フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 授業・コース > スピーキングに特化した学校はございますか?

留学FAQ

スピーキングに特化した学校はございますか?

はい御座います。以下の学校は如何でしょうか?

TARGET

Reception

TARGETではSPEAKING MASTERコースを開講しております。

通常のESLコースがカバーするのはリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4つのスキルとなります。
しかしSPEAKING MASTERコースではSpeakingのみを扱うという、特殊なコースとなっております。よってバランスよく学びたい方にはおすすめできません。

SPEAKING MASTERコースはとにかく話すことを徹底して練習します。
また通常のESLコースが学生主導(学生の学びたい内容中心)のコースなのに対し、Speaking Masterはカリキュラム主導のコースとなっており、学生様には基本的にカリキュラムに沿って授業を受けて頂く形となります。

コンセプトと致しまして、簡単な単語と文法で可能な限り色々と説明出来る力を養う力をつける、ということでやっております。
英会話の瞬発力、表現力、正しい発音を特に意識したカリキュラムとなっております。対象となる学生は初級から中級者程度の語学力の学生となります。もしくは、TOEIC等で高いスコアを持っていても英会話に結びつかない学生も歓迎しております。
全体を通して集中力が必要な課題が多く、また宿題も毎日御座いますので(文法は基本的に宿題という形で行います)一日6時間と設定しております。

リーディングについてですが、こちらは読解力を鍛えるものではなく、正しい発音、抑揚をつけて文を音読し、また自分でリーディングマテリアルを書いて頂き(口語体)、それを繰り返し練習(講師により正しい表現、正しい文法に変換後)することで自分に取って身近な内容をすぐに話せるようになる、という方法を用いております。

また、多くの時間、学生は自分の声を録音したものを聞き、常に伸び具合を確認して頂きます。また、間違った文法で表現することがないよう、常に講師により手直しを受けます。

色々な課題を使い、徹底的に会話させる、というカリキュラムだと理解して頂けますと幸いです。

こちらも参考にしてください。

English Fella

キャンパス1(一般)

English Fellaでは徹底的に会話を鍛え上げたい方のためにパワースピーキングコースを用意しています。

クラシックキャンパスで開講しているパワースピーキングコース(ESL-6)では、1日マンツーマン授業が6コマあり、その内の3コマが英語を実用的に話せることに重点を置いたスピーキング授業が行われます。

当校では専門科目ごとに講師を採用しているため、各専門別にトレーニングを受けた講師によるレッスンを受けることができます。ライティングならライティング、スピーキングならスピーキングのクラスを専門としたスペシャリストによる授業が行われるのです。授業ごとに講師が入れ替わるため、1日平均6~8名の様々なアクセントや言い回しを習うことができます。

また、フィリピン人講師は月3回行なわれるネイティブ講師による講習を受けたり、月1回試験を受講したりと、講師の質に大変こだわっています。

CIJ ACADEMY

CIJ_外観
CIJアカデミーのパワースピーキングコースの特徴ですがやはり最大6時間のマンツーマン、そしてグループクラスでは最小の1対6でネイティブクラスを受けていただける事です。

フィリピン人の講師以外、ネイティブの発音にもふれられます。特に二か国留学(フィリピン+欧米)を検討されている方にはおすすめです。

マンツーマン授業の特徴ですが講師をチームわけしておりますのでスピーキング/リスニング、グラマー/ライティング、リーディング/ボキャブラリー専門分野に沿って学んでいただけます。

授業内容については、皆様の学びたいもの、ことがございましたら、事前にお伝えくださいませ。アレンジが可能です。

Philinter

Dormitory 3

パワースピーキングコースを開講しております。下記点を中心に行っていきます。

Vocabulary:話し合いの場でも通じる英語スキルが学べます。
Grammar:自然な正しい英語表現を学びます。
Listening:相手の話を理解し、それにあった受け答えができるように学びます。
Speaking:電話やショッピング等での日常生活の受け答えを学びます。

マンツーマンで練習したことをグループクラスに応用しグループ会話やプレゼンテーションまでできるようになるプログラム構成になっております。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る