フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 授業・コース > 8時間コース受講は留学の最初と最後どちらがよいでしょうか?

留学FAQ

8時間コース受講は留学の最初と最後どちらがよいでしょうか?

1日マンツーマン授業をしっかりと受けることが出来る8時間コースを取る最適なタイミングはお客様の学習スタイルや英語力によっても異なります。

例えば英語学習から離れていた学生様や学習全般から離れていた社会人の方が最初に8時間マンツーマンを入れることは効果的です。最初にしっかりと8時間学習することでフィリピン留学における時間の使い方や勉強の仕方が上手になる傾向にあります。ただ、この方法は一定レベルの基礎力が身に付いている方におすすめの方法でございます。

なぜかというと、基礎が出来ていない段階で8時間マンツーマンを受けても、学生様によっては予習復習が追いつかないこともあるようなのです。そうすると、わからないまま授業が進み、そのことが逆に不安になる方もいらっしゃるようでございます。

まず基礎力に不安があるという方であれば文法の基礎などをしっかり学んで頂き、留学期間の最後の方で8時間コースを受けて、総仕上げとされる方がよいかもしれません。この基礎固めはその後の学習も影響しますので、文法の基礎を固めることのできる文法コースがある学校であれば、そうしたコースを受けて頂き、通常のコース(マンツーマン5時間程度)そして、最後に総仕上げとしての8時間コースを受講されることがオススメです。

期間の最後に8時間コースをオススメする理由としては通常のコースにて一定期間学習された後は、ご自身で強化が必要なスキルがある程度把握できるようになっています。またワーキングホリデーなどで2カ国目がある方は、現地での受ける英語での面接対策や転職活動をされる方は英語でのスピーチなどその後の活動・目的に応じた会話練習を徹底して行うことが出来ます。

マンツーマン授業がリーズナブルな価格で受けることが出来るのはフィリピン留学の最大の特徴です。
是非、みなさまのご留学にこの特徴を活かしてみてください。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る