フィリピン留学・セブ島留学なら留学@フィリピン|提携語学学数NO.1。2カ国留学もサポートする無料エージェント。

HOME > フィリピン現地生活情報 > 都市部に集中するフィリピンの病院・医療機関

現地生活情報

都市部に集中するフィリピンの病院・医療機関

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィリピン留学中といえど、ふとしたきっかけで病気になったり、怪我をしてしまうことがあります。病気や怪我の際にはまず医師に診てもらうことになりますが、フィリピンの病院・医療機関は地域によって充実度が違います。留学先として人気のあるマニラやセブ、クラークといった地域では医療機関が充実しており、救急にも対応している病院もあります。フィリピンに留学中でも近くに利用できる病院があれば大きな安心感となるでしょう。もし健康に不安がある方は、医療機関が充実しているマニラやセブを留学先に選ぶ方法もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィリピンの病院や医療機関では、大きな病院ほど最先端の医療を受けることができます。都市部での医療については先進諸国とさほど違いがありません。日本と同じく医療水準が高く、もし入院が必要となった場合でも安心して入院できます。一方の農村部などでは、病院などの医療機関がさほど充実しておらず、場合によっては都市部の病院を紹介されることもあります。留学先としてメジャーな都市ではこのようなケースは滅多にありませんが、少しマイナーな地域へ留学を希望されるなら注意が必要です。

万が一のときのためにも、留学先となる地域の大きな病院をリストアップしておきましょう。電話番号や主な診療科をピックアップするだけでも役に立ちます。もしわからない場合は、現地の教師におすすめの病院を聞く方法もあります。フィリピンの病院では英語力が必要となる場合もありますので、時には教師に連れ添ってもらったり、周りのサポートを受けることも忘れないようにしましょう。

フィリピンでは、国立か私立かによっても治療費に大きな差があります。もっとも安いのは国立の医療機関で、私立は医療機関により必要な治療費がかなり違います。国立の病院は治療費が安く済むためお得ですが、終日混雑しているため診察や薬の受け取りには時間がかかります。一方、私立の病院は治療費がやや高めなものの、国立と比較して診察時間が短く、薬の受け取りもスムーズにいきます。

そして、フィリピン留学中の病院利用は医療費がネックとなります。フィリピン留学中は全額負担となるため、保険に加入していないと高額の医療費を支払うことになってしまいます。保険は日本の保険会社が提供しており、月額1万円前後で加入できるものもあります。フィリピンで病院に通った場合はそれ以上の出費となることがありますので、病院へ通うときのことを考えて保険に加入しておくことをおすすめします。

資料請求はこちらから


ページ上部
へ戻る