フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 国籍・年齢層 > 日本人が少ない学校教えて下さい。

留学FAQ

日本人が少ない学校教えて下さい。

trip18

以下学校が比較的日本人の生徒様が少なめとなりますので参考にしてみて下さい。

尚、時期により比率は変動しますので目安として頂ければ幸いです。
最新情報は弊社までお気軽にお問い合わせください。

日本人比率のデータも参考までにご覧ください。

セブ

今現在 133名 (韓国人  120人 日本人 11人  中国人 2人)で、
年間を通して平均・目安の国籍バランスは、韓国人 70% 日本人 25%  中国人 5%となります。

【 スパルタキャンパス Sparta 】

韓国学生約  55%
日本人学生約 20%
中国・台湾  15%
ベトナムなど東南アジア圏 5%
ロシア、その他 5%

【 クラシックキャンパス Classic 】

韓国学生約  50%
日本人学生約 30%
中国・台湾  10%
ベトナムなど東南アジア圏 5%
ロシア、その他 5%

【 キャピタルキャンパス Capital 】

韓国学生約  40%
日本人学生約 40%
中国・台湾  10%
ベトナムなど東南アジア圏 5%
ロシア、その他 5%

日本人留学生は、TOEICやビジネス英語を受講する生徒様が在籍する
キャピタルキャンパスが一番多い比率です。

現在の国籍比率は韓国人46.2%、日本人28.1%、台湾人24.9%です。
その他0.8%(ベトナム人が1人、アラブ人が1人)です。
年間平均的には韓国人45%、日本人30%、台湾人20%、その他5%となります。

現在の国籍比率は日本45%、韓国50%、その他5%位になっております。
年間では平均日本45%、韓国45%、その他10%のバランスになっております。

日本人40%、韓国人45%、他15%となります。

クラーク

現在の国籍比率

センター1:日本人11%、韓国人64%、台湾人24%

センター2:日本人8%、韓国人75%、台湾人17%

年間を通して平均・目安の国籍バランス

センター1:日本人20%、韓国人60%、台湾人20%

センター2:日本人10%、韓国人75%、台湾人15%

アットホームな環境においてはどちらも講師、スタッフ等ともにアットホームな環境になりますが、日本人比率が大きく変わってきております。
また、授業後や休校日の生徒様同士の交流が多いのはセンター1になっており、学校以外の時間も勉強に集中している生徒様が多いのはセンター2になっております。

バギオ

現在の国籍比率は
全生徒数200人中
・韓国人:70%
・日本人:25%
・他国籍(ベトナム、台湾、アンゴラ、サウジアラビア):5%

年間を通しての国籍バランスは

【1月~6月】
・韓国人:70%
・日本人:25%
・他国籍(ベトナム、台湾、アンゴラ、サウジアラビア):5%

【7月~9月】
・韓国人:50%
・日本人:40%
・他国籍(ベトナム、台湾、アンゴラ、サウジアラビア):10%

【10月~12月】
・韓国人:70%
・日本人:25%
・他国籍(ベトナム、台湾、アンゴラ、サウジアラビア):5%

ロンロンキャンパスは95%韓国人、日本人5%、マーティンスキャンパスに関しては90%韓国人、日本人10%で年間を通しても、こちらの比率になります。

バコロド

現在の国籍バランスは韓国7割、日本2割、台湾1割となっております。
年間を通してですが、韓国が65%日本20%台湾15%です。

マニラ

現在の国籍のバランスは日本人55%、韓国人は45%、その他5%(中国,ケニア,ガーナ)
年間を通しての平均もこの比率と同様になります。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る