フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 教師 > フィリピン人の英語の実力とは

留学FAQ

フィリピン人の英語の実力とは

2013年に行われたアメリカのGlobal English社の調査によると、世界でBEI(ビジネス英語運用能力)が最も高い国は、フィリピンという結果が出ています。
この調査は、職場における英語運用能力を測ったもので、1~10段階で評価されます。ちなみに、日本は4.29で、第50位です。
英語といえば、アメリカと思われるかもしれませんが、アメリカは移民の国ですので、場所や職場によっては英語が全然通じない(使われていない)、ということもあるのです。そのため、結果は5.23で第25位となっています。
対して、フィリピンは、世界第一位の7.95という結果が出ています。

Global English社の調査レポートはこちら

なぜフィリピンの方は英語が母国語でないにも関わらす、これほどまでに英語が出来るのでしょうか?
理由としましては、英語が少数民族同士のコミュニケーションの架け橋になっていること、国内に仕事が不足している為、海外のより賃金の良い国(アメリカ、カナダなど)で出稼ぎをする人が多いことなどが挙げられます。
実際、国民の10人にひとりが外国で働いていると言われています。

フィリピンは長くアメリカの植民地であったため、アメリカが導入した教育制度にのっとって、国語と社会はフィリピーノ語で、それ以外の教科は英語で教えられてきました。小学校から文法を学び、高学年にもなると分厚い教科書でかなりの文章量を読みこなすようになります。また、毎日目にしたり耳にしたりする、テレビ、映画、新聞もすべて英語です。映画は当然字幕なしです。
そのため、高校、大学まで進学されているフィリピン人は皆さん、英語が大変堪能と考えて頂いて良いでしょう。
フィリピンの語学学校では、こうした、いわば、エリートの方が先生として集まってきています。

百聞は一見に如かずですので、実際にフィリピンの学校で働いている講師の英語インタビューを見てみましょう。
こちらは、バギオにあるPINESという学校で働いている先生の動画です。

フィリピンの平均月収は、4万円程度ですが、外資系のコールセンターや、英語教師など英語を使う仕事は月収が高いので、人気の職業です。ちなみに、フィリピンにあるコールセンターの数は世界一と言われています。
高いといってもフィリピンの物価は、日本よりの半分くらいになりますので、
「格安で」「質の高い」授業を受けることが出来るのです。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る