フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 準備 > 手続き > 15歳未満の未成年者の単独留学は可能ですか?

留学FAQ

15歳未満の未成年者の単独留学は可能ですか?

dscf3155-1

近年、心身ともに成長段階にある中学生・高校生のフィリピン留学も少しづつ増えています。

フィリピン留学をいち早くはじめた韓国では小学校から留学するプログラムが組まれている学校も既にあるのです。

日本でも小学校の英語教育本格化に伴い、そうした需要が伸びてくると思われます。

そこで、15歳未満のお子様が単独でフィリピン留学する際の注意点をご案内いたします。

フィリピンではフィリピン国籍をもたない未成年者単独のフィリピンへの渡航には「WEG申請」という手続きが必要となります。

この申請手続きはフィリピンへ未成年者が単独渡航もしくはご両親以外の同行者と共に渡航する際必要となる手続きで、以下の書類を日本のフィリピン大使館へ提出します。親御様が直接大使館へ行かれる必要がございます。

但し、申請書類があったとしても航空会社によっては出国を拒否する場合がございます。
この件に関しては弊社も学校も責任を負いかねますのでご了承くださいませ。ご自身で航空会社へご確認をお願い致します。

WEG申請に必要な書類

  • 扶養・保証の同意宣誓供述書の原本1部+コピー1部(フィリピン大使館HPよりダウンロード)
  • 英訳された渡航されるお子様の戸籍謄本(原本1部+コピー1枚)
  • 渡航されるお子様のお写真(パスポートサイズ:4.5cm X 3.5cm) (2枚)
  • 渡航されるお子様の有効なパスポートのコピー (2枚)
  • 供述書にサインをした親のパスポート(写真のページ) (原本提示+コピー2枚)

WEG申請に必要な費用

  • 認証料金: US$ 25
  • 照合料金: US$ 25
  • 合計 :US$ 50

申請の詳細についてはこちらをご覧くださいませ。
フィリピン大使館HP
http://tokyo.philembassy.net/ja/consular-section/services/visa/waiver-of-exclusion-ground-weg/

なお、航空会社によっては1人で渡航する際のサポートを行っているところもございます。移動について心配される場合には、このようなサービスを活用するのもよいと思います。

航空会社の非同伴小児(Unaccompanied Minor)関連サービスについて

※申請内容や提出書類は予告なく変更されます、最新の情報あ必ずフィリピン大使館に確認をお願いいたします。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る