フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 学校の選び方 > ビジネス英語を勉強できる学校を教えて下さい。

留学FAQ

ビジネス英語を勉強できる学校を教えて下さい。

ビジネス英語を勉強されたい場合は、専門のコースがある学校をおすすめ致します。

例としては、クラーク地域ですと、HELPが挙げられます。

セブ地域ですと、English FellaSMEAGMBAが挙げられます。特に一押しの以下2校について詳しくご紹介致します。

主な授業内容として、ビジネスミーティング、コミュニケーションスキル、電話対応、メール作成、プレゼンテーションの練習など行います。

ビジネスコースは、仕事で実際に英語を使う機会のある人、将来海外で働く予定のある方もしくはそれを目指す人のためのコースです。

マーケットリーダーという英語でビジネスを学ぶ人にとってバイブルともいえる教科書をレベルに合わせて「4種類」ご用意しております。

一般的なビジネスマナーをはじめ、パワフルなチームに育てる方法、危機管理、吸収合併などのトピックについて学んだり、英字新聞や著名人インタビュー記事読解なども行ないます。

1冊のテキストをリスニング、スピーキングそしてリーディングの3人のマンツーマン専門講師が可能な限り指導していきます。

CIJ3

1:4のグループクラスでは日本のビジネスで必須のTOEICとプレゼンテーション、そして1:8のグループクラスでは討論を学ぶことができます。

講師についてはこちらもご参照ください

SMEAGのビジネスコースは国際的なビジネスの現場でコミュニケーションを図るための「実践的な」スキルを学びます。

Eメールや報告書などのビジネス文書の書き方、英語インタビュー対策、電話応対のビジネスマナーなどを通して国際社会とビジネス文化について学んでいき、様々な現場に通用するビジネススキルを身につけます。

また、週末にはTOEIC試験を通して定期的に英語力を測ることができます!

ビジネスコースでは独自の評価システムを用いています。

評価材料となるのは、ビジネスシーンで活用する英語を用いて作成するEメール、報告書、面接、電話対応などです。

与えられたテーマについて調べてレポートを作成するなど、テストの得点だけでは評価できない実践力を身につけ、ご自身の仕事に必要な英文書類を作成できるようになります。

 

 

因みにMBAは、学生お断りの社会人限定の学校になりますので、学生も必然的に社会人やシニアが多くなります。

若い学生と一緒に勉強するのはちょっと・・・とお考えの社会人の方のニーズにマッチした学校と言えるでしょう。ネット環境も充実しているので、仕事をしながら留学したい、という方にも大変おすすめの学校です。

MBAのビジネスコースは会議運営、交渉、面接のロールプレイや、各生徒の属している業界に即したテーマでの討論等、卒業後の「使用シーンを想定した内容」で授業を進めていきます。

  • CIA
  • CIAのビジネスコースは、ビジネスシーンで英語が必要な方のレベルアップ、これから外資系企業に就職される方の練習などにおすすめのコースです。

    プレゼンテーションの方法やビジネス文書の作成方法、英語での交渉技術や会議の進め方などを勉強していきます。

    英語を「実践で活かす前の方」におすすめのコースとなっております。

    実践で英語を使用することを想定して作ったコースですので、学生の方でも臆せず人前で話す練習にはもってこいのコースだと思います。

    インタビューの動画をYoutubeからご覧ください。参考になると思います。

    以上となりますがご不明な点はお気軽にお尋ねくださいませ。

    資料請求はこちらから

    留学FAQ特集 サイトマップ


    ページ上部
    へ戻る