フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン現地生活情報 > フィリピン雨季の特徴について

現地生活情報

フィリピン雨季の特徴について

フィリピンは日本の四季のようにはっきりと季節が分かれることは無く、基本的に雨季と乾季のシーズンに分かれています。このうち特徴的な時期は雨季で、フィリピン留学中も南国特有の現象や、突然降り始めるスコールを体験することがあります。フィリピン雨季の特徴は、雨が降り続くことがまれである点です。日本の場合、雨が多くなる梅雨の季節は何日にも渡って断続的に降り続けることがありますが、フィリピンの雨季は短期間の間に集中的に雨が降ります。

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%a0%b4%e6%89%80%ef%bc%92

雨季といっても雨が降る日数自体は多くありません。降水量はフィリピン国内でも地域によって大きな開きがあり、降水量の多い地域もあれば、雨季であってもさほど降らない地域もあります。雨季にフィリピンへ留学しても、留学先によっては雨がまったく降らないこともあります。フィリピンの雨季は6月から11月の約5ヶ月間に渡りますが、これも地域により多少前後します。たとえばマニラなら6月~10月に良く雨が降り、セブでは11月頃まで雨季が続きます。この中で、雨が降りやすい期間が8月から11月頃です。9月から10月にかけては台風も多く発生し、フィリピンに被害を与えることもありますが、セブなどでは比較的台風が少なく影響を与えるほどではありません。

フィリピンが雨季の間に降る降水量は、乾季の時期の数十倍にものぼります。そのため集中豪雨となりやすく、所々で洪水が発生しています。留学先として選ばれる都市は比較的安全ですが、突然の雨には気をつけておいた方が良いでしょう。マニラでは雨季に毎月数百ミリの雨を観測しますが、セブは天候が崩れることは少なめで、降水量もマニラの半分程度となっています。セブの場合、雨季と乾季が少し曖昧になっており、乾季に入った12月や1月頃でもまとまった雨が降るため、年間を通してあまり違いが見られません。セブの年間降水量は日本の東京とほぼ同じで、雨の降り方も日本と似ています。

フィリピンの雨季の一番の特徴はスコールです。スコールは南国特有の現象で、午前中や夕方など、比較的涼しい時間帯に雨が降ります。日本でも夕立はありますが、スコールはその比ではありません。短時間の間に激しい雨が降り、場所によっては道路が冠水します。日本のゲリラ豪雨のように、1時間に数十ミリといった激しい雨となります。スコールを体験することはそうはありませんが、空が曇ってきたら早めに帰宅するか、安全な建物の中に避難するようにしましょう。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る