フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > 留学準備に関して > マニラのエリアについて教えてください。

留学FAQ

マニラのエリアについて教えてください。

フィリピンの首都は『マニラ』ですが、正式名称は『メトロマニラ』といいます。
マニラ市は、人口1555万人を支える、メトロマニラの中核都市です。その他には、12の市と5つの行政区域から形成されています。
かつて、スペインとアメリカにおよそ400年の間、植民地として支配されていた歴史があり、その面影は至る所に残っています。
現在は、歴史的な観光スポットとして人気です。また、繁華街も多く、いつも多くの地元住民と観光客で賑わっています。
学校は、治安面や環境を考慮して、マニラ市ではなく、周辺の都市にあることが多いです。下記に学校がある都市とエリアについてご説明させて頂きます。

ケソン市

ケソンケソン市はメトロ・マニラの中で一番大きな都市で、マニラからは車で約50分の距離にあります。比較的に新しくできた市であり、広大な面積が計画的に整備されているため、交通渋滞も少ないです。
もともとケソン市がフィリピンの首都だったため、政府の省庁の施設や大学などが多く建てられています。
ちなみにフィリピンの最初の大統領がQuezon氏であり、彼が建設した市なので、その名が付きました。
人工都市なので、他の都市とは全く雰囲気が違います。広々とした街中には、緑があふれ、整然とした雰囲気が漂っています。
教育都市ということで、治安も良く、広大な面積を誇るフィリピン大学もこの市にあります。

【このエリアにある学校】

    • C21  学校紹介ページはこちら
    • CNN   学校紹介ページはこちら

パシグ市

Oパシグ市はマニラ市の南西に位置し、空港からは30分程度の距離にある近代都市です。
マニラ湾に面する埋め立て地には、国際会議場や貿易センターなどの施設が立ち並び、多くのビジネスマンが行き来しています。
近年、この埋立地は拡張されて、SMモールなどの大型ショッピングセンターや、おしゃれなシーフードレストランができたり、マニラでの新しい観光スポットとなっています。
その中でも、オルティガスセンターと呼ばれるエリアは、ビジネス街として知られており、政府系の銀行や機関もここにあります。
治安が良く、徒歩圏内にコンビニやカフェ、レストラン、ショッピングモールなどがあり、大変便利な環境です。

【このエリアにある学校】

      • EIEN AE   学校紹介ページはこちら
      • EIEN JE    学校紹介ページはこちら
      • EIEN POWER   学校紹介ページはこちら

アラバン (モンテルンパ市)

SONY DSCパシグ市からさらに北にあるのが、モンテルンパ市です。空港からはおよそ20分程度です。そこに開かれた新興経済圏アラバンは、政治経済の中心地であり、豊かな緑に囲まれ、管理された街路樹・交通を背景にリラックスエリア、各種ショッピングモール群も配置されております。
マニラにいるとは思えないくらい、静かで人が少ないです。
アラバンには、ビジネスパークと呼ばれるエリアがあるのですが、ここには日系企業も多く拠点を構えているため、従業員の住む、高級住宅街やコンドミニアムが立ち並んでいます。
語学学校もこのエリアにあり、滞在先もセキュリティーがしっかりしている、治安の良い住宅街にございます。

【このエリアにある学校】

      • PICO   学校紹介ページはこちら
      • PPEA  学校紹介ページはこちら

 

マニラ地図

各学校の位置関係です。 クリックで拡大できます。

以上が、マニラにあるおすすめ学校のご紹介になります。
学校によって、授業内容や滞在施設は異なります。 ご自身の目的やご希望の条件から、学校選定についてアドバイスさせて頂きますので、お気軽に弊社スタッフまでお問い合わせ下さいませ!

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る