フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > ハワイ > 学校(ハワイ) > ハワイ(留学)について教えて下さい。

留学FAQ

ハワイ(留学)について教えて下さい。

ハワイの概要

ハワイ州はアメリカ合衆国のハワイ諸島にございます。
日本とホノルル(ハワイ)との時差は、19時間で、日本の方が19時間進んでおります。
州都はオアフ島のホノルル市。

またハワイは本島よりも比較的差別が少なく英語ビギナーさんに対しても非常にフレンドリーに接してくれます。人が温かいのが特徴です。

ハワイの気候について

ハワイは熱帯性気候。
オアフ島の気候は温暖で大きく分けると4月から9月は乾季、10月から3月は雨季となります。
雨季であっても一日中降っているわけではなく、一日の中でも短時間のみです。雨季の朝晩は少し涼しくなるので羽織るものがあると良いです。
6-9月は特に暑くなりますが湿気が少ないため日本のような不快感はございません。

6-8月くらいまでは最高気温が約30度、最低気温が22度くらいで12-2月くらいまでは最高気温22度、最低気温は19-20度くらいとなります。

ハワイのビザ

滞在90日以内の際は、 事前にビザの取得の必要はありません。
ただ空路でお越しになる場合ESTA(エスタ)の申請が必要です。ビザなしの場合、学校は週に18時間未満、90日以内だけ通うことができます。
ビザについてはこちらもご参照ください。

ハワイの治安

アメリカ合衆国の中では安全な州といわれてはいますが、やはり最低限、それぞれ危機管理意識は持って頂きたいです。
観光客に人気のワイキキビーチがあるオアフ島が事件の起きやすい地域となります。
凶悪犯罪は多くはありませんが、一番多いものとしてスリや盗難。置き引きです。気をつけましょう。

参考までにNumbeoの犯罪レベルデータご覧ください。
ハワイVS ニューヨーク

物価

物価は東京と同じ~1割増程度です。
離島ですので、移送費などでコストが上がってしまうのが原因です。しかし、各地で定期的に開催しているファーマーズマーケットなどを活用頂くと、コストは随分抑えれれます。ワイキキの中心でも農家の方が販売される野菜・果物などを低コストで購入できます。

お水は500mlで$1前後。
サンドウィッチはハンドメイドのものですと$3、ABCマート(コンビニ)ですと$4程度ですので、
日本と大きくは変わりません。

都市

語学学校はワイキキビーチ周辺、アラモアナ、ダウンタウンに主にございます。

また観光スポットとしては、代表的なワイキキ(ビーチ)。

ワイキキからバスで1時間以内のカイルアビーチは全米で最も美しいとも言われるくらい綺麗なビーチです。
一生に一度は行ってみたい場所です。
よくこのカイルアビーチに住むことが夢としている現地人の方もいらっしゃいます。

他、ダイヤモンドヘッドパールハーバー

ノースの方は田舎ですがきれいなビーチが広がります。山のトレッキングが人気の場所です。

またショートサーフィンを楽しむ場合はノース地域をお勧めします。ロングサーフィンを楽しむ場合はワイキキビーチで毎日することができます。

ダウンタウンについてですが
ここはオフィス街で、日本人がほとんどいない地域となります。おしゃれな地元密着型のレストランも多数ございます。もし日本人が多い所が嫌だという場合はおすすめの地域となります。

ホームステイ先として多いハワイカイはワイキキビーチまで車で約40分位の準高級住宅地となります。
田舎ですがワイキキビーチまでのバスは海岸沿いを走り美しい光景をみることができます。治安は都市部に比べ比較的良いとされております。

交通手段

基本バス移動となります。月60ドル位あればどこでも行くことができます。

ハワイまでのフライト

日本からは直行便で大体7時間位、帰りは9時間程かかります。
2010年10月末からは羽田空港からもホノルル行の直行便が就航しており便利になりつつあります。

日系の航空会社ですとエコノミーでも各シートにモニターがついているので、かなり快適なフライトを楽しんで頂けます。

外資系ですとデルタは比較的新しい機材を利用していますので、こちらもおすすめです。またコスト重視であれば韓国系のキャリアも良いです。

ハワイでできること

ハワイではヨガ、サーフィン、ショッピング、フラ、インターンなどが可能です。

ヨガ

インターン

時期

ハワイは通年、多くの観光客で賑わいますが6月は特に良いシーズンだと思います。
花が咲いて、暑過ぎず、また観光客も多過ぎず、いつも以上に気持ちよく過ごして頂けます。
日本は梅雨ですから、さらに良く感じるのかもしれませんね。

留学費用について

留学費用について

おすすめ校

参考までにおすすめ校紹介させて頂きます。
Intercultural Communications College (ICC)

弊社オフィスにもご訪問頂きました。その時の様子はこちら

学校の場所はワイキキビーチからバスで約30分のダウンタウンにございます。
EOP(母国語禁止ルール)が厳しくルールを破ると罰金(実際はデポジットから引く)もあります。
ハワイでありながら厳しい環境でしっかり英語力を伸ばしたい!という方にはベストな学校となります。
またICCの特徴として、CELTAコースを開講している関係で現地アメリカ人の生徒様もいらっしゃいます。
さらにケンブリッジコースは定評があり現時点でもケンブリッジ検定合格率90%以上です。

一般英語はもちろんコースが多彩で長期受け入れもOK、さらにキッズから大人まで受け入れ可能です。

ICCのスタッフHIROMIさんからのメッセージ

楽しく、確実な英語力のUPをICCはお約束致します!
美しい海と山々、あたたかい人々に囲まれ最高の環境の元、勉強して頂けるのがハワイです。中でもICCハワイは25年の長い歴史を持ち、経験豊かで実績のある講師が生徒さんのお越しを笑顔でお待ちしております。

アクティビティも多数充実する他、3か月に1回のポットラック(昼食会)を行い、レベルに関係なく生徒さんが触れ合える機会を提供しています。

ICCハワイで一生役に立つ英語力をGET!
そして世界中から訪れる生徒さんとの国際コミュニケーションを楽しみましょう!

CIJ3

写真はICCスタッフHIROMIさん

ご案内は以上です。ご不明な点ございましたらお気軽にお尋ねくださいませ。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る