フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > ハワイ > 宿泊施設(ハワイ) > ハワイ留学の場合、滞在方法はどういったものがありますか?

留学FAQ

ハワイ留学の場合、滞在方法はどういったものがありますか?

女性専用シェアハウス (1)

基本的には、ホームステイ、ホテル、コンドミニアム、シェアルームなどがあります。
学校によって取扱い滞在方法はまちまちです。ホームステイ先は郊外の家庭が多いのですが、現地の生活を通して、ハワイでの家庭での習慣や文化の違いを感じることができますのでおすすめします。
ただ共同生活が苦手な方、プライベートを大切にしたい方には向いておりません。

男女共用シェアハウス (2)

コンドミニアムは多くが市内中心部にあり便利です。一般的にスタジオ、ワンベッドルーム、ツーベッドルームというのがあり、スタジオとは寝室とリビングが同じ空間にあるワンルームの簡易キッチンがついたお部屋です。スタジオは基本お一人用で、二人でのご滞在ですと狭く感じます。

それに対しワンベッドルームとはリビングとは別に寝室(ベッドルーム)が1つある合計2部屋タイプのお部屋のことです。ツーベッドルームとはリビングとは別に寝室(ベッドルーム)が2つある合計3部屋タイプのお部屋のことです。

キッチンがあり自炊も可能です。スタジオと比べゆったり過ごせます。お二人でのステイにも十分使用出来ます。また学校によってはホテルやシェアルームも手配してくれます。
他に学生寮がある学校もあります。通常一人部屋と相部屋があり施設の形態は様々です。

ビル全体が学生寮になっているところもあればコンドミニアムの一部を学生寮として利用していたり一戸建てをシェアハウスとして学生用に使用することもあります。他の学生様と交流を求める方、経済的に滞在したい方におすすめです。

IMG_2437

例えば、ワイキキビーチから徒歩3分に位置する
Institute on Intensive English (IIE)にも学生寮がございます。

こちらの学校の学生寮(ザ・オヒア)はお部屋はプライベートルーム(個室)とセミプライベートルーム(相部屋)があり、プライベートルームはエコノミーかスタンダードが選べます。ダブルルームの場合は寮側がルームメイトをアレンジしてくれるので、滞在費が節約できます。お部屋はシンプルですが、全ての部屋に勉強机や冷蔵庫、簡易キッチン、バスルームなど必要なものは揃っており、部屋でのインターネットの接続は無料です(2台目以降は$30で手配可能)。

スタンダードルームはリノベーション済みで、テレビとコーヒーメーカーがついています。その他何かご不明な点がございましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

※滞在先の呼び名は学校や会社によって定義が異なるため上記は参考程度にしてください。また同じ建物内でもいろいろな宿泊形態が混在する場合もあります。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る