フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン現地生活情報 > フィリピンの気候と時差

現地生活情報

フィリピンの気候と時差

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81

フィリピンも日本と同じように、地域によって気候が違ってきます。
セブやマニラのような一年通して気温が高い地域もあれば、バギオのような平均気温が20度程度の地域もあります。
留学先の地域が、どのような気候になっているかを把握してから出発しましょう。

セブ地域の気候

セブ地域の気候は、一年中気温が高く、昼と夜の温度差も殆どありません。基本は、夏服のみを準備すれば問題ないかと思います。

ただ、学校によっては、寮の冷房が効きすぎていたり、夜、たまに肌寒い日がありますので、1枚薄手の長袖を持参されると良いでしょう。

また、セブ地域は、年間を通して雨季と乾季の時期に分かれているのですが、6~12月までは雨季に入り、1~5月は乾季になります。

雨季の時期ですが、一日中雨が降るのではなく、一時的なスコールですので短時間で止みます。

マニラ地域の気候

マニラ地域の気候もセブ同様に、年間通して気温が高く、昼と夜の温度差が殆どありません。

ですので、基本は、夏服のみの持参で問題ないのですが、注意点はセブと同じで冷房対策として、一枚薄手の長袖を持参されると良いでしょう。

マニラの雨期は一般的に6月から10月で、乾期は11月から5月頃となっております。マニラの雨季の時期もセブと同じで、日に1~2度スコールが訪れるといった程度です。

バギオ地域の気候

バギオ地域の気候は、標高1500mほどの高地にあるため、セブやマニラに比べて気温が低いのが特徴です。

平均最高気温が25度前後で、非常に過ごしやすい気候となっております。昼と夜の気温差があるため、朝晩は寒いと感じることがあります。

バギオの学校に通われる方は、長袖も準備して行きましょう。雨季は5月から9月となっており、スコールが訪れる日が多くなります。

クラーク地域の気候

クラーク地域の気候は、年平均気温が27度程度で、一年通して暖かい気候となっております。

雨季の時期が6月~11月頃まで、乾期が12月~5月頃までとなっています。2月~5月は、一年を通してもっとも暑い時期となっております。

バコロド地域の気候

バコロド地域の気候は、年平均気温が26度前後となっており、日中は30度を超えることもあります。

セブ地域の気候とよく似ており、日本の夏のような気候です。雨季の時期が5月から翌年1月、乾期は2月から4月頃までとなります。

8月と9月は豪雨になることもあり、雨が多い時期となっています。

フィリピンと日本の時差

日本とフィリピンの時差は一時間となっており、地域によって時間が変わることはありません。日本の方がフィリピンより一時間すすんでおります。

また、オーストラリアのようにサマータイムなどもありませんので、一年通して時差は1時間となります。時差が殆どないため、時差ボケを気にせず行ける国です。

例、日本が午前11時の場合、フィリピンは午前10時となります。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る