フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン留学FAQ > フィリピン留学に関して > 学校 > 授業・コース > 検定系コースと一般英語コースでは英語力には差などありますか?

留学FAQ

検定系コースと一般英語コースでは英語力には差などありますか?

はい、学校、コースによって基準は異なりますが、一定の英語力がないと受講頂けない場合がございます。

英語の基礎がない場合、検定コースを受講して頂いてもついていけないという可能性がございます。

レベルチェックの際にある程度の点数が満たされなければ、通常のESL(一般英語)コースをまずは受講して頂き、一定のレベルまで達すれば、検定コースへ変更・受講をして頂くことも可能です。

検定コースは各検定に沿った内容(試験の傾向と対策)になりますので、英語の基礎は出来ていることが前提での授業となります。

日本人になじみのあるTOEICで言えば500点〜600点レベルの基礎英語が出来るレベルまでは一般英語コースでも十分スコアアップしていくことが可能です。

既に基準スコアを持っていらっしゃって、留学目的が明らかにスコアアップでしたら検定コースからのスタートで良いでしょう。

しかし、英語初学者の場合にはまずは一般英語コースで英語の基礎レベルを上げてから検定コースでその試験の対策を取った方が、結果的にはスコアアップも実現出来ると言えるでしょう。

資料請求はこちらから

留学FAQ特集 サイトマップ


ページ上部
へ戻る