに従って手続きを進めます。

<申請時の注意>
窓口が混んでいる場合もあるので、時間に余裕を持って手続きを行なってください。セブでは約1時間程で取得できる場合もあるようですが、マニラでは1日と半日程必要になる場合もあります。
また申請は出国からひと月以内でなければ、手続きはできません。

<必要書類>
・パスポート原本
・パスポートのコピー(顔写真のあるページ、フィリピン入国日・ビザ延長のスタンプがあるページ)
・カラーの証明写真 3枚(2インチ×2インチのサイズで、背景は白であること)
・ACR-Iカード(外国人登録証)
・申請費用 500ペソ

<ECCの有効期限>
発行されたECCの有効期限は発行から1ヶ月以内です。また1度きりしか利用することはできません。

※フィリピンでは、急に申請費用や手続きの手順等がかわる場合がございます。ECC取得の可能性がある方は必ず、事前に手続きについては確認されることをオススメいたします。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る